【インタビュー】『殺る女』武田梨奈「闇を抱えた人間不信の雰囲気を出せたらと思って、いろいろ工夫しました」

2018年11月2日 / 13:51

 10月27日からシネ・リーブル池袋ほかで全国公開された『殺る女』。幼い頃に両親の命を奪った男を探し求める殺し屋・愛子(知英)の復讐(ふくしゅう)を描いたバイオレンス・エンターテインメントだ。本作で心に闇を抱えた女性・加賀由乃を演じているのが、アクション映画から独り飲みOLに扮(ふん)した「ワカコ酒」まで、幅広く活躍する武田梨奈。これまでにないダークな役で新境地に挑んだ本作での役作りについて聞いた。

武田梨奈

-由乃は心に闇を抱えた女性ということで、武田さんがこれまで演じてきた役とはかなり異なる印象です。演じる上で心掛けたことは?

 私は普段、「悩みがあるように見えないぐらい、いつも笑っているよね」と言われることが多いんです。だけど今回はこういう役なので、闇を抱えた人間不信の雰囲気を出せたらと思って、いろいろ工夫しました。

-具体的にはどんなことを?

 台本を読んだら「たばこを吸う」と書いてあったのですが、実は私、たばこが大嫌いなんです。もちろん吸ったことなんかありません。でも、その場面は由乃のキャラクターを表現する大事な部分でもあったし、“独りでたばこを吸う女性”という部分に感じるものもあったので、挑戦してみることにしました。

-実際にたばこを吸ったのですか。

 そうなんです。でも、最初はライターのつけ方も分からなくて…(笑)。

-とはいえ、たばこはある程度慣れていないと、吸ってもさまになりませんよね?

 だから、撮影の1カ月ぐらい前から始めて、かなりの本数を吸いました。そういうところから役に入って、さらに韓国映画のハードな“復讐もの”も見たりして…。自分の中でどんどん心を病む方向に持っていきました。その時期は、自分の中にかなり闇を抱えていたと思います。

-その間、他の仕事もしながら、日常生活を送っていたわけですよね。

 そうです。両親が私のことを怖がっていました(笑)。今まで父に「たばこ吸わないで!」と言っていた私が、仕事から帰るとずっとたばこを吸っていたわけですから。「嫌になった」とまで言われました。だから、作品が終わった途端に、父に全部片付けられましたが、そのおかげですっきりしました(笑)。

-宮野ケイジ監督とは役についてどんな話を?

 監督からは「笑うときも心からは笑っていない感じでやってほしい」と繰り返し言われました。ただ、今回はあまり準備期間がなかったので、役については一人で黙々と作っていった部分が多いです。

-一人で慣れないタイプの役作りをするのは大変だったのでは?

 大変でした。ただその分、メークさんとはかなり話し合いました。幸薄そうな雰囲気や、生きがいを感じていない由乃の気持ちをメークで表現したいと思って。由乃は色味のない顔にする一方で、同僚の女の子をイマドキっぽく、ちょっと華やかな感じのメークにして、対比を出したり…。そうやっていろいろ作っていきました。

-由乃はせりふも少ない役でした。その点でも難しかったのでは?

 今までも『祖谷物語 -おくのひと-』(13)など、せりふの少ない静かな雰囲気の中でお芝居をした経験はありました。でも今回は、そういった作品とは全く違う空気感を持つ役だったので、難しかったです。普段はどんな作品でも「みんな一緒にがんばっていきましょう!」という感じでテンションを上げて現場に入るのですが、今回はさすがにそういうわけにはいきませんでした。

-確かに、劇中の武田さんの表情は他の作品とは全く違って見えました。

 本当ですか。今回は出番が要所要所に絞られていることもあったので、そう言っていただけて安心しました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】ライブ・ビューイングが作り出す新たなマーケット「観客が『どう見るか』を決め、選ぶ」時代に ライブ・ビューイング・ジャパン・小谷浩樹代表取締役インタビュー

舞台・ミュージカル2019年1月22日

 ジャパン・カルチャーの一つとして、年間223万人の観客動員を記録する「2.5次元ミュージカル」(以下、2.5D)。その上演作品数や動員数の伸びに比例するかのように、ライブ・ビューイングでの上映数も右肩上がりに増えている。そもそも、ライブ・ … 続きを読む

【インタビュー】『未来のミライ』齋藤優一郎プロデューサー「これほど巨大なテーマにたどり着いた作品は今までなかった」

映画2019年1月22日

 大ヒット映画『おおかみこどもの雨と雪』(12)、『バケモノの子』(15)の細田守監督の最新作『未来のミライ』のDVD/Blu-rayが1月23日にリリースされる。都会の片隅の小さな家を舞台に、4歳の男の子・くんちゃん(声:上白石萌歌)が巡 … 続きを読む

「真っすぐな夫婦を、勘九郎さんと一緒に面白く、温かく演じられたら」綾瀬はるか(春野スヤ)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年1月20日

 東京高等師範学校に入学し、ついにマラソンとの出会いを果たした金栗四三(中村勘九郎)。やがて日本初のオリンピック選手となる四三だが、そのマラソン人生を支えるのが、故郷・熊本の幼なじみで、後に妻となる春野スヤだ。演じているのは、主演作「八重の … 続きを読む

「宮藤官九郎さんの脚本が面白いので、新しい大河ドラマのファンが増えるのでは」役所広司(嘉納治五郎)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年1月18日

 いよいよ本格的に始動した大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。主人公・金栗四三(中村勘九郎)をやがて日本人初のオリンピック出場へと導く人物が、講道館柔道の創始者として知られ、アジア初のIOC委員も務めた「日本スポーツの父 … 続きを読む

【2.5次元】『映画刀剣乱舞』、鈴木拡樹&荒牧慶彦が語る「刀剣男士」への思い 「ゼロから一緒に成長してきた親子のような感覚」

映画2019年1月18日

 名立たる刀剣が戦士へと姿を変えた“刀剣男士”を率い、歴史を守るために戦う刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞−ONLINE−」が、ついに実写映画化された。刀剣男士のキャストには、鈴木拡樹や荒牧慶彦、北村諒、和田雅成ら、舞台「刀剣乱舞」 … 続きを読む

page top