【インタビュー】『あのコの、トリコ。』吉沢亮 「イケメンより地味メンがしっくりくる」さえない高校生役で本領発揮!?

2018年10月5日 / 16:50

 主人公の地味でさえない眼鏡男子の頼(吉沢亮)が、大好きな雫(新木優子)のために格好よく変わっていくさまを、昴(杉野遥亮)との三角関係も交え、恋と夢を追い掛ける姿を描いた映画『あのコの、トリコ。』。

スタイリスト:荒木大輔 ヘアメイク:小林正憲(SHIMA)

 主演の吉沢は、学生時代を「カースト制度の最下層にいた」と言うこともあれば、「超モテた」と言うこともあり、まるで頼そのものだが、果たしてどちらが真実なのか…。本作撮影時のエピソードとともに、今や人気イケメン俳優の筆頭にいる吉沢の気になる過去と未来、そして恋愛観に迫った。

 相反するコメントの理由を問うと、「中学のときは死ぬほどモテて、高校のときはカースト制度の最下層にいました」と返す吉沢。「地元の友達がいない高校に進学したので、もともと人見知りだったから、男友達5~6人とばかり遊んで、それ以外の人とは関わりませんでした」と回顧した。

 だからこそ、さえないキャラクターにも共感ができるようで、「当時の自分が役に生きている気はします。地味とか根暗とかの役の方がしっくりくる」としみじみ語ると、キラキラオーラを放つイケメン役は、「つらいです。どういう顔をしていればいいのかが分からなくて、いつも戸惑っています」と意外な心中を吐露した。

 そんな思いを抱えながら演じた頼は、成長ぶりにこだわり、「地味な頼が雫のために格好よく変わっていくところや、最初は雫を助けようと芸能界に飛び込んだけど、実は俳優は子どもの頃からの夢だったので、徐々に自分のために頑張るようになる心の変化を意識しました」と胸を張った。

 お気に入りは、アクシデントにより頼が雫の相手役をすることになったランジェリー広告の撮影シーンで、「頼にとっては初めての撮影だからぎこちないし、雫も相手が頼だから恥ずかしさがあるけど、だんだん2人がその空間にのめり込んで、距離が縮んでいく感じがよかったです」と笑みをこぼした。

 そんな吉沢は、虚構の世界である漫画の実写化作品に出演することが多い。記憶に新しいのは映画『銀魂』シリーズや『BLEACH』だが、「そういう少年漫画ではうそっぽさが大事だったりするけど、少女漫画はある意味、普通の恋愛の話なので、漫画通りにやってうそっぽくしたくない」とこだわりも明かす。

 確かに、等身大の登場人物たちが繰り広げる恋愛模様は、私たちの現実とリンクしそうだが、実際のところ、胸キュンが多発するドラマチックな出来事はそうあるはずもない。“学園一のモテ男”も、自分を取り合う“黒王子と白王子”もまずいない…。そのため、「原作へのリスペクトを持ち、脚本を読み込み、監督に自分の意見も伝えながら、うそっぽくなく演じている」のだとか。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「第38回の台本を読んだときは、つらくて泣いてしまいました」柏木由紀(西郷園)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年10月14日

 新政府軍と旧幕府勢力が激突した戊辰戦争。その戦いは、西郷吉之助(鈴木亮平)の故郷・薩摩で暮らす女性たちとも無縁ではない。その1人が、西郷家の次男・吉二郎(渡部豪太)の妻・園だ。戊辰戦争で命を落とした吉二郎の遺志を継ぎ、西郷家を支えていくこ … 続きを読む

「自分のやるべきことを全うしたという気持ちです」渡部豪太(西郷吉二郎)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年10月14日

 若い頃から藩のため、国のために各地を奔走してきた西郷吉之助(鈴木亮平)に代わり、薩摩の西郷家を守り続けてきたのが、次男の吉二郎だ。吉之助にとっては大切な弟であったが、「一生に一度、侍らしく戦場を駆け回りたい」という願いと共に従軍した戊辰戦 … 続きを読む

【2.5次元リポート】加州清光が魅せる情熱的な“出陣”「ミュージカル『刀剣乱舞』加州清光 単騎出陣2018」

アイドル2018年10月14日

 名だたる刀剣が戦士の姿となった“刀剣男士”を収集・育成する大人気PCブラウザ・スマホアプリゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」を原案としたミュージカル『刀剣乱舞』。同作に登場する刀剣男士のうちの一振りである加州清光による2度目のソロライブ、 … 続きを読む

【映画コラム】ファンタジーの力を借りて、子どもたちの心の成長を描いた『バーバラと心の巨人』と『ルイスと不思議の時計』

映画2018年10月12日

 ファンタジーの力を借りて、子どもたちの心の成長を描いた2作が相次いで公開された。まずは、一人の風変わりな少女が主人公の『バーバラと心の巨人』から。  世界を滅ぼすという伝説の巨人の来襲を信じる少女バーバラ(マディソン・ウルフ)は、奇異な言 … 続きを読む

【インタビュー】『止められるか、俺たちを』門脇麦「これこそ“キラキラ映画”」白石和彌監督「当時の若松さんたちの情熱を焼きつけたかった」

映画2018年10月12日

 1960年代後半から70年代にかけてエッジの利いた作品を次々と送り出し、若者たちの絶大な支持を集めた若松プロダクション。鬼才・若松孝二を中心に、そこに集った若い映画人たちの型破りで熱い生きざまを描いた鮮烈な青春群像劇『止められるか、俺たち … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top