【インタビュー】「連続ドラマW ダブル・ファンタジー」水川あさみ、「表現こそ自由」コンプライアンスまみれの世界に覚える憂いと反抗心

2018年6月1日 / 12:00

 それは、目の前のことで精いっぱいで、どうにもならない自分にもがき苦しんだ20代を経験し、30代で独立し、新しい環境に身を置き、奈津のように自分らしく生きている水川だからこそ言える言葉だ。その証拠に、「大変なことも多いけど、今は自分にうそがなく、すこやかで、何がしたいか、どうあるべきかが明確になって、すごく楽しい!生きている実感がある」と声を弾ませた。

 そして、「表現できないことが増えていることに不安を感じる中で、この作品ができたことは大きい」と胸を張った。今のテレビ界では、そのシーンにおいて必要であるにもかかわらず、「脱げないし、いつの間にかシートベルトをしているという、たくさんの不思議なこと」が起きている。

 それに対して「疑問を感じながらお芝居をすることに、どの役者もきっと頭を抱えながらやっていると思う」と憂う水川は、「表現こそ自由だから、それを見ている人が面白がってくれないと、この世界は成立しない」と声を上げる。

 同時に、「お芝居の中でできることはたくさんあるのに、表現の幅が狭くなるし、事務的に規制線を張る感じがもったいない」と残念がると、「この作品が一つの道しるべになれば…」と大いなる期待を寄せた。

 何かにつけて批判の的にされてしまうご時世だが、それを厭うことなく、毅然としたたたずまいで、正面切って本音を語る水川の姿は何ともしたたかで美しい。彼女の存在もまた、これからの時代を生きる女優たちの道しるべになることだろう。

(取材・文・写真/錦怜那)

「連続ドラマW ダブル・ファンタジー」

「連続ドラマW ダブル・ファンタジー」WOWOWプライムで6月16日から毎週土曜午後10時放送(全5話/第1話無料放送)

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「第38回の台本を読んだときは、つらくて泣いてしまいました」柏木由紀(西郷園)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年10月14日

 新政府軍と旧幕府勢力が激突した戊辰戦争。その戦いは、西郷吉之助(鈴木亮平)の故郷・薩摩で暮らす女性たちとも無縁ではない。その1人が、西郷家の次男・吉二郎(渡部豪太)の妻・園だ。戊辰戦争で命を落とした吉二郎の遺志を継ぎ、西郷家を支えていくこ … 続きを読む

「自分のやるべきことを全うしたという気持ちです」渡部豪太(西郷吉二郎)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年10月14日

 若い頃から藩のため、国のために各地を奔走してきた西郷吉之助(鈴木亮平)に代わり、薩摩の西郷家を守り続けてきたのが、次男の吉二郎だ。吉之助にとっては大切な弟であったが、「一生に一度、侍らしく戦場を駆け回りたい」という願いと共に従軍した戊辰戦 … 続きを読む

【2.5次元リポート】加州清光が魅せる情熱的な“出陣”「ミュージカル『刀剣乱舞』加州清光 単騎出陣2018」

アイドル2018年10月14日

 名だたる刀剣が戦士の姿となった“刀剣男士”を収集・育成する大人気PCブラウザ・スマホアプリゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」を原案としたミュージカル『刀剣乱舞』。同作に登場する刀剣男士のうちの一振りである加州清光による2度目のソロライブ、 … 続きを読む

【映画コラム】ファンタジーの力を借りて、子どもたちの心の成長を描いた『バーバラと心の巨人』と『ルイスと不思議の時計』

映画2018年10月12日

 ファンタジーの力を借りて、子どもたちの心の成長を描いた2作が相次いで公開された。まずは、一人の風変わりな少女が主人公の『バーバラと心の巨人』から。  世界を滅ぼすという伝説の巨人の来襲を信じる少女バーバラ(マディソン・ウルフ)は、奇異な言 … 続きを読む

【インタビュー】『止められるか、俺たちを』門脇麦「これこそ“キラキラ映画”」白石和彌監督「当時の若松さんたちの情熱を焼きつけたかった」

映画2018年10月12日

 1960年代後半から70年代にかけてエッジの利いた作品を次々と送り出し、若者たちの絶大な支持を集めた若松プロダクション。鬼才・若松孝二を中心に、そこに集った若い映画人たちの型破りで熱い生きざまを描いた鮮烈な青春群像劇『止められるか、俺たち … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top