【インタビュー】「連続ドラマW 真犯人」上川隆也×小泉孝太郎×内田有紀 役者“日本代表”が骨太ドラマで真価を発揮する!

2018年9月22日 / 12:00

 昭和49年に起こった未解決の誘拐殺人事件と、平成20年に起きた殺人事件。交差する二つの事件をめぐり、それぞれの時代で犯人逮捕に奔走した刑事たちの熱き魂を描いた「連続ドラマW 真犯人」(9月23日からWOWOWで放送※第1話無料放送)。本作で共演した上川隆也、小泉孝太郎、内田有紀に、難役へのアプローチや、互いの印象などを聞いた。

(左から)内田有紀、上川隆也、小泉孝太郎

-上川さんは、昭和から平成をまたぎ、誘拐殺人事件の“真犯人”を追及する刑事・重藤成一郎を演じますが、どのような人物像でしょうか。

上川 「一徹」という言葉だけでは彼の持つ何かがスポイルされる気がしますが、刑事としての矜持(きょうじ)を持って過ごしていることは確かです。ただ、それ以前に気持ちの伝え方も含めて、とても不器用。でも、温かい人だと思います。

-二つの事件の関係性を疑い、警察を引退した重藤と共に“真犯人”へと近づいていく刑事・日下悟役の小泉孝太郎さんは、役作りで意識したことはありますか。

小泉 日下がもし昭和の時代にいたら、重藤さんや辰川さん(警部補/でんでん)と仲間になりたかったし、刑事としての熱量が同じじゃないと、平成の時代で出会う重藤さんの封印した心の中に入り込むこともできないと思ったので、3人がつながるような事件に対するエネルギーは意識しました。

-だからこそ、重藤と日下の間に時代を超えたバディ(相棒)感があるのですね。

小泉 重藤さんとの距離はポンと踏み込んでいいものではないので、回を重ねた結果、コンビとして見てもらえることが日下としてのゴールだと思っていました。

-誘拐殺人事件の被害者の姉・尾畑理恵役は、内田さんの持ち前の明るさを封印して臨まれていましたが、悲しい運命を背負ったキャラクターはチャレンジングだったのではありませんか。

内田 はい。「真犯人」で描かれている事件は現実にもあるし、いろんな方のさまざまな心情があるので、誠心誠意向き合わなければ…という使命感を持って臨みました。そして、理恵に最後まで寄り添い、彼女の苦しみを少しでも共有したいという気持ちを大事にしました。

-上川さんは、誘拐事件の捜査官(28歳)、その事件の時効直前の特別捜査を管理する副署長(42歳)、警察引退後(62歳)の重藤を、外見から内面まで見事に演じ分けられていましたが、どのような工夫をされましたか。

上川 重藤は誘拐殺人事件に相対して2回負けているので、それぞれの年代で課せられている圧や重みが増していると思いました。それをウエイトとして一挙手一投足に反映されても間違いではないので、声やしぐさを含めた全てのありようが変化していくことを考えました。

-内田さんも理恵の20代を演じられましたが、いかがでしたか。

内田 台本を読んだときに、20代の役をやる人は大変だなぁと思っていたら、自分だったのでびっくりしました(笑)。でも、20代の生き方は、今の40代の理恵につながるので、幅広く演じられたことはとても役立ちました。それに、上川さんが時代によって違う空気をまとってくださるので、その立ち姿を見るだけでスッとそれぞれの年代に入ることができました。

-お二人は初共演ですが、それぞれの印象を教えてください。

上川  内田さんを昔からよく拝見していたので、これまで内田さんが出演された作品の一部が「理恵とシンクロするなぁ」という雑念を持っていました(笑)。女優としては、普段の人柄と役の中で見せる表情や演じ方の差が印象的です。カチンコが鳴った瞬間に、ひまわりのような朗らかさが消えて、沈痛さを持つ理恵になられるので、役者としての瞬発力やインナーマッスルというか、決して外には見せない筋力を秘めている方だと思いました。

内田 上川さんは博学多才な方で、驚くことばかりです。ドラマはもちろん映画や舞台など、いろんなフィールドで活躍されているので、これからもいろいろなことを教えていただきたいです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】主要登場人物はたった1人のサスペンス劇『THE GUILTY/ギルティ』

映画2019年2月16日

 主要登場人物はたった1人というユニークなサスペンス劇『THE GUILTY/ギルティ』が2月22日から公開される。  警官のアスガー(ヤコブ・セーダーグレン)は、ある事件をきっかけに、現場を退き、緊急通報指令室のオペレーターを務めていた。 … 続きを読む

【インタビュー】『笑顔の向こうに』高杉真宙、初の医療作品で体験した「濃厚な時間」 新しい自分も発見

映画2019年2月14日

 日本歯科医師会の全面協力のもと、歯科医療の現場を舞台に、歯科技工士・大地ら若者たちの成長を描いた青春映画『笑顔の向こうに』(15日公開)。主演として初の医療作品に携わった高杉真宙が、作品に込めた思いや撮影時の様子、同作を通して見つけた新し … 続きを読む

【ライブリポート】佐藤流司率いるThe Brow Beat、ワンマンツアーファイナルで見せた「進化」

アイドル2019年2月13日

   デビューからわずか5カ月で日比谷野外大音楽堂での単独公演を成功させ、とどまることない勢いで突き進むThe Brow Beatが2ndツアー「The Brow Beat Live Tour 2019“Hameln”」の最終公演 … 続きを読む

「宮藤くんは、円喬と孝蔵の関係に、僕と自分自身を重ねているのかなと感じることも」松尾スズキ(橘家円喬)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年2月10日

 予選会で世界記録を更新し、日本初のオリンピック出場を目指す金栗四三(中村勘九郎)。だがその前には、数々の困難が立ちふさがる。その奮闘を軽妙に彩るのが、ナビゲーターを務める落語家・古今亭志ん生(ビートたけし)の話芸。本作では、四三の物語と並 … 続きを読む

【映画コラム】くしくも実現した“マン対決”『ファースト・マン』と『アクアマン』

映画2019年2月9日

 まずは、人類史上初めて月面に立った男、ニール・アームストロング(ライアン・ゴズリング)を主人公に、デイミアン・チャゼル監督が、米宇宙計画の裏側を描いた『ファースト・マン』から。  本作の舞台となる1960年代は、まだ携帯電話もパソコンもな … 続きを読む

page top