【2.5次元インタビュー】須賀健太が語る2.5Dの魅力「特殊な世界観」と「高いエンターテインメント性」

2018年5月15日 / 12:00

 3歳で子役としてデビュー以来、現在まで映画やドラマ、そして舞台の第一線で活躍し続けている須賀健太。2.5D(2.5次元ミュージカルの略)作品では、現在上演中のハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“はじまりの巨人”の主役・日向翔陽役でも知られる。日本2.5次元ミュージカル協会の2018年度の「2.5Dアンバサダー」にも就任した須賀に、2.5次元ミュージカルの魅力を聞いた。

2018年度の「2.5Dアンバサダー」に就任した須賀健太

-アンバサダーに就任された率直なお気持ちは?

 最初は、僕でいいんだろうかって思いました。2.5D作品は年々、すごい勢いで増えていて、2.5Dに特化した役者さんも多くいらっしゃいます。普通に考えれば、そういう方がアンバサダーを務めた方がファンの方も喜ぶんじゃないかと思ったんですが、広く一般の方に知っていただくきっかけ、という意味では、少しは力になれるのかなと思っています。

-須賀さんは、ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」(15)の我愛羅役で、初めて2.5D作品に出演されました。オリジナルキャラの舞台や映画と、2.5D作品ではどんな違いがあると感じられましたか。

 僕にとっては、原作があるかないかだけのことです。ある種、教科書が1冊多いというだけの感覚。ただ2.5Dでは、どれだけそのキャラクターに寄せられるかが大切だということがすごく特徴的だとは思います。そこに特化しているのはすごいと思いましたし、戸惑ったり、難しかったりした部分でもありました。

-我愛羅はかなり個性的なキャラクターでもありますしね。

 そうですね。でも、自分では似ているなと思ってたんですよ、おでこの感じとか(笑)。もともと、原作も大好きで、好きなキャラクターだったので、演じられると決まったときはうれしかったですし、それと同時にファン心理というものもよく分かりました。だからこそ、汚してはいけないという緊張感は最初からすごくありました。

-その後、2.5D作品では、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」シリーズで主演を務めていらっしゃいます。現在、シリーズ6作目が上演中です。須賀さんにとって、演劇「ハイキュー!!」はどのような作品ですか。

 今は、ライフワーク的な作品です。3年間、しかも半年に1本という舞台としては相当早いペースで上演しているので、1年中、演劇「ハイキュー!!」が基盤となっている生活をしてきています。舞台に関していえば、間違いなく僕の代表作だと思います。

-シリーズを重ねることで、役柄への解釈も深まっていますか。

 そうですね。携わらせていただく前から、原作が大好きだったので、僕が演じる日向の魅力は知っているつもりでいました。原作の中で、日向はさまざまな面で成長していくのですが、その成長を演じられるのは、僕が3年間演じ続けているからだと思っています。1作ずつ、ちょっとずつちょっとずつ勇ましく、たくましくなっていっているというのはシリーズを通して意識して演じています。

-2.5D作品は、役者としてどんなところに魅力を感じますか。

 作品の持つ世界観が魅力です。映画で同じものを表現しようと思ったら、ものすごい規模が必要で、何十億円もかかる。でも、これは、2.5Dに限らず、演劇全てに言えることですが、舞台だったら、お客さまの想像力に委ねながら、いろいろな形で表現できます。2.5Dは、よりその特徴が強く出ているんだと思います。やっぱり、特殊な世界観というのは演じている側も楽しいです。それに、劇中でキャラクター紹介があったり、キャラクターを大事にした演出があるのは2.5Dならではで楽しいです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「ドキュメンタル」霜降り明星・せいやがシーズン7に初参戦! 「死ぬほど笑いをいただいた松本人志さんは、一番笑かさなあかん存在」

テレビ2019年5月23日

 Amazon Prime Videoで全話配信中の松本人志の人気バラエティーシリーズ「HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル」がシーズン7に突入した。同番組は、松本から「招待状」を受け取った10人の芸人たちが、 … 続きを読む

【2.5次元】EXILE 橘ケンチ「京極堂を徹底的に解明したい」 舞台「魍魎の匣」インタビュー

舞台・ミュージカル2019年5月20日

 京極夏彦の大人気小説『百鬼夜行』シリーズ。その中でも最高傑作の呼び声が高い『魍魎の匣』が舞台化される。戦後間もない昭和20年代後半を舞台に、シリーズの中心人物で「つきもの落とし」を副業にし、営む古本屋の屋号にちなんで「京極堂」と呼ばれる中 … 続きを読む

「役所広司さんは、中学生の頃から憧れていた俳優。こんなに長い間一緒にいられて幸せです」古舘寛治(可児徳)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年5月19日

 今や正月の風物詩となった箱根駅伝が、金栗四三(中村勘九郎)の発案でついに誕生。そんな四三の活動を見守るのが、恩師の一人でもある可児徳だ。嘉納治五郎(役所広司)を支え、日本のオリンピック参加に尽力したほどの人物でありながら、本作ではしばしば … 続きを読む

【映画コラム】ドキュメンタリーと劇映画を融合させた『アメリカン・アニマルズ』

映画2019年5月18日

 米ケンタッキー州で実際に起きた4人の大学生による強盗事件を映画化した『アメリカン・アニマルズ』が公開中だ。  退屈な大学生活を送るウォーレン(エバン・ピーターズ)とスペンサー(バリー・コーガン)は、自分たちが普通の大人になりかけていること … 続きを読む

【インタビュー】「二度目の夏」東出昌大「ついにきたかという思い」太賀「僕の俳優人生にとってすごく大きなことになる」

舞台・ミュージカル2019年5月18日

 舞台「二度目の夏」で、東出昌大と太賀が映画『桐島、部活やめるってよ』以来、7年ぶりの共演を果たす。本作は、演出家・映画監督・そして俳優としても知られる岩松了がM&Oplaysと定期的に行っているプロデュース公演の最新作で、湖畔の別 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top