【インタビュー】『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』窪田正孝「アニメでなければできない表現が満載」広瀬アリス「カッコいいバトルシーンだけでなく、人間ドラマにも注目してほしい」

2018年10月5日 / 18:14

 人気スマホアプリゲーム「モンスターストライク」を基にした完全オリジナルストーリーのアニメーション『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』が10月5日から全国ロードショーとなる。本作は、東京の一部が宙に浮き、空中都市・旧東京と地上に残った新東京に分断された現代の東京を舞台に、普通の高校生カナタと空からやって来た謎の少女ソラの友情や絆を描く物語。カナタ役の声優を務めた窪田正孝とソラ役の広瀬アリスに、出演の感想や作品の魅力を聞いた。

広瀬アリス(左)と窪田正孝

-オファーを受けたときのお気持ちは?

窪田 声優は初めてでしたが、声の仕事はいつかやってみたいと思っていたので、お話を頂いたときはうれしかったです。プレッシャーも感じましたが、新しい挑戦ができることにワクワクしました。

広瀬 洋画の吹き替えは何度か経験しましたが、今回は初めてのアニメーション、しかも映像ができる前に声を録音する“プレスコ”という方式だったので、全く違うんだろうなと思いました。その分、自分にとっていろいろなものを吸収できる場になるのではないかという期待がありました。

-アニメーションの場合、実写とはお芝居が異なると思いますが、役作りはどのように?

窪田 監督と二人三脚でカナタというキャラクターを作っていった感じです。最初の数シーンで声を何パターンか録って、「そっちの方向で」という大まかな指示をいただいて…。「ここ」と決めてしまうとそれだけになってしまうけど、実際の人間はもっと幅があるはずなので、そういう部分は削らないように監督がうまく演出してくれました。

広瀬 私も監督と話し合いながら、基本的な部分から作り上げていきました。ソラは「勝気な部分があるけど、りんとしたカッコいい女性」と言われたので、それを忠実に表現することを心掛け、声も普段より低めにしています。バトルシーンだけではなく、日常の場面でもソラのキャラクターをきちんと出すことを意識しました。

-この作品では、声を先に録音して、それに合わせて映像を作っていく“プレスコ”という方式が採用されています。演じてみた感想は?

窪田 せりふだけでなく、その合間に入る声や息遣いを使って、アニメのキャラクターをリアルな人間にしていきたいとおっしゃっていただいたので、僕としてはやりやすかったです。ただ、他の人物との距離感を取るのが難しかったです。例えば、誰かがいる部屋に入ってくるような場面は、実写のお芝居なら自分が動けばいいんですけど、声優の仕事は声だけで距離感を出さなければならない。近づいたときは小さな声でしゃべるのですが、自分の声は常に耳元で聞こえてくるから、距離が分からないんです。最初のうちは苦労しました。

広瀬 絵コンテの状態の画面を見ながらだったので、難しかったです。数日前にようやく完成した映像を見ることができて、こういう場面だったんだ、と答え合わせをしていくような感覚がありました。

窪田 でも僕は、アリスちゃんと一緒にソラとカナタのシーンを演じることができたので、やりやすかったです。ストーリーは分かっているんですけど、声のトーンを変えたりして「そういう言い方をするんだ」というアプローチをされていたのがとても新鮮でした。

広瀬 窪田さんは黙々と1人でやられている印象があって、すごくカナタに似ているなと…。自分の中で窪田さんとカナタがリンクしたおかげで、私もソラというキャラクターに違和感なく入っていくことができました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『R&J』佐藤流司、新しい“ロミオ&ジュリエット”で「ロミオ像をぶっ壊す」

舞台・ミュージカル2019年4月23日

 ウィリアム・シェークスピアの「ロミオとジュリエット」を原作としたRock Opera『R&J』が6月14日に開幕する。主役のロミオ役を演じるのは、ミュージカル『刀剣乱舞』の加州清光役やライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」 … 続きを読む

【インタビュー】『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』藤竜也「夫婦で見たら、見終わった後で『手をつないで帰ろうか』とか、そう思ってくれたらいいですね」

映画2019年4月22日

 3人の子どもを育て上げ、猫のチビと共に穏やかな晩年を過ごす勝と有喜子の夫婦。ところがある日チビがいなくなったことをきっかけに、不安をつのらせた有喜子は娘に「お父さんと別れようと思っている」と打ち明ける。西炯子の漫画を原作に、結婚50年を迎 … 続きを読む

草刈正雄にジェラシー!? のんきで気弱な婿養子が「チャーミングに見えればいいな」藤木直人(柴田剛男)【「なつぞら」インタビュー】

ドラマ2019年4月22日

 亡くなった戦友の娘・なつ(広瀬すず)を引き取り、十勝に連れてきた柴田家の父・剛男。義理堅くて優しいが、養父の泰樹(草刈正雄)には全く頭が上がらない気弱な婿養子をちゃめっ気たっぷりに演じている藤木直人。そんな藤木に、役に込めた思い、演じる上 … 続きを読む

「勘九郎くんの芝居が、お父さまにそっくりで驚きました」大竹しのぶ(池部幾江)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年4月21日

 ストックホルムから帰ってきた金栗四三(中村勘九郎)は、故郷・熊本で幼なじみのスヤ(綾瀬はるか)と結婚する。だがそれは、病気で亡くなったスヤの夫の家・池部家に四三が養子に入り、改めてスヤを嫁に迎えるという、四三にとって予想外の展開によるもの … 続きを読む

【映画コラム】14歳の少年が体だけ大人になって『シャザム!』

映画2019年4月20日

 「DCエクステンデッド・ユニバース」の第7作となる『シャザム!』が公開された。  14歳の少年ビリー・バットソン(アッシャー・エンジェル)は、魔術師に選ばれ、中身は14歳のまま、超能力を備えた大人のヒーロー(ザッカリー・リーバイ)に変身す … 続きを読む

page top