セクシャルマイノリティーの役柄に「責任を感じる」トランスジェンダーの次はゲイの美男子役 志尊淳(藤堂誠)【「半分、青い。」インタビュー】

2018年5月18日 / 16:16

-ボクテは「金沢の鬼才」と呼ばれるほど漫画家としての才能を持っていますが、志尊さんご自身に漫画家としてのポテンシャルはあるのでしょうか。

 一番苦手、といっても過言じゃないぐらい絵が苦手です…。なので漫画家の先生に一から指導してもらいましたが、想像以上に大変な職業と感じました。シーンをこなすごとに慣れてきましたが、ぺン入れや、トーンを貼ったり、ベタを塗ったりするときは、集中力が必要で、お芝居と合わせてやらなければいけないので、とても難しかったです。

-ボクテは漫画家としての才能がある一方、呉服屋の跡取り息子ですが、人生の展開はどうなるのでしょうか。

 ボクテくんが自分で引き起こしてしまったことが、後悔になり、成功にもなる部分が描かれています。人生を懸けて失敗を成功にすることがテーマのドラマなので、天真らんまんで優しいだけでなく、失敗を見たところから自分ではい上がっていき、筋を通して生きているという二面性をしっかりと表現していきたいです。

-朝ドラ特有の長い人生を演じることについてはいかがですか。

 悩んでいます…。例えば、さっき撮った場面と、次に撮るのとでは10年ぐらい離れているので、どうしようかなと思いますが、ボクテくんはキャラが強いので、18から30歳はあまり変えずにいこうかなと考えています。たとえ、漫画家として売れて見た目が変わっても、純粋でかわいげがあるところは残していきたいです。大きく変えるのは30代からだと思うので、それまでは扮装でごまかしていきたいです(笑)。

-ボクテの恋愛事情も気になりますが。

 男性にポッとしたり、キュンキュンするときはあります。秋風先生には、恋愛対象としても、憧れの男性としてもキュンとします。一番「美しい…」となってしまうのは律(佐藤健)くんに対してです。美しいからこそちょっかいを出したくなって、台本には書かれていないけど、自分で勝手に設定を立てて健くんに近づいて、「また近づいてきた…」って煙たがられています(笑)

(取材・文/錦怜那)

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】The Brow Beat HAKUEI×Ryuji「破竹の勢いで進み続けたい」 待望の全国ツアーに向け発進!

音楽2018年12月11日

 PENICILLINのHAKUEIトータルプロデュースのもと、俳優・佐藤流司がアーティスト「Ryuji」として結成したバンドプロジェクト「The Brow Beat」。2019年1月1日には、待望の2nd Album「Hameln」の発売 … 続きを読む

【インタビュー】『青の帰り道』清水くるみ「台本を読んで、母親とぶつかった反抗期の自分を思い出しました」

映画2018年12月10日

 夢への挑戦、挫折、葛藤…。誰もが経験する青春の痛みと成長を、真野恵里菜、横浜流星ら注目の若手俳優総出演で描いた群像劇『青の帰り道』が、12月7日に全国公開された。母親との関係に悩みながら、さまざまな経験を経て成長していく少女キリを演じたの … 続きを読む

「学芸員の先生が『桂久武は井戸田さんにピッタリ』と言ってくれたおかげで、気持ちよく演じることができました」井戸田潤(桂久武)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年12月9日

 名門・島津家の血筋に生まれ、家老を務めるなど、幕末から明治初期にかけて活躍した元薩摩藩士・桂久武。西郷隆盛(鈴木亮平)とは若い頃から深い親交を結び、西南戦争にも同行することとなった。演じたのは、人気お笑いコンビ、スピードワゴンの井戸田潤。 … 続きを読む

「新八を演じたこの1年、とても貴重な経験をさせていただきました」堀井新太(村田新八)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年12月9日

 ついに幕を開けた西南戦争。新政府軍と反乱士族たちの争いであると同時に、幼なじみである西郷隆盛(鈴木亮平)と大久保利通(瑛太)にとっては苦渋の戦いとなった。そしてもう1人、西郷と共に戦う道を選んだ幼なじみが、村田新八である。かつては共に島流 … 続きを読む

【映画コラム】実話を基にしたアジア映画『パッドマン 5億人の女性を救った男』『暁に祈れ』

映画2018年12月8日

 今回は相次いで公開された、実話を基にしたアジア映画を2本紹介する。  まずは、インド映画『パッドマン 5億人の女性を救った男』から。こちらは、愛妻を楽にしたい一心で始めた工夫が、安全で安価な生理用品の普及につながったというひょうたんから駒 … 続きを読む

page top