【インタビュー】「ミス・シャーロック」竹内結子「シャーロックは、鍵のかかった部屋がたくさんある謎の多い人」

2018年4月27日 / 20:34

 世界一有名な探偵、シャーロック・ホームズ。これまで何度も映像化されてきたこの名作ミステリーが、現代の東京を舞台によみがえる。しかも、主人公のシャーロックは女性だ。コナン・ドイルの原作をリスペクトしつつ、大胆な新解釈を加えたこの作品に主演したのは竹内結子。4月27日からHuluの日本国内での配信に加え、世界19カ国で同日放送される本作の演技に込めた思いを聞いた。

シャーロックを演じる竹内結子

-オファーを受けたときの気持ちは?

 まず純粋に面白そうだなと。シャーロック・ホームズを今の日本に置き換えて、女性コンビにする。そうすると、きっと目線やそのありさまなどがいろいろと変わるはず。それがどう日本風になるのかが楽しみで、やってみたいと思いました。

-最初に話を聞いて、魅力を感じたのはどんなところでしょうか。

 最初にお話を頂いたとき、仮の台本を読んで一番、魅力を感じたのが、主人公シャーロックのキャラクターです。ものの言い方はひどいし、他人に冷たく、思いやりがない。いわゆる日本的な「おもんばかる」という部分がゼロの、ものすごく変な人です。だけど、どこか憎めない。そんな彼女が、いかに相棒の和都との距離を詰め、友情を芽生えさせていくのかが楽しみでした。

-シャーロック・ホームズを主役にした作品はこれまでも数多く作られていますが、演じる上で他の作品は参考にしましたか。

 影響を受けたくなかったので、他の作品は見ないようにしました。途中まで見ていたベネディクト・カンバーバッチさんの「SHERLOCK/シャーロック」も中断(笑)。コナン・ドイルの原作も、初期の作品を読み直してみましたが、「きっと生い立ちに触れる」と思い、途中でやめました。

-演じる上で重視した点は?

 探偵という部分よりも、シャーロックという“変な生きもの”になれたら、ということですね。普通、事件や謎を解決するときは、必ず正義感や何らかの目的があります。だけど、彼女にはそういったものが一切ない。ただただ、目の前で起きていることに対する好奇心で動いている。なので、そこに重点を置こうと。

-シャーロック・ホームズと言えば、相棒のワトソンが欠かせません。本作でシャーロックの相棒を務めるのは、貫地谷しほりさんが演じる橘和都です。お二人の掛け合いも見どころですが、貫地谷さんとコンビを演じた感想は?

 まず思ったのが、「人を振り回すのは大変」(笑)。最初のうちは戸惑いました。今までは、相手のお芝居を受けてリアクションを返すような役が多かったので、自分から発信するとなったときに、どうしたらいいものかと。「ここかな?」というところを探り当てるのに、とても苦労しました。

-その辺りは、やっていきながら?

 そうですね。和都さんが「なぜそういう言い方しかできないの」とリアクションを返してくる。ということは「私、結構ひどいことを言っているんだな。そういうことか、なるほど」という感じで。その傍若無人ぶりをつかむまでが大変で、貫地谷さんに「どうしよう?」と、話を聞いてもらったりもしました。

-和都とのコンビを通して、シャーロックという人物をどんなふうに捉えましたか。

 最初に台本を読んだ印象では、他の誰かを必要とせず、独りでいるのが楽しい人なんだと思っていたのですが、和都さんの目を通したら、寂しがり屋な面が見えてきました。実はものすごく誰かを欲しているんだろうなと。小さな子どものようで、かわいく思えてきました。

-演じてみて、竹内さんご自身と重なる部分はありましたか。

 重ねたくないというのが正直なところです(笑)。でも、演じる以上、共感できる部分がないと理解しにくい。ということは、自分にもそういう要素が少しはあるんだろうなと。そう考えると、好きなものに対して熱く語るところや、集中したときは、人の話が耳に入らないところは私にもあるなと。ただ、台本から読み解くには謎の多い人で、最後まで鍵のかかった部屋がたくさんある感じでした。そのつかみ切れないところが魅力かな、とも思いましたが。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「マシーン日記」大倉孝二「ユーモアは僕の第一優先事項」

舞台・ミュージカル2021年1月22日

 シアターコクーン芸術監督の松尾スズキが、話題のクリエーターたちを指名し、自身の過去の作品を新演出でよみがえらせるシリーズ、COCOON PRODUCTION 2021「マシーン日記」が、2月3日から上演される。本作は、松尾が1996年に書 … 続きを読む

【映画コラム】ディケンズの古典を今風に映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』

映画2021年1月21日

 チャールズ・ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』を、『スターリンの葬送狂騒曲』(17)のアーマンド・イアヌッチ監督(イタリア系のスコットランド人)が映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』が、1月22日から公開される。  ディケン … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

page top