【インタビュー】『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』満島真之介 「劇的な人生でいたい!」エネルギーの源は子どもへの羨望

2018年9月21日 / 14:24

 『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』(全国公開中)に出演している満島真之介。今年29歳になる満島だが、バラエティー番組やイベントなどで見せる素の表情や言動はなんとも無邪気で明るい。そこには子どもへの羨望(せんぼう)と、夢をかなえるための策略が潜んでいた…。

満島真之介

 本作は1959年に放送が開始されて以来、何世代もの人に愛されてきた国民的人気番組「おかあさんといっしょ」の初の映画化。「映画館でいっしょに遊ぼう!」をコンセプトに、子どもたちが歌を歌ったり、体を使って楽しんだりできるシーンが盛りだくさん。満島は、ゆういちろうおにいさんたちが迷い込んだ町に住む、物語の鍵を握る謎のお殿様役を演じている。

 開口一番、鑑賞後の感想を求めてくる満島の目はいつも以上にキラキラしていた。なぜならこれは、うたのお兄さんになることを、人生の目標のように捉えていた満島にとっての「平成の大事件」。わずか2日間の撮影が終わって数カ月がたつ今も、「まだその余韻の中にいる」のだ。

 姉や妹、弟がいるが、「明るくて楽しいお兄さんがほしくて、いないなら自分がなっちゃおうと思いました。」と、うたのお兄さんへの憧れのきっかけを話す満島。「人生で大切なことをシンプルで明快に伝えているから、実は大人の方がちゃんとひも解いた方がいいと思うんですよね」と、徐々に「おかあさんといっしょ」の歌にはまったことも明かすと 、「これまでの歌はほぼ全て歌えます。歴代のお兄さんたちにも勝つんじゃないかな(笑)」と得意気な表情ものぞかせた。

 しかし、満島が何よりも引かれたのは「うたのお兄さんは、日々いろんな子どもたちと接することができます。出会いの瞬間は奇跡的なものだけど、大人になると生活に変化はあまりないし、せっかくの出会いも日常に埋もれて、出会いとして感じないこともありますよね」と残念がると、「子どもたちにとっては、出会いも別れも毎日が劇的。僕も子どもみたいな劇的な人生でずっといたいですね」と目指す人生観にも触れた。 

 子どもは満島の役者人生にも大きな影響を与えている。「役作りが必要なときにイメージするのは子ども。この役は、あのときのあの子の感性に似ているな…とか、あの子っぽくやろう…と考えます」と役への独特のアプローチを教えてくれた。そして「今何が物足りないかって、子どもたちがたくさんいる場所に、日々いないこと」と寂しそうにつぶやいた。

 そんな満島は、学童保育で働いていたキャリアもあり即戦力になれるが、「年も年だし、全然違うテイストの映画やドラマ、舞台に立っているから、うたのお兄さんは諦めかけていました」のだとか。だが、わずかばかりの諦めきれない思いは満島を突き動かし、「うたのお兄さんになりたい」という“言霊”を飛ばし続けた。

 メディアで見る姿は常にエネルギーに満ちあふれているが、それさえも「自分には元気いっぱいのうたのお兄さんになる要素を含んでいる」というメッセージだったのだ。それがNHKサイドに伝わり、本作のオファーにつながったのだから感激もひとしお。「ハリウッド映画のオファーよりもうれしかったです」と喜ぶと、「いろいろなお仕事をやってきた中で今につながっていると思いますので、“選択”は間違えていなかったのかなと思います」と自分の人生に胸を張った。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「みんな笑顔で復興運動会ができたことがうれしかったです」橋本愛(小梅)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年6月23日

 関東大震災で被災した人々を勇気づけるために行われた復興運動会で、「いだてん」第1部が完結。悲しい出来事はありつつも、希望にあふれたフィナーレに、心打たれた視聴者も多いのではないだろうか。数々の困難が続く中、たくましく生き延びた被災者の一人 … 続きを読む

「関東大震災後、孝蔵や小梅と一緒に夜を過ごすシーンでは、自然に感情が湧き上がってきました」峯田和伸(清さん)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年6月23日

 第24回で「いだてん」第1部がついに完結。関東大震災に見舞われながらも、被災者を元気づけるために開催された復興運動会には、これまでの主な登場人物が勢ぞろい。希望を感じさせる結末に、第2部への期待を高めた視聴者も多いことだろう。その復興運動 … 続きを読む

【映画コラム】現代にも通じる、知られざる歴史を描いた『ある町の高い煙突』

映画2019年6月22日

 明治時代末期から大正時代にかけて、茨城・日立鉱山の亜硫酸ガスによる煙害に対して、当時世界一となる大煙突を建設した人々の姿を描いた『ある町の高い煙突』が公開中だ。原作は新田次郎。監督・脚本は同じく茨城を舞台に、岡倉天心の活動を描いた『天心』 … 続きを読む

【インタビュー】A New Musical「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」柚希礼音&ソニン「相乗効果が生まれて、お互いに学びながら作っていける」

舞台・ミュージカル2019年6月20日

 ブロードウェーの新進気鋭の作曲家コンビ、クレイトン・アイロンズ&ショーン・マホニーと演出家の板垣恭一をはじめとする日米のクリエーティブチームが共作する、A New Musical「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」が世界に先立っ … 続きを読む

【インタビュー】「おかあさんといっしょ」卒業インタビュー「“子ども”ではなく初めて出会った人とどう楽しむか」(小林よしひさ)、「子どもたちと一緒に遊べた7年間、幸せだった」(上原りさ)

インタビュー2019年6月19日

 NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」の、第11代たいそうのお兄さん(2005年4月~2019年3月)・小林よしひささんと、身体表現「パント!」のお姉さん(2012年4月~2019年3月)・上原りささんが、今年3月、そろって卒業した。それ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top