「早く年が上になってほしいです」 佐藤健(萩尾律)【「半分、青い。」インタビュー】

2018年4月28日 / 08:30

 「これは鈴愛の話でもあり、律の話でもある」。脚本家・北川悦吏子氏は、佐藤健演じる萩尾律について「“受け”と“攻め”が内在する健くんにしかできない」と熱いラブコールを送った。そんな重責を担う佐藤が、初出演となる朝ドラや、役への思いを吐露した。

萩尾律役の佐藤健

-朝ドラに佐藤さんが出演するということに驚いた人も多いようですが、ご自身でも意外性を感じるのでしょうか。

 意識的に映画をたくさんやろうと思ったことは一切ないですけど、結果的にドラマより数が多くなっていく中で、そちらの方が性に合っているのかな…と思っていました。その中で、普通の連ドラ以上にテレビというメディアを代表するような朝ドラには接点がないように感じていたし、(キャラクター的にも)爽やかな朝の15分で、自分がやるような作品ではないイメージがありました(笑)。

-撮影に入ってから心境の変化はありましたか。

 僕みたいな俳優でも出ていいんだ…というか、以前のように壁を感じることなく、距離感が近くなった気がします。現場の雰囲気も他とは違います。セットに1日中いることは大変だし、1日で撮る量が多くて、どうして7月放送分を3月の今撮らなきゃいけないんだろう…と思いますけど(笑)、長年やられているからスタッフのチームワークはいいし、要領よくどんどん撮っているし、プロの技とか伝統の力をすごく感じます。

-そんな朝ドラへの出演を決めた要因は何だったのでしょうか。

 北川さんの作品のファンで、特に『ロンバケ』はすごく好きで、いつかご一緒できたらいいな…とぼんやりと思っていたときに、北川さんから声を掛けていただきました。朝ドラはとても大きなもので、拘束時間も長いですが、そのことが、やってみようと決心する大きな要素になりました。

-鈴愛の幼なじみでもある律は容姿端麗、成績優秀、クールな理論派ですが、最初に台本をもらったときはどのように思いましたか。

 最初は自分ぽいので、自然体で演じて、素が出てもいいのかなと思いました。それは北川さんが当て書きをされているからなんですかね。

-どの辺りが共通していますか。

 理系で、ロボットを作ろうとしているような律が興味を持っていることは自分と重なります。後は、友達と同じテンションでいけなかったり、どこか冷静でいてしまうところも似ています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「若い頃の伊藤博文の写真が僕に似ていたので、自信が付きました」浜野謙太(伊藤博文)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年11月12日

 岩倉使節団の一員として欧米視察に出ていた大久保利通(瑛太)が帰国。朝鮮との外交問題を巡り、西郷隆盛(鈴木亮平)率いる留守政府組との対立が表面化する。そんな状況下、政府内に居場所を失った大久保に接近したのが元長州藩士たち。その中には、後の初 … 続きを読む

「長所も短所も、江藤と僕はものすごく似ています」迫田孝也(江藤新平)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年11月11日

 西郷隆盛(鈴木亮平)、大久保利通(瑛太)らを筆頭に、維新に功績のあった薩長土肥の旧藩士たちが中核を占める明治新政府。その中で、元佐賀藩士として活躍するのが、「維新の十傑」「佐賀の七賢人」にも挙げられた江藤新平だ。西郷と共に、欧米視察に出た … 続きを読む

【映画コラム】本物の4人がそこに映っているかのような錯覚に陥る『ボヘミアン・ラプソディ』

映画2018年11月10日

 1970年のメンバー同士の出会いから85年のライブエイドでのパフォーマンスまで、ロックバンド・クイーンの紆余(うよ)曲折の軌跡を、リードボーカルのフレディ・マーキュリーの屈折と葛藤を中心に描く『ボヘミアン・ラプソディ』が公開された。監督は … 続きを読む

【インタビュー】『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』矢野聖人 舞台「身毒丸」から8年…イメージを覆す好青年役に自信

映画2018年11月9日

 和歌山県に実在する「くじらの博物館」を舞台に、クジラと人間との交流を描いた映画『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』で、主人公の鯨井太一役を演じた矢野聖人。舞台「身毒丸」(11)で注目を浴びるも、その後はけがをしたこともあって伸び … 続きを読む

【インタビュー】『BLEACH』早乙女太一 恋次役でクールなイメージから脱皮…苦手な恋愛ものにも色気

映画2018年11月7日

 死神業を代行することになった高校生の黒崎一護(福士蒼汰)が、家族と仲間を守るため、人間の魂を食らう悪霊・虚〈ホロウ〉や死神たちと死闘を繰り広げるさまを描いた映画『BLEACH』が12月5日にブルーレイ&DVD発売、11月7日にデジタル先行 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top