【インタビュー】『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』満島真之介 「劇的な人生でいたい!」エネルギーの源は子どもへの羨望

2018年9月21日 / 14:24

 『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』(全国公開中)に出演している満島真之介。今年29歳になる満島だが、バラエティー番組やイベントなどで見せる素の表情や言動はなんとも無邪気で明るい。そこには子どもへの羨望(せんぼう)と、夢をかなえるための策略が潜んでいた…。

満島真之介

 本作は1959年に放送が開始されて以来、何世代もの人に愛されてきた国民的人気番組「おかあさんといっしょ」の初の映画化。「映画館でいっしょに遊ぼう!」をコンセプトに、子どもたちが歌を歌ったり、体を使って楽しんだりできるシーンが盛りだくさん。満島は、ゆういちろうおにいさんたちが迷い込んだ町に住む、物語の鍵を握る謎のお殿様役を演じている。

 開口一番、鑑賞後の感想を求めてくる満島の目はいつも以上にキラキラしていた。なぜならこれは、うたのお兄さんになることを、人生の目標のように捉えていた満島にとっての「平成の大事件」。わずか2日間の撮影が終わって数カ月がたつ今も、「まだその余韻の中にいる」のだ。

 姉や妹、弟がいるが、「明るくて楽しいお兄さんがほしくて、いないなら自分がなっちゃおうと思いました。」と、うたのお兄さんへの憧れのきっかけを話す満島。「人生で大切なことをシンプルで明快に伝えているから、実は大人の方がちゃんとひも解いた方がいいと思うんですよね」と、徐々に「おかあさんといっしょ」の歌にはまったことも明かすと 、「これまでの歌はほぼ全て歌えます。歴代のお兄さんたちにも勝つんじゃないかな(笑)」と得意気な表情ものぞかせた。

 しかし、満島が何よりも引かれたのは「うたのお兄さんは、日々いろんな子どもたちと接することができます。出会いの瞬間は奇跡的なものだけど、大人になると生活に変化はあまりないし、せっかくの出会いも日常に埋もれて、出会いとして感じないこともありますよね」と残念がると、「子どもたちにとっては、出会いも別れも毎日が劇的。僕も子どもみたいな劇的な人生でずっといたいですね」と目指す人生観にも触れた。 

 子どもは満島の役者人生にも大きな影響を与えている。「役作りが必要なときにイメージするのは子ども。この役は、あのときのあの子の感性に似ているな…とか、あの子っぽくやろう…と考えます」と役への独特のアプローチを教えてくれた。そして「今何が物足りないかって、子どもたちがたくさんいる場所に、日々いないこと」と寂しそうにつぶやいた。

 そんな満島は、学童保育で働いていたキャリアもあり即戦力になれるが、「年も年だし、全然違うテイストの映画やドラマ、舞台に立っているから、うたのお兄さんは諦めかけていました」のだとか。だが、わずかばかりの諦めきれない思いは満島を突き動かし、「うたのお兄さんになりたい」という“言霊”を飛ばし続けた。

 メディアで見る姿は常にエネルギーに満ちあふれているが、それさえも「自分には元気いっぱいのうたのお兄さんになる要素を含んでいる」というメッセージだったのだ。それがNHKサイドに伝わり、本作のオファーにつながったのだから感激もひとしお。「ハリウッド映画のオファーよりもうれしかったです」と喜ぶと、「いろいろなお仕事をやってきた中で今につながっていると思いますので、“選択”は間違えていなかったのかなと思います」と自分の人生に胸を張った。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「連続ドラマW 東野圭吾『さまよう刃』」竹野内豊「ゆり子さんには、女優さんに感じる壁が全くない」石田ゆり子「竹野内くんはミントガムみたいな人」15年ぶりの共演を語る

ドラマ2021年5月15日

 東野圭吾原作の「連続ドラマW 東野圭吾『さまよう刃』」(全6話)が、5月15日からWOWOWで放送・配信される。男手一つで育ててきた娘を少年たちに惨殺され、復讐(ふくしゅう)の道に走る主人公・長峰重樹を竹野内豊が演じ、長峰の正体を知りつつ … 続きを読む

【インタビュー】「WOWOWオリジナルドラマ 向こうの果て」松本まりか 「殴りたい衝動に襲われた」体当たりで挑んだDVシーンを語る

ドラマ2021年5月14日

 松本まりかが連続ドラマに初主演する「WOWOWオリジナルドラマ 向こうの果て」が5月14日から放送される。本作は、ドラマ・舞台・小説の三つのコンテンツで展開されるオリジナルシナリオの連動プロジェクト。昭和60年の東京を舞台に、放火殺人を犯 … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第十三回「栄一、京の都へ」 栄一と喜作「生涯の相棒」の新たな魅力を引き出した珍道中

ドラマ2021年5月13日

 慌てて荷物をまとめる喜作(高良健吾)の様子を見た栄一(吉沢亮)は、「おい、何してんだ?」と声を掛ける。すると喜作が「え、逃げるしかねえだんべ!」と答え、それに続いてこんな珍問答が行われた。  「どこへ?」(栄一)、「えっ、どこかしらに。  … 続きを読む

【インタビュー】舞台「熱海五郎一座」新橋演舞場シリーズ第7弾 横山由依「初めての挑戦となる喜劇」ジャズドラムも初披露

舞台・ミュージカル2021年5月13日

 熱海五郎一座「Jazzy(じゃじぃ)なさくらは裏切りのハーモニー ~日米爆笑保障条約~」が5月30日から、新橋演舞場で上演される。本作は、“東京の笑い”を継承すべく、2006年に三宅裕司を座長として旗揚げした「熱海五郎一座」の新橋演舞場シ … 続きを読む

【映画コラム】記憶や脳内こそが最大のミステリー『ファーザー』

映画2021年5月13日

 ロンドンで独り暮らしをしているアンソニー(アンソニー・ホプキンス)は、認知症で記憶が薄れ始めていたが、娘のアン(オリビア・コールマン)が手配した介護人を次々に拒否する。  そんな中、アンソニーはアンから、新しい恋人とパリで暮らすと告げられ … 続きを読む

amazon

アクセスランキング RANKING

page top