【インタビュー】「ブラックペアン」葵わかな 「『ブラックペアン』の中で頑張っている美和をこっそり応援していただけたらと思います」

2018年4月13日 / 17:27

 4月22日からTBS系でスタートする日曜劇場「ブラックペアン」(毎週日曜午後9時放送)で、新人看護師の花房美和を演じる葵わかな。“オペ室の悪魔”こと渡海征司郎(二宮和也)が、嫉妬渦巻く大学病院という巨大な組織に真っ向から立ち向かっていく姿を描く本作で、看護師として成長していく美和を等身大で演じている葵に、ドラマの見どころなどを聞いた。

撮影/田中舞

-連続テレビ小説「わろてんか」終了後、初めてのドラマ出演で、新人看護師の役ですね。

 朝ドラをやっているときも、時々「これが終わったら、次はどんな役で、どんな作品と関わることになるかなあ」と考えていましたが、まさか看護師さんの役だとは想像もしていませんでした。でも、とても演じがいのある役ですし、自分の知らない世界が舞台なので、ドキドキしましたが、それに挑戦させていただけることはうれしかったです。

-今回演じる花房美和はどんなキャラクターですか。

 台本を読んだときに、きっと美和は人を助けたいという純粋な気持ちから看護師を目指したのではないかと思いました。でも実際になってみると、理想と現実の違いに四苦八苦している状況なのかなあと。その美和が、いろいろなことを経験する中で、成長していく姿を表現することができたらすてきだなあと思っています。美和は新人で分からないことの方が多いので、今の自分にとても合っている気がして演じやすいです。美和はありのままの自分を生かせる部分が多い役ですが、もしお医者さんの役だったら、できないことをできるように見せなければならないので、そちらの方が大変だったと思います。今は演じながら学ぶことがたくさんあると感じています。

-共演している二宮和也さん、竹内涼真さんの印象は?

 二宮さんは、とても優しくて気さくな方なのですが、実はとても細やかな方だと思います。撮影のときは、私は叫んだり、走ったりすることが多くて、とても忙しいんですけど、「カット」の声が掛かると、一気に「ふわー」と力が抜けた感じになります。それは主に二宮さんが作っている雰囲気なので、すごい方だなあと思います。涼真さんは、スポーツマンだと聞いて納得できるような方で、テンションの上げ方とか、体の使い方がすごいと思います。手術のシーンはチームワークが大事なのですが、涼真さんは状況を見極めて、いろいろと指示を出してくださるので、あー、チームプレー(サッカー)をされてきた方なんだなと思いました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元インタビュー】西銘駿、舞台「ダンガンロンパ3」主演に「ワクワクが大きい」

アイドル2018年7月16日

 「ダンガンロンパTHE STAGE〜希望の学園と絶望の高校生〜」(初演14、再演16)、「スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE〜さよなら絶望学園」(初演15、再演17)に続く、舞台化シリーズ第3弾となる「ダンガンロンパ3 THE … 続きを読む

「僕と小栗さんの関係が、西郷さんと坂本龍馬に似ていると思いながら演じています」鈴木亮平(西郷吉之助)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年7月15日

 吉之助が島から召還され、物語が大きく動き始めた大河ドラマ「西郷どん」。京に上った吉之助は、坂本龍馬(小栗旬)、勝海舟(遠藤憲一)、岩倉具視(笑福亭鶴瓶)、桂小五郎(玉山鉄二)といった英傑たちと出会い、明治維新に向かって突き進んでいく。通称 … 続きを読む

【映画コラム】オリジナルへの回帰的な側面もある『ジュラシック・ワールド/炎の王国』

映画2018年7月14日

 前作『ジュラシック・ワールド』(15)から3年後を舞台した『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が公開された。  恐竜たちが放置されたままのイスラ・ヌブラル島の火山が噴火の兆候を示し始める。恐竜たちを見捨てるのか、保護するのかの議論が行われ … 続きを読む

【2.5次元インタビュー】佐奈宏紀&長江崚行、バカリズムが描く「ひらがな男子」は「新しい波の中にある作品」

アイドル2018年7月13日

 日本テレビで放送中のバラエティー番組「アイキャラ」で、バカリズムの原案によって生まれた、ひらがなを擬人化したキャラクター「ひらがな男子」。ゲームアプリ、そして劇場版上映とメディアミックスで展開される中、7月20日からは舞台版が上演される。 … 続きを読む

劇中映画も自ら撮影!映画監督役に感じる「大きな必然」斎藤工(元住吉祥平)【「半分、青い。」インタビュー】

ドラマ2018年7月9日

 漫画家の夢破れた鈴愛(永野芽郁)の新たな人生を描く「人生・怒涛 編」で、鈴愛が出会う“魅惑のだめんず”の一人で、いっこうに新作が撮れない芸術家肌の映画監督・元住吉祥平を演じる斎藤工。今年公開された初の長編監督映画『blank13』で映画監 … 続きを読む

page top