【インタビュー】「連続ドラマW ダブル・ファンタジー」水川あさみ、「表現こそ自由」コンプライアンスまみれの世界に覚える憂いと反抗心

2018年6月1日 / 12:00

 「コンプライアンス」「自主規制」が叫ばれる昨今、それはドラマや映画にも影響し、思わず首をかしげるシーンが増えた。女優・水川あさみも「無理やり車に乗せられた人が、次の場面ではシートベルトをしていて、なんで?と思う」と苦笑いする。そもそも架空の物語なのだから現実社会のルールをガチガチに適用する必要はないのだが、そうもいかず、なんとも窮屈になってしまったこの世界で、水川は不倫と大胆な性描写を描いた衝撃作でヒロインを演じ、物おじせずに「表現こそ自由」と訴える。その胸に秘めた思いとは…。

水川あさみ

 直木賞受賞作家・村山由佳氏の同名小説が原作の本作は、夫の支配と性の不一致から逃れるために家を出た35歳の女性脚本家・高遠奈津が、次々と男に抱かれ、性の快楽に溺れながらも、女の人生を生き尽くす姿を描いた官能ドラマだ。

 20年以上のキャリアを持ち、これまでにさまざまな役柄を演じてきた水川だが、「大胆な性描写のある作品や役に出会ったことがなかった」という。そのため、「とても驚きましたが、34歳というこの年になってこそできるのかなと思ったし、今までにない自分が引き出されたらいいなと思ってチャレンジしました」とオファーを受けた当初を振り返った。

 そうして不安と緊張を抱えながら飛び込んだ現場だが、ぬれ場のシーンでは「スタッフが、いかにきれいに、セクシーに見えるかを真剣に考えてくれて、みんなで作り上げていく感じがあった」そうで、「身構えていたのがばかみたいでした」とあっけらかんと笑った。

 水川は、自由を求める奈津に共感するものの、「求める欲の幅が大きいから大変ですね…(笑)」と客観視すると、「肉体的に満たされることで、精神的な充足感を得るところは男性的だと思うので、奈津のそういう部分を理解することは大変難しかったです」と苦労ものぞかせた。

 とはいえ、本作を通じて得たものは大きく、役の幅が広がっただけでなく、「女性にしかできない役をできたことは自信になりました」とにっこり笑う。なぜなら、女優という仕事は、目まぐるしい撮影に耐えるタフな肉体と精神が必要で、時折「女である自分がどこにいるのか忘れたりする」のだとか。だからこそ、奈津を演じることで「ちゃんと自分の中に女がいると確認できた」と安堵(あんど)したという。

 さらに「新しいことにチャレンジすることは、年齢を重ねるごとに怖くなるけど、そういうことに屈しないメンタルでいたい」と今後も挑戦し続ける姿勢を見せた。

 そんな水川は、本作について「社会的秩序を論破した作品だから、爽快と思ってくれる人がいてくれればうれしい。それに、奈津は性の部分での自由を求めたけど、何に自由を求めるかは人それぞれだから、たくさんの女性の背中を押す作品になればいいな」と目を輝かせた。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元インタビュー】映画『メサイア』最新作、杉江大志が最先端アクションで見せる「一瞬の緊張感」

映画2018年11月14日

 高殿円の小説『MESSIAH -警備局特別公安五係』を原案とし、テレビドラマや舞台、実写映画などのメディアミックスを展開している「メサイア・プロジェクト」の映画シリーズ4作目となる『メサイア -幻夜乃刻-』が11月17日から公開される。本 … 続きを読む

【インタビュー】『ラプラスの魔女』三池崇史監督 “バイオレンス監督”の称号に疑問…それでもバイオレンスを撮る理由とは?

映画2018年11月13日

 ベストセラー作家・東野圭吾の同名小説を、嵐の櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰ら豪華キャストで実写映画化した映画『ラプラスの魔女』のBlu-ray&DVDが11月14日にリリースされる。本作を手掛けたのは“バイオレンス映画の巨匠”三池崇史監督。劇 … 続きを読む

「若い頃の伊藤博文の写真が僕に似ていたので、自信が付きました」浜野謙太(伊藤博文)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年11月12日

 岩倉使節団の一員として欧米視察に出ていた大久保利通(瑛太)が帰国。朝鮮との外交問題を巡り、西郷隆盛(鈴木亮平)率いる留守政府組との対立が表面化する。そんな状況下、政府内に居場所を失った大久保に接近したのが元長州藩士たち。その中には、後の初 … 続きを読む

「長所も短所も、江藤と僕はものすごく似ています」迫田孝也(江藤新平)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年11月11日

 西郷隆盛(鈴木亮平)、大久保利通(瑛太)らを筆頭に、維新に功績のあった薩長土肥の旧藩士たちが中核を占める明治新政府。その中で、元佐賀藩士として活躍するのが、「維新の十傑」「佐賀の七賢人」にも挙げられた江藤新平だ。西郷と共に、欧米視察に出た … 続きを読む

【映画コラム】本物の4人がそこに映っているかのような錯覚に陥る『ボヘミアン・ラプソディ』

映画2018年11月10日

 1970年のメンバー同士の出会いから85年のライブエイドでのパフォーマンスまで、ロックバンド・クイーンの紆余(うよ)曲折の軌跡を、リードボーカルのフレディ・マーキュリーの屈折と葛藤を中心に描く『ボヘミアン・ラプソディ』が公開された。監督は … 続きを読む

page top