「桂小五郎役のオファーを頂いた時は驚きました」玉山鉄二(桂小五郎)【「西郷どん」インタビュー】

2018年8月26日 / 20:50

 西郷吉之助(鈴木亮平)、坂本龍馬(小栗旬)らの尽力により、ついに対立していた薩摩と長州が手を結び、薩長同盟が成立した。以後、両藩は手を取り合って倒幕へと突き進むことになる。この同盟を結ぶ上で、長州側の代表として交渉に当たったのが桂小五郎だ。明治維新後も新政府の中枢で活躍するこの人物を演じるのは、同じ幕末を舞台にした「八重の桜」(13)で、会津藩士・山川大蔵を熱演した玉山鉄二。薩長同盟に至る演技に込めた思いや、桂小五郎を演じる覚悟について語ってくれた。

桂小五郎役の玉山鉄二

-ついに薩長同盟が成立しましたが、吉之助との出会いからここまで、気持ちの動きをどのように考えて演じましたか。

 長州が“朝敵”と呼ばれるようになった原因は薩摩にあります。そういうふうに対立していた藩同士が手を取り合うまでのプロセスは、切なさや憎しみにあふれ、見ていて痛々しいものがありました。ただ、長州に対する薩摩側の思いは、海江田(武次/高橋光臣)をはじめ、いろいろな人が表現していましたが、長州側の薩摩に対する“恨みつらみ”を表現するのは僕しかいない。だから、そこは卑屈さが増してでも強めにやらないと、薩長同盟に至る流れの中で、やや分が悪くなると考え、気を付けて演じました。薩長同盟を結ぶ場面も、いつ破綻するか分からない、糸をピンと張ったような緊張感が続く見応えのあるシーンになったと思います。

-吉之助との芝居については、どのように考えていましたか。

 出会ったばかりの頃は、薩摩に対する憎しみや恨みつらみを、吉之助と大久保(一蔵/瑛太)にぶつけることを意識してやっていました。ただ、吉之助は懐が広く、人の話を受けるのがとてもうまい。だから、時には言ってみたものの、もしかしたら自分が間違っているのではないかと、桂の方が揺れる瞬間もある。そのため、長州側の思いを伝えるとき、ずっと張り合っているばかりでなく、時には「俺は間違ってないよな?」とすがるような感じも出して、深みを出せればと考えました。

-薩長同盟を結ぶ上で、2人の関係をどのように考えましたか。

 当時の薩摩と長州の関係を考えると、どっちが先に頭を下げるかという、とてもシンプルな話です。恐らく、桂本人だけのことであれば、頭を下げることは容易だったでしょう。ただ、彼の後ろには、長州のためなら命も捧げるという藩士がたくさんいる。彼らの意気込みを背負えば背負うほど、こちらから頭を下げることはできなくなる。それは薩摩も同じだったはず。ただ、懐の広さや人の気持ちを受け止めるという点では、吉之助の方が大きかったのかな…と。

-その辺りのお芝居について、鈴木さんとは話し合われたのでしょうか。

 リハーサルの時、「きれいにハマりすぎるのはちょっと嫌だよね」という話をしていました。あの場面で薩長同盟が結ばれることは、皆さんが知っている。だから、見ている方に楽しんでいただくためのポイントは、「われわれが作るプロセスが、どういうラインをたどっていくか」にあります。そういう意味で、例え話として「上から水を落とすとき、みんながコップを持っているところに落とすのではなく、僕たちが右に行ったり、左に行ったり、揺さぶりながらあのシーンを作り上げたいね」と。

-薩長同盟を結ぶ上では、坂本龍馬も大きな役割を果たしました。龍馬役の小栗旬さんの印象は?

 彼とは付き合いが長く、初めて一緒に仕事をしたのは僕が19歳の時。それからも一緒に仕事をしながら、スター街道を突き進む彼の姿を見てきたわけですが、華やかさや人を引きつける部分が、薩長同盟の橋渡しを行う坂本龍馬という役にすごくハマっている。ある意味、現代的な発想や、鋭いナイフのようなひらめきを持ち、その上、とてもセクシーで愛嬌(あいきょう)もある。「龍馬が来ると何かが起きる」という雰囲気をうまく作り上げているなと感心しました。実は、亮平くんとも今回ご一緒する以前に、旬から紹介してもらって一緒にお酒を飲んだことがあったんです。そう考えると、今回、3人がこういう形で共演できたのは、改めて不思議な縁だな…と。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『ラプラスの魔女』三池崇史監督 “バイオレンス監督”の称号に疑問…それでもバイオレンスを撮る理由とは?

映画2018年11月13日

 ベストセラー作家・東野圭吾の同名小説を、嵐の櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰ら豪華キャストで実写映画化した映画『ラプラスの魔女』のBlu-ray&DVDが11月14日にリリースされる。本作を手掛けたのは“バイオレンス映画の巨匠”三池崇史監督。劇 … 続きを読む

「若い頃の伊藤博文の写真が僕に似ていたので、自信が付きました」浜野謙太(伊藤博文)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年11月12日

 岩倉使節団の一員として欧米視察に出ていた大久保利通(瑛太)が帰国。朝鮮との外交問題を巡り、西郷隆盛(鈴木亮平)率いる留守政府組との対立が表面化する。そんな状況下、政府内に居場所を失った大久保に接近したのが元長州藩士たち。その中には、後の初 … 続きを読む

「長所も短所も、江藤と僕はものすごく似ています」迫田孝也(江藤新平)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年11月11日

 西郷隆盛(鈴木亮平)、大久保利通(瑛太)らを筆頭に、維新に功績のあった薩長土肥の旧藩士たちが中核を占める明治新政府。その中で、元佐賀藩士として活躍するのが、「維新の十傑」「佐賀の七賢人」にも挙げられた江藤新平だ。西郷と共に、欧米視察に出た … 続きを読む

【映画コラム】本物の4人がそこに映っているかのような錯覚に陥る『ボヘミアン・ラプソディ』

映画2018年11月10日

 1970年のメンバー同士の出会いから85年のライブエイドでのパフォーマンスまで、ロックバンド・クイーンの紆余(うよ)曲折の軌跡を、リードボーカルのフレディ・マーキュリーの屈折と葛藤を中心に描く『ボヘミアン・ラプソディ』が公開された。監督は … 続きを読む

【インタビュー】『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』矢野聖人 舞台「身毒丸」から8年…イメージを覆す好青年役に自信

映画2018年11月9日

 和歌山県に実在する「くじらの博物館」を舞台に、クジラと人間との交流を描いた映画『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』で、主人公の鯨井太一役を演じた矢野聖人。舞台「身毒丸」(11)で注目を浴びるも、その後はけがをしたこともあって伸び … 続きを読む

page top