地味な弟から頼もしい食堂の3代目店長へ!斜め上行く展開に「人生いろいろあるな…」上村海成(楡野草太)【「半分、青い。」インタビュー】

2018年8月13日 / 08:30

 子どもの頃は一つ違いの快活な姉・鈴愛(永野芽郁)に隠れて目立たなかったが、大学生活を経て就職、結婚し、今ではつくし食堂の3代目店長になるほど頼もしい存在となった草太役を好演している上村海成。斜め上いくキャラクター展開に驚きながらも、丁寧に草太役と向き合う上村に、役へのアプローチ法や、撮影時のエピソード、目指す役者像などを聞いた。

楡野草太役の上村海成

-朝ドラ初出演ですが、オーディションに合格して、草太役に決まったときの感想は?

 まさか弟役になるとは信じられませんでした。家族も「いやいやいや、ヒロインの弟はない。間違い!」と言って信じてくれませんでした。

-実際にご自分の姿をテレビで見たときはどう思いましたか。

 信じられない! 本当に出ちゃってる…みたいな不思議な気持ちです。朝ドラで自分の顔を見るとは思っていなかったので、家族も「ふふふ…」って奇妙な感じでした。

-草太は幼い頃から周りの空気を読み、冷静な判断と細やかな気配りのできる男性ですが、ご自身との共通点はありますか。

 自分のことも相手のことも気にしたり、先のことを考え過ぎたり、心配したりするところは似ているけれど、草太ほどではないです(笑)。草太は家族をつないでいるけど、リアルの自分には人と人をつなぐ“つなぎ”の要素がないので、演じながら勉強させていただいています。

-高校時代から40代という長いスパンを演じる上で、どういうところを意識していますか。

 自分(21歳)より上の年齢は未知の領域なので最初は戸惑いました。メークで多少変えていただけるけど、見た目が変わっても中身が伴っていないと違和感があるので、自分なりに考えて、30代はどっしり構えているイメージがあるので、重心をぐっと下げるよう意識して演じています。でも、そういった必要な設定が外れたまま演じてしまうこともあって、いまだに試行錯誤しています。

-草太が大学生になったときに急に雰囲気が変わって、驚いた視聴者も多かったようですが、ご自身ではいかがでしたか。

 びっくりしました(笑)。でも、リアルってこうなんですよね。家族の中で「賢い」、「空気が読める」と評価されていても、外に出たら社会の荒波にもまれるという。チャラくなったのは、名古屋に出て、家族に気を使う必要がなくなり、開放的になったからだと思います。ただ、結婚を考えていたバーのママに関しては、単に遊んだという結果ではなく、多分、先輩に連れて行ってもらったバーで出会ったママがとてもいい人で、自分が何か悩みを抱えているときに、その隙間を埋めてくれる人だったんじゃないかなと思います。

-自分なりにキャラクター設定を考えられたんですね。

 演じるキャラクターに何も芯を置いていないとフワフワとしてしまって、何をやるべきかも定まらず、せりふを追うだけの芝居になってしまうので…。

-では、つくし食堂の3代目店長は想定内でしたか。

 それは分かりませんでした。鈴愛(永野芽郁)が上京する前の、家族ですき焼きを食べるシーンで、草太がメレンゲを作っていたじゃないですか。その撮影のときに、スタッフから「草太はいずれ卵関係にいくから」と言われて、何!?って感じでした。その場では具体的に教えてもらえなかったから、パティシエとかを想像していたらカツ丼作りでした。人生いろいろあるな…と思いました(笑)。

-草太考案のカツ丼がヒットしますが、料理の練習もされましたか。

 カツを揚げるところから教えていただきました。普通のカツ丼と違って、凝ったように見えるけど、意外に簡単に作れました。メレンゲさえうまく泡立てることができれば大丈夫です。僕は箸の持ち方があまりきれいではないので、むしろ、そっちの方を意識しましたし、そこが意外に緊張しました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元インタビュー】映画『メサイア』最新作、杉江大志が最先端アクションで見せる「一瞬の緊張感」

映画2018年11月14日

 高殿円の小説『MESSIAH -警備局特別公安五係』を原案とし、テレビドラマや舞台、実写映画などのメディアミックスを展開している「メサイア・プロジェクト」の映画シリーズ4作目となる『メサイア -幻夜乃刻-』が11月17日から公開される。本 … 続きを読む

【インタビュー】『ラプラスの魔女』三池崇史監督 “バイオレンス監督”の称号に疑問…それでもバイオレンスを撮る理由とは?

映画2018年11月13日

 ベストセラー作家・東野圭吾の同名小説を、嵐の櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰ら豪華キャストで実写映画化した映画『ラプラスの魔女』のBlu-ray&DVDが11月14日にリリースされる。本作を手掛けたのは“バイオレンス映画の巨匠”三池崇史監督。劇 … 続きを読む

「若い頃の伊藤博文の写真が僕に似ていたので、自信が付きました」浜野謙太(伊藤博文)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年11月12日

 岩倉使節団の一員として欧米視察に出ていた大久保利通(瑛太)が帰国。朝鮮との外交問題を巡り、西郷隆盛(鈴木亮平)率いる留守政府組との対立が表面化する。そんな状況下、政府内に居場所を失った大久保に接近したのが元長州藩士たち。その中には、後の初 … 続きを読む

「長所も短所も、江藤と僕はものすごく似ています」迫田孝也(江藤新平)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年11月11日

 西郷隆盛(鈴木亮平)、大久保利通(瑛太)らを筆頭に、維新に功績のあった薩長土肥の旧藩士たちが中核を占める明治新政府。その中で、元佐賀藩士として活躍するのが、「維新の十傑」「佐賀の七賢人」にも挙げられた江藤新平だ。西郷と共に、欧米視察に出た … 続きを読む

【映画コラム】本物の4人がそこに映っているかのような錯覚に陥る『ボヘミアン・ラプソディ』

映画2018年11月10日

 1970年のメンバー同士の出会いから85年のライブエイドでのパフォーマンスまで、ロックバンド・クイーンの紆余(うよ)曲折の軌跡を、リードボーカルのフレディ・マーキュリーの屈折と葛藤を中心に描く『ボヘミアン・ラプソディ』が公開された。監督は … 続きを読む

page top