【インタビュー】「連続ドラマW ダブル・ファンタジー」水川あさみ、「表現こそ自由」コンプライアンスまみれの世界に覚える憂いと反抗心

2018年6月1日 / 12:00

 それは、目の前のことで精いっぱいで、どうにもならない自分にもがき苦しんだ20代を経験し、30代で独立し、新しい環境に身を置き、奈津のように自分らしく生きている水川だからこそ言える言葉だ。その証拠に、「大変なことも多いけど、今は自分にうそがなく、すこやかで、何がしたいか、どうあるべきかが明確になって、すごく楽しい!生きている実感がある」と声を弾ませた。

 そして、「表現できないことが増えていることに不安を感じる中で、この作品ができたことは大きい」と胸を張った。今のテレビ界では、そのシーンにおいて必要であるにもかかわらず、「脱げないし、いつの間にかシートベルトをしているという、たくさんの不思議なこと」が起きている。

 それに対して「疑問を感じながらお芝居をすることに、どの役者もきっと頭を抱えながらやっていると思う」と憂う水川は、「表現こそ自由だから、それを見ている人が面白がってくれないと、この世界は成立しない」と声を上げる。

 同時に、「お芝居の中でできることはたくさんあるのに、表現の幅が狭くなるし、事務的に規制線を張る感じがもったいない」と残念がると、「この作品が一つの道しるべになれば…」と大いなる期待を寄せた。

 何かにつけて批判の的にされてしまうご時世だが、それを厭うことなく、毅然としたたたずまいで、正面切って本音を語る水川の姿は何ともしたたかで美しい。彼女の存在もまた、これからの時代を生きる女優たちの道しるべになることだろう。

(取材・文・写真/錦怜那)

「連続ドラマW ダブル・ファンタジー」

「連続ドラマW ダブル・ファンタジー」WOWOWプライムで6月16日から毎週土曜午後10時放送(全5話/第1話無料放送)

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「寺田屋騒動で仲間を死なせたという負い目が、大山のトラウマになるはず」北村有起哉(大山格之助)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年6月18日

 有馬新七(増田修一朗)が壮絶な最期を遂げ、幼なじみである吉之助(鈴木亮平)たちの心に深い傷を残した寺田屋騒動。血気にはやる有馬を説得できず、騒動の当事者となったのが、同じく吉之助の幼なじみ、大山格之助である。生き残った大山は心の傷を抱えた … 続きを読む

【インタビュー】『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』ロン・ハワード監督 「これは僕がやるべき映画だったんだろうなと感じました」

映画2018年6月18日

 愛機ミレニアム・ファルコン号で銀河を疾走する伝説のヒーロー、ハン・ソロ。『スター・ウォーズ』シリーズ屈指の人気を誇る彼は、いかにして愛すべき悪党となったのか。ルークとレイアに出会う前、若きハン・ソロ(オールデン・エアエンライク)の知られざ … 続きを読む

「精忠組は他の俳優がうらやましがるぐらい、いい雰囲気でした」増田修一朗(有馬新七)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年6月17日

 動乱の幕末、世を変えようと立ち上がった有馬新七だったが、説得に来た大山格之助(北村有起哉)らとの交渉が決裂。壮絶な斬り合いの末に散っていった。世にいう「寺田屋騒動」である。有馬の死は、幼なじみである吉之助(鈴木亮平)たちの心に深い傷を残す … 続きを読む

【映画コラム】涙が頬を伝うが、ほほ笑みながら見ていられる『ワンダー 君は太陽』

映画2018年6月16日

 生まれつき顔立ちが人と違う少年が、困難に立ち向かう姿を描いた『ワンダー 君は太陽』が公開された。監督は『ウォールフラワー』(12)で、思春期の青年たちの揺れ動くデリケートな心の機微をリアルに描いたスティーブン・チョボスキー。  遺伝子の疾 … 続きを読む

【舞台リポート】男劇団 青山表参道X、旗揚げ公演開幕! 西銘駿、飯島寛騎、栗山航、塩野瑛久らイケメンが集結

アイドル2018年6月15日

 数多くの女性タレントたちが所属することで知られるオスカープロモーションが、30人の俳優・モデル・タレントを集めて、男性エンターテインメント集団「男劇団 青山表参道X」を結成した。旗揚げ公演となる『SHIRO TORA ~beyond th … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top