【2.5次元インタビュー】新シリーズ始動! 和田雅成が紡ぐミュージカル「薄桜鬼 志譚」土方歳三篇 明治座公演

2018年4月27日 / 15:20

 シリーズ累計100万本を超える大人気ゲームを原作にした、ミュージカル「薄桜鬼」。若手実力派俳優陣の熱い演技と、原作を忠実に再現した物語、そして殺陣とダンスと歌で新選組を表現するという斬新な演出で観客を魅了し、シリーズを重ねてきた。11作目となるミュージカル「薄桜鬼 志譚」土方歳三篇からは、幕末を駆け抜けた新選組の志士たちの志の物語という意味を込めてタイトルを改め、演出に西田大輔を迎えて新たにスタート。新神戸オリエンタル劇場での公演を終え、28日からの東京・明治座公演を控えた土方歳三役の和田雅成、沖田総司役の山崎晶吾、斎藤一役の納谷健、近藤勇役の井俣太良、風間千景役の中河内雅貴が本作への思いを語った。

「薄桜鬼 志譚」土方歳三篇のキャストたち

-神戸公演を終えた感想をお願いします。

和田 初日のカーテンコールを終えたときに、お客さまが愛を持って見てくれていたことをすごく感じました。で、それに応えるかのように、それに引き出されるように、役者のみんながすごくいい顔をしていて、僕はその瞬間に、一つ新しい「薄桜鬼」が生み出せたんじゃないかなと感じました。

中河内 僕は久しぶりに2.5次元の舞台に帰ってきたんですが、こんなにも多くのお客さまに支えられて舞台に立てる喜びを改めて実感しました。

山崎 神戸公演を終えて、この「薄桜鬼」が愛されている作品だなというのも改めて感じましたし、また、終えてからさらに責任感もあるなというのを感じました。初心に戻ってまた頑張っていきたいと思います。

納谷 「薄桜鬼」には前作から引き続き2作目(の出演)なので、今までの「薄桜鬼」を引き継ぐ役として、懸け橋となるように努めてきたんですけど、「志譚」として新しい形を成して、神戸公演で認めていただいたとカーテンコールですごい感じました。

井俣 僕自身は、本作が(「薄桜鬼」シリーズへの出演は)10作目です。この作品のすごいところは、やればやるほど、作品が持つパワーが、俳優たちの血を巡ること。神戸もステージを重ねていくうちに、みんなが覚悟を持つ顔になって、そして、さまざまな感情を手に入れていっているのを見ました。お客さんもそれを感じて、たくさんの温かい拍手をいただけたのでホッとしています。

-本作から、新シリーズ「志譚」として始動しましたが、新シリーズへの思いは?

和田 僕は本作からの参加なので、新しいと言われても分からないのですが…でも、演出が西田さんに変わったのは、「薄桜鬼」にとって大きいことだと思います。西田さんが、僕たちに(稽古場で)「新しい風を吹かそう」と投げてくださっていました。その新しい風を吹かすために、僕たちはどれだけのことをしなくちゃいけない、どれだけのことをしたら新しい風が吹くかということを、新キャストも続投のキャストも、妥協することなく考えてきました。みんなが、新しいものを生み出そうという気持ちになったことはとてもうれしかったです。

中河内 僕は、和田くんと一緒です。

全員 (笑)。

和田 待って待って待って(笑)。

中河内 いやもう、本当、全部言われたなと思って(笑)。…演出家が変わって、見るお客さまにどんどん刺激を与えているような作品になっているんじゃないかなと思っています。そして、前任者たちのいろんな思いを引き継ぎながら、僕たちが精いっぱい、この役とこの作品を愛することによって、また魅力が伝わるんじゃないかなと思って務めさせていただいている所存でございます。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【芸能コラム】生活保護、出産…。社会の問題と向き合う漫画原作ドラマ 「健康で文化的な最低限度の生活」「透明なゆりかご」

ドラマ2018年8月14日

 興行ランキングをにぎわせる大ヒット映画から視聴率が話題となる人気テレビドラマまで、今や日本の映像文化は漫画原作なしには成立しない。その中でも特に注目を集めるのは、やはり華やかなエンターテインメント作品。だが、一口に「漫画原作」といってもそ … 続きを読む

地味な弟から頼もしい食堂の3代目店長へ!斜め上行く展開に「人生いろいろあるな…」上村海成(楡野草太)【「半分、青い。」インタビュー】

ドラマ2018年8月13日

 子どもの頃は一つ違いの快活な姉・鈴愛(永野芽郁)に隠れて目立たなかったが、大学生活を経て就職、結婚し、今ではつくし食堂の3代目店長になるほど頼もしい存在となった草太役を好演している上村海成。斜め上いくキャラクター展開に驚きながらも、丁寧に … 続きを読む

「これで当たったら、また紅白の司会ができるかも(笑)」笑福亭鶴瓶(岩倉具視)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年8月12日

 公武合体を推し進めた実力者でありながら、朝廷を追われた今は粗末な家に蟄居(ちっきょ)し、生活のために夜な夜な自宅で賭場を開く異端の公家・岩倉具視。だが、西郷吉之助(鈴木亮平)や大久保一蔵(瑛太)らに協力し、やがて明治維新の立役者となる。そ … 続きを読む

【映画コラム】男たちが間抜けに見えるところが肝心な『オーシャンズ8』

映画2018年8月11日

 緻密な計画を基に、それぞれのメンバーが得意技を駆使して強盗を行う犯罪チーム、オーシャンズの活躍を描いたシリーズをリブートした『オーシャンズ8』が公開された。  今回は、リーダーのダニー(ジョージ・クルーニー)の妹デビー(サンドラ・ブロック … 続きを読む

【インタビュー】『オーシャンズ8』サンドラ・ブロック チームワークやリーダーについて語る

映画2018年8月10日

 ターゲットは1億5000万ドルの宝石、舞台は全世界に配信中のファッションの祭典。『オーシャンズ』史上、最も大胆かつゴージャスな犯罪計画は果たして成功するのか…。10日公開の『オーシャンズ8』で、チームリーダーのデビ―・オーシャンを演じたサ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top