【インタビュー】「連続ドラマW ダブル・ファンタジー」水川あさみ、「表現こそ自由」コンプライアンスまみれの世界に覚える憂いと反抗心

2018年6月1日 / 12:00

 それは、目の前のことで精いっぱいで、どうにもならない自分にもがき苦しんだ20代を経験し、30代で独立し、新しい環境に身を置き、奈津のように自分らしく生きている水川だからこそ言える言葉だ。その証拠に、「大変なことも多いけど、今は自分にうそがなく、すこやかで、何がしたいか、どうあるべきかが明確になって、すごく楽しい!生きている実感がある」と声を弾ませた。

 そして、「表現できないことが増えていることに不安を感じる中で、この作品ができたことは大きい」と胸を張った。今のテレビ界では、そのシーンにおいて必要であるにもかかわらず、「脱げないし、いつの間にかシートベルトをしているという、たくさんの不思議なこと」が起きている。

 それに対して「疑問を感じながらお芝居をすることに、どの役者もきっと頭を抱えながらやっていると思う」と憂う水川は、「表現こそ自由だから、それを見ている人が面白がってくれないと、この世界は成立しない」と声を上げる。

 同時に、「お芝居の中でできることはたくさんあるのに、表現の幅が狭くなるし、事務的に規制線を張る感じがもったいない」と残念がると、「この作品が一つの道しるべになれば…」と大いなる期待を寄せた。

 何かにつけて批判の的にされてしまうご時世だが、それを厭うことなく、毅然としたたたずまいで、正面切って本音を語る水川の姿は何ともしたたかで美しい。彼女の存在もまた、これからの時代を生きる女優たちの道しるべになることだろう。

(取材・文・写真/錦怜那)

「連続ドラマW ダブル・ファンタジー」

「連続ドラマW ダブル・ファンタジー」WOWOWプライムで6月16日から毎週土曜午後10時放送(全5話/第1話無料放送)

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】藤田玲&佐藤流司 2.5次元では見せない新たな顔『ダブルドライブ』

映画2018年8月17日

 数々の正統派ミュージカルから2.5次元作品や舞台、「絶狼〈ZERO〉」シリーズなどの映像作品とマルチな才能を見せる藤田玲。ミュージカル『刀剣乱舞』などで知られ、2.5次元ミュージカルで不動の人気を誇る佐藤流司。今、注目を集める2人の俳優が … 続きを読む

【芸能コラム】生活保護、出産…。社会の問題と向き合う漫画原作ドラマ 「健康で文化的な最低限度の生活」「透明なゆりかご」

ドラマ2018年8月14日

 興行ランキングをにぎわせる大ヒット映画から視聴率が話題となる人気テレビドラマまで、今や日本の映像文化は漫画原作なしには成立しない。その中でも特に注目を集めるのは、やはり華やかなエンターテインメント作品。だが、一口に「漫画原作」といってもそ … 続きを読む

地味な弟から頼もしい食堂の3代目店長へ!斜め上行く展開に「人生いろいろあるな…」上村海成(楡野草太)【「半分、青い。」インタビュー】

ドラマ2018年8月13日

 子どもの頃は一つ違いの快活な姉・鈴愛(永野芽郁)に隠れて目立たなかったが、大学生活を経て就職、結婚し、今ではつくし食堂の3代目店長になるほど頼もしい存在となった草太役を好演している上村海成。斜め上いくキャラクター展開に驚きながらも、丁寧に … 続きを読む

「これで当たったら、また紅白の司会ができるかも(笑)」笑福亭鶴瓶(岩倉具視)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年8月12日

 公武合体を推し進めた実力者でありながら、朝廷を追われた今は粗末な家に蟄居(ちっきょ)し、生活のために夜な夜な自宅で賭場を開く異端の公家・岩倉具視。だが、西郷吉之助(鈴木亮平)や大久保一蔵(瑛太)らに協力し、やがて明治維新の立役者となる。そ … 続きを読む

【映画コラム】男たちが間抜けに見えるところが肝心な『オーシャンズ8』

映画2018年8月11日

 緻密な計画を基に、それぞれのメンバーが得意技を駆使して強盗を行う犯罪チーム、オーシャンズの活躍を描いたシリーズをリブートした『オーシャンズ8』が公開された。  今回は、リーダーのダニー(ジョージ・クルーニー)の妹デビー(サンドラ・ブロック … 続きを読む

page top