【インタビュー】『デッドプール2』ライアン・レイノルズ「僕とデッドプールは、境界線が分からないぐらいかぶっています」

2018年5月31日 / 16:35

 マーベル史上、最も過激かつ下品なヒーローとして人気を博すデッドプールの活躍を描く最新作『デッドプール2』。6月1日の公開を前に主演のライアン・レイノルズが来日し、「ドキドキTOKYOバスツアー」が行われた。六本木、渋谷のスクランブル交差点、増上寺を巡る中、ライアンがインタビューに応じ、映画に対する思いを語った。

増上寺を訪れたライアン・レイノルズ

-デッドプールというキャラクターについてどのように考えていますか。

 デッドプールは、コミックの世界の中でもとてもユニークな存在です。彼は他のスーパーヒーローが言えないことを言えたり、やれないことができるという特権を持っています。ダーティーなところもあるし、道徳的にも曖昧です。だからこそ観客の共感を呼ぶのだと思います。彼はキャプテン・アメリカやスーパーマンのようではなく、“昨日よりはまだまし”というタイプのヒーローです。

-デッドプールを演じるにあたって影響された人はいますか。

 コメディーということで言えば、一番影響を与えてくれたのは父です。僕は4人兄弟の末っ子だったのですが、何かつらいことがあったときや、いじめられたときには、防衛手段としてユーモアで切り抜けていました。そういう意味では、デッドプールにも通じるところがあると思います。父はとてもユーモアが好きでした。父を通して、バスター・キートンやハロルド・ロイド、マルセル・マルソー、ジャック・ベニーたちのコメディーをよく見ていました。少し後になると、不謹慎な笑いを得意とするビル・マーレイやチェビー・チェイス、エディ・マーフィたちのまねをしました。自分のスタイルを確立できたのは35歳ぐらいからです(笑)。

-普段、心掛けていることはありますか。

 撮影に入る前はハードなトレーニングをします。特にデッドプールの場合は、毎日2時間はワークアウトをして、食事にも気を使います。こういう役は大きく見せなければならないので、筋肉を付けて体重を増やしたりもします。25歳の頃は、コンクリートの上で転んでも、ユーモアとして笑えましたが、41歳になって、コンクリートの上で転んだら痛いですし、けがもします(笑)。それは恐ろしいことなので、十分にトレーニングをして、撮影に支障がないようにする、ということは心掛けています。

-デッドプールに自分自身のことを反映させている部分が多々あるように見えますが…。

 僕は自分をネタにするのがとても好きなんです。自分を笑えないと詰まらないと思うし、それがまさにデッドプールの精神だと思います。僕とデッドプールは、境界線が分からないぐらいかぶっています。ただ、やり過ぎるとストーリーに集中できなくなるので(笑)、そこは気を付けています。

-ご自身が考えたアイデア、せりふなどで特に気に入っているものは?

 デッドプールの足が赤ちゃんの足になるシーンは、全て自分が書いたのでお気に入りのシークエンスです。後は、いろいろなポップカルチャーのことを入れ込んでいるところも好きです。脚本は僕も含めて3人で書いているのですが、けんかをすることもなく、互いにアイデアを出し合って、楽しみながらやっています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】The Brow Beat HAKUEI×Ryuji「破竹の勢いで進み続けたい」 待望の全国ツアーに向け発進!

音楽2018年12月11日

 PENICILLINのHAKUEIトータルプロデュースのもと、俳優・佐藤流司がアーティスト「Ryuji」として結成したバンドプロジェクト「The Brow Beat」。2019年1月1日には、待望の2nd Album「Hameln」の発売 … 続きを読む

【インタビュー】『青の帰り道』清水くるみ「台本を読んで、母親とぶつかった反抗期の自分を思い出しました」

映画2018年12月10日

 夢への挑戦、挫折、葛藤…。誰もが経験する青春の痛みと成長を、真野恵里菜、横浜流星ら注目の若手俳優総出演で描いた群像劇『青の帰り道』が、12月7日に全国公開された。母親との関係に悩みながら、さまざまな経験を経て成長していく少女キリを演じたの … 続きを読む

「学芸員の先生が『桂久武は井戸田さんにピッタリ』と言ってくれたおかげで、気持ちよく演じることができました」井戸田潤(桂久武)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年12月9日

 名門・島津家の血筋に生まれ、家老を務めるなど、幕末から明治初期にかけて活躍した元薩摩藩士・桂久武。西郷隆盛(鈴木亮平)とは若い頃から深い親交を結び、西南戦争にも同行することとなった。演じたのは、人気お笑いコンビ、スピードワゴンの井戸田潤。 … 続きを読む

「新八を演じたこの1年、とても貴重な経験をさせていただきました」堀井新太(村田新八)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年12月9日

 ついに幕を開けた西南戦争。新政府軍と反乱士族たちの争いであると同時に、幼なじみである西郷隆盛(鈴木亮平)と大久保利通(瑛太)にとっては苦渋の戦いとなった。そしてもう1人、西郷と共に戦う道を選んだ幼なじみが、村田新八である。かつては共に島流 … 続きを読む

【映画コラム】実話を基にしたアジア映画『パッドマン 5億人の女性を救った男』『暁に祈れ』

映画2018年12月8日

 今回は相次いで公開された、実話を基にしたアジア映画を2本紹介する。  まずは、インド映画『パッドマン 5億人の女性を救った男』から。こちらは、愛妻を楽にしたい一心で始めた工夫が、安全で安価な生理用品の普及につながったというひょうたんから駒 … 続きを読む

page top