【インタビュー】『BLEACH』早乙女太一 恋次役でクールなイメージから脱皮…苦手な恋愛ものにも色気

2018年11月7日 / 12:00

 死神業を代行することになった高校生の黒崎一護(福士蒼汰)が、家族と仲間を守るため、人間の魂を食らう悪霊・虚〈ホロウ〉や死神たちと死闘を繰り広げるさまを描いた映画『BLEACH』が12月5日にブルーレイ&DVD発売、11月7日にデジタル先行配信される。

 これにあたってインタビューを実施した。 劇中、一護と激闘する赤毛の死神・阿散井恋次(あばらい・れんじ)役を熱演した早乙女太一は、本作を通して自身の変化を感じたという…。

赤毛の死神・阿散井恋次を演じた早乙女太一

 恋次は、一護に死神の力を与えてしまった朽木ルキア(杉咲花)を捕らえるために人間界に現れたが、そのイメージを「チンピラ風味。純粋で筋は通っているけど不器用」と分析した早乙女。

 原作では身長が188センチもあることから「体格の違いをどう表現で補うかは考えました。自分が大きくなることはできないから、恋次が持つ荒っぽさや力強さを体現できれば役に近づけるんじゃないかなと思いました」と役作りを振り返る。

 「死神は人間とは別次元で生きていて、身なりも特殊だから、現実世界にいるのはアンバランス」故に、「不自然になり過ぎないよう、キャラクターの動きや体の使い方は演じる自分になじむように心掛けました」とも語ると、「着物は着慣れているので、そこは自然な感じになっていたかな」と安堵(あんど)の表情も見せた。

 また、「話の中では主人公の敵だけど、死神側にも正義や守りたいものがあって、ある意味、一護と全く変わらない。でも、僕たちの背景は描かれていないので、ただの敵にならないためにも、自分たちの道理は心の中にしっかり持っていました」と役への細やかなアプローチがあったことも打ち明けた。

 とはいえ、原作の実写化は「出来上がっているキャラクターを、生身の人間が演じるときに、どれぐらいの割合でオリジナルの要素を取り入れ、違和感がないものにするかの調整が難しい」そうで、「原作ものの経験があまりなかった」ことも含めて「計算が苦手な僕には難しかったです」と渋い表情も浮かべた。

 印象に残る撮影は、クライマックスのバスロータリーでの一護との壮絶なバトルシーン。「撮影に2週間もかかったので、それがこの映画の記憶になっちゃっています」と笑うと、「ワイヤーアクションはとにかく大変で、多いときは、僕を含めて4人がかりで自分の体を動かさなければいけないから、息を合わせることや、バランスを取りながら空中を動くことが難しかったです。気を取られ過ぎると芝居を忘れてしまうこともあって…」と過酷な現場を回顧した。この様子は映像特典のメイキングで見ることができるという。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「気持ちよく暢子と再会することができました」成長した和彦がついに登場! 宮沢氷魚(青柳和彦)【「ちむどんどん」インタビュー】

ドラマ2022年5月28日

 NHKで放送中の連続テレビ小説「ちむどんどん」。沖縄の本土復帰50年の節目に送るのは、復帰前の沖縄で四人兄妹の次女として生まれ育ったヒロイン・比嘉暢子(黒島結菜)が上京し、料理人の道を目指す50年の物語だ。5月30日からの第8週では、東京 … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「鎌倉殿の13人」第20回「帰ってきた義経」義経の最期を際立たせた2人の女性

ドラマ2022年5月27日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。5月22日放送の第20回「帰ってきた義経」では、源義経が悲運の最期を迎え、斬新な展開と義経役の菅田将暉ら、俳優陣の見事な演技が話題を集めた。  そのドラマの盛り上げに貢献した存在として筆者が注 … 続きを読む

【映画コラム】“生きること”を強調したところに、この映画の真骨頂がある『トップガン マーヴェリック』

映画2022年5月26日

『トップガン マーヴェリック』(5月27日公開)  トム・クルーズ主演の大ヒット作『トップガン』(86)の続編。アメリカ海軍のエリートパイロット養成学校に、伝説の男マーベリック(クルーズ)が教官として戻ってくる。だが、訓練生たちは彼の型破り … 続きを読む

ウエンツ瑛士、生田斗真との“夫婦役”に「人として大好きなので、そこに少し特別な感情が乗るという感覚」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年5月24日

 テレビのバラエティー番組でも活躍し、俳優としても映画や舞台、テレビドラマなどでその実力を発揮しているウエンツ瑛士が、6月8日から上演されるパルコ・プロデュース2022「てなもんや三文オペラ」に出演する。原作となる「三文オペラ」は、1928 … 続きを読む

濱田龍臣、ターニングポイントは“ウルトラマン”「役者をやっていこうと強く思った」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年5月23日

 2006年に子役としてデビュー、大河ドラマ「龍馬伝」で坂本龍馬の幼少期を演じ、16歳で史上最年少のウルトラマンとして「ウルトラマンジード」の主人公にも抜てきされた濱田龍臣。近年は、舞台にもその活躍の場を広げ、「大地」(20年上演)や「更地 … 続きを読む

amazon

page top