大林宣彦監督「あと30年は映画を作る」 窪塚俊介、満島真之介らが感謝の言葉

2017年12月16日 / 16:04

(前列左から)山崎紘奈、常盤貴子、大林宣彦監督、矢作穂香、門脇麦、(後列左から)村田雄浩、窪塚俊介、満島真之介、原雄次郎

 映画『花筺/HANAGATAMI』の初日舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、大林宣彦監督と出演者の窪塚俊介、満島真之介、矢作穂香、山崎紘奈、門脇麦、常盤貴子、村田雄浩ほかが登壇した。

 本作は、大林監督が肺がんのステージ4で余命3カ月と宣告された後の、昨年夏に撮影した青春群像劇。

 大林監督は、生涯のテーマにしている反戦へのメッセージを込めた本作について「皆さんが見てくださったことで一つの形、メッセージとして伝わったと思う」と話し、満員の場内を見ながら、満足げな笑みを浮かべた。

 さらに「あの戦争(第2次世界大戦)で生き延びちゃったんだから、がんごときで死なねえぞという気持ち。でも、がんのおかけで緊迫感のある映画になった」と語った。

 既に新作の準備に入っているそうで「余命3カ月といわれてから、1年4カ月も生き延びています。あと30年は生き延びて、映画を作ろうと思っている」とさらなる意欲を見せた。

 闘病に関しては「がんは宿子で、私が宿主と考えるようになった。がんも一生懸命生きようとして私の体をむしばんでいるが、私が死ぬとがんも死んでしまう。だから、もっと利口になって仲良く生きようじゃないかと話している」と持論を展開した。

 主演の窪塚は「大林監督と出会って、自分らしく自由に個性を持って生きることの大切さを再認識した」と感謝した。

 満島は「台本に“神話に出てくるような美少年”と書いてあったので、正直どうしようかと思った。でも、監督の『映画の世界にいる幸せを存分に感じなさい』という言葉で、のしかかっていたものが風と共に去っていった。一生隣で肩を組んでいたい、同志になりました」と語った。

 矢作は、大林監督との初対面時に「いい女優に育ったら、世界中があなたの名字を呼んでくれる」というアドバイスを受け、芸名を「未来穂香」から本名に変えて出演した。その“デビュー作”の公開に「女優としても人間としても、生まれ変わったような気持ち。すごく光栄です」と笑顔をはじけさせた。

 大林監督は、出演者のあいさつのたびに感謝の言葉を送り、「皆が僕の分身だから、本当にありがとう」と感慨深げに話した。そして「未来のある若い人たちが平和に暮らせる、戦争のない世界になることを祈っています」と語り、観客から盛大な拍手を浴びた。


芸能ニュースNEWS

宇垣美里「私って何なんでしょうね」 「肩書はまだ決める段階でないのかな」

トレンド2019年4月20日

 フォトエッセー「風をたべる」の発売記念イベントが20日、東京都内で行われ、フリーアナウンサーの宇垣美里が登場した。 続きを読む

吉沢亮「山崎賢人は本当にすごい!」  本郷奏多「みんなで僕ごときを倒しに来てくれるんです」

映画2019年4月20日

  映画『キングダム』の初日舞台あいさつが19日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈、本郷奏多、大沢たかお、佐藤信介監督が登壇した。   本作の原作は、累計発行部数4000万部を超える原泰久氏の同名人気漫画。中 … 続きを読む

井澤勇貴「高崎さんはおそ松そのもの」 「おそ松さん on STAGE」の舞台裏を語る

舞台・ミュージカル2019年4月19日

 劇場版『えいがのおそ松さん』舞台あいさつが19日、東京都内で行われ、舞台「おそ松さん on STAGE」からおそ松役を演じている高崎翔太とF6おそ松役の井澤勇貴が登壇した。  プライベートで1度映画を見たという高崎は「年齢層が幅広くてびっ … 続きを読む

堤真一「橋本良亮が泣き出して…」と暴露 橋本「ご心配をお掛けしました」

舞台・ミュージカル2019年4月19日

 俳優とオーケストラのための戯曲「良い子はみんなご褒美がもらえる」初日前会見&公開舞台稽古が19日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、橋本良亮(A.B.C-Z)、演出家のウィル・タケット氏ほかが登場した。  ソビエトと思われる独裁国家の精神 … 続きを読む

広瀬すず「本当にうれしく、幸せに思います」 自分の顔がラッピングされた機体と対面

イベント2019年4月19日

 連続テレビ小説「なつぞら」特別塗装機お披露目会が19日、東京都内で行われ、同ドラマでヒロインの奥原なつを演じている女優の広瀬すずが出席した。  JALは、この日から「なつぞら」の特別塗装機(ボーイング737-800型機)を国内線に就航させ … 続きを読む

page top