【インタビュー】『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』窪田正孝「アニメでなければできない表現が満載」広瀬アリス「カッコいいバトルシーンだけでなく、人間ドラマにも注目してほしい」

2018年10月5日 / 18:14

 人気スマホアプリゲーム「モンスターストライク」を基にした完全オリジナルストーリーのアニメーション『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』が10月5日から全国ロードショーとなる。本作は、東京の一部が宙に浮き、空中都市・旧東京と地上に残った新東京に分断された現代の東京を舞台に、普通の高校生カナタと空からやって来た謎の少女ソラの友情や絆を描く物語。カナタ役の声優を務めた窪田正孝とソラ役の広瀬アリスに、出演の感想や作品の魅力を聞いた。

広瀬アリス(左)と窪田正孝

-オファーを受けたときのお気持ちは?

窪田 声優は初めてでしたが、声の仕事はいつかやってみたいと思っていたので、お話を頂いたときはうれしかったです。プレッシャーも感じましたが、新しい挑戦ができることにワクワクしました。

広瀬 洋画の吹き替えは何度か経験しましたが、今回は初めてのアニメーション、しかも映像ができる前に声を録音する“プレスコ”という方式だったので、全く違うんだろうなと思いました。その分、自分にとっていろいろなものを吸収できる場になるのではないかという期待がありました。

-アニメーションの場合、実写とはお芝居が異なると思いますが、役作りはどのように?

窪田 監督と二人三脚でカナタというキャラクターを作っていった感じです。最初の数シーンで声を何パターンか録って、「そっちの方向で」という大まかな指示をいただいて…。「ここ」と決めてしまうとそれだけになってしまうけど、実際の人間はもっと幅があるはずなので、そういう部分は削らないように監督がうまく演出してくれました。

広瀬 私も監督と話し合いながら、基本的な部分から作り上げていきました。ソラは「勝気な部分があるけど、りんとしたカッコいい女性」と言われたので、それを忠実に表現することを心掛け、声も普段より低めにしています。バトルシーンだけではなく、日常の場面でもソラのキャラクターをきちんと出すことを意識しました。

-この作品では、声を先に録音して、それに合わせて映像を作っていく“プレスコ”という方式が採用されています。演じてみた感想は?

窪田 せりふだけでなく、その合間に入る声や息遣いを使って、アニメのキャラクターをリアルな人間にしていきたいとおっしゃっていただいたので、僕としてはやりやすかったです。ただ、他の人物との距離感を取るのが難しかったです。例えば、誰かがいる部屋に入ってくるような場面は、実写のお芝居なら自分が動けばいいんですけど、声優の仕事は声だけで距離感を出さなければならない。近づいたときは小さな声でしゃべるのですが、自分の声は常に耳元で聞こえてくるから、距離が分からないんです。最初のうちは苦労しました。

広瀬 絵コンテの状態の画面を見ながらだったので、難しかったです。数日前にようやく完成した映像を見ることができて、こういう場面だったんだ、と答え合わせをしていくような感覚がありました。

窪田 でも僕は、アリスちゃんと一緒にソラとカナタのシーンを演じることができたので、やりやすかったです。ストーリーは分かっているんですけど、声のトーンを変えたりして「そういう言い方をするんだ」というアプローチをされていたのがとても新鮮でした。

広瀬 窪田さんは黙々と1人でやられている印象があって、すごくカナタに似ているなと…。自分の中で窪田さんとカナタがリンクしたおかげで、私もソラというキャラクターに違和感なく入っていくことができました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】主要登場人物はたった1人のサスペンス劇『THE GUILTY/ギルティ』

映画2019年2月16日

 主要登場人物はたった1人というユニークなサスペンス劇『THE GUILTY/ギルティ』が2月22日から公開される。  警官のアスガー(ヤコブ・セーダーグレン)は、ある事件をきっかけに、現場を退き、緊急通報指令室のオペレーターを務めていた。 … 続きを読む

【インタビュー】『笑顔の向こうに』高杉真宙、初の医療作品で体験した「濃厚な時間」 新しい自分も発見

映画2019年2月14日

 日本歯科医師会の全面協力のもと、歯科医療の現場を舞台に、歯科技工士・大地ら若者たちの成長を描いた青春映画『笑顔の向こうに』(15日公開)。主演として初の医療作品に携わった高杉真宙が、作品に込めた思いや撮影時の様子、同作を通して見つけた新し … 続きを読む

【ライブリポート】佐藤流司率いるThe Brow Beat、ワンマンツアーファイナルで見せた「進化」

アイドル2019年2月13日

   デビューからわずか5カ月で日比谷野外大音楽堂での単独公演を成功させ、とどまることない勢いで突き進むThe Brow Beatが2ndツアー「The Brow Beat Live Tour 2019“Hameln”」の最終公演 … 続きを読む

「宮藤くんは、円喬と孝蔵の関係に、僕と自分自身を重ねているのかなと感じることも」松尾スズキ(橘家円喬)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年2月10日

 予選会で世界記録を更新し、日本初のオリンピック出場を目指す金栗四三(中村勘九郎)。だがその前には、数々の困難が立ちふさがる。その奮闘を軽妙に彩るのが、ナビゲーターを務める落語家・古今亭志ん生(ビートたけし)の話芸。本作では、四三の物語と並 … 続きを読む

【映画コラム】くしくも実現した“マン対決”『ファースト・マン』と『アクアマン』

映画2019年2月9日

 まずは、人類史上初めて月面に立った男、ニール・アームストロング(ライアン・ゴズリング)を主人公に、デイミアン・チャゼル監督が、米宇宙計画の裏側を描いた『ファースト・マン』から。  本作の舞台となる1960年代は、まだ携帯電話もパソコンもな … 続きを読む

page top