【インタビュー】「ブラックペアン」葵わかな 「『ブラックペアン』の中で頑張っている美和をこっそり応援していただけたらと思います」

2018年4月13日 / 17:27

 4月22日からTBS系でスタートする日曜劇場「ブラックペアン」(毎週日曜午後9時放送)で、新人看護師の花房美和を演じる葵わかな。“オペ室の悪魔”こと渡海征司郎(二宮和也)が、嫉妬渦巻く大学病院という巨大な組織に真っ向から立ち向かっていく姿を描く本作で、看護師として成長していく美和を等身大で演じている葵に、ドラマの見どころなどを聞いた。

撮影/田中舞

-連続テレビ小説「わろてんか」終了後、初めてのドラマ出演で、新人看護師の役ですね。

 朝ドラをやっているときも、時々「これが終わったら、次はどんな役で、どんな作品と関わることになるかなあ」と考えていましたが、まさか看護師さんの役だとは想像もしていませんでした。でも、とても演じがいのある役ですし、自分の知らない世界が舞台なので、ドキドキしましたが、それに挑戦させていただけることはうれしかったです。

-今回演じる花房美和はどんなキャラクターですか。

 台本を読んだときに、きっと美和は人を助けたいという純粋な気持ちから看護師を目指したのではないかと思いました。でも実際になってみると、理想と現実の違いに四苦八苦している状況なのかなあと。その美和が、いろいろなことを経験する中で、成長していく姿を表現することができたらすてきだなあと思っています。美和は新人で分からないことの方が多いので、今の自分にとても合っている気がして演じやすいです。美和はありのままの自分を生かせる部分が多い役ですが、もしお医者さんの役だったら、できないことをできるように見せなければならないので、そちらの方が大変だったと思います。今は演じながら学ぶことがたくさんあると感じています。

-共演している二宮和也さん、竹内涼真さんの印象は?

 二宮さんは、とても優しくて気さくな方なのですが、実はとても細やかな方だと思います。撮影のときは、私は叫んだり、走ったりすることが多くて、とても忙しいんですけど、「カット」の声が掛かると、一気に「ふわー」と力が抜けた感じになります。それは主に二宮さんが作っている雰囲気なので、すごい方だなあと思います。涼真さんは、スポーツマンだと聞いて納得できるような方で、テンションの上げ方とか、体の使い方がすごいと思います。手術のシーンはチームワークが大事なのですが、涼真さんは状況を見極めて、いろいろと指示を出してくださるので、あー、チームプレー(サッカー)をされてきた方なんだなと思いました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アンダードッグ』森山未來、勝地涼「この映画が、皆さんの背中を押せるようなものになればいいと思います」

映画2020年11月20日

 多数の映画賞を受賞した『百円の恋』(14)から6年。監督・武正晴、脚本・足立紳らのスタッフが、再びボクシングを題材に、不屈のルーザー=負け犬たちに捧げた映画『アンダードッグ』が、11月27日から公開される。本作で、主人公の崖っぷちボクサー … 続きを読む

【インタビュー】舞台「ROAD59-新時代任侠特区-」砂川脩弥「普通の極道と新時代の任侠の違いを見せられたら」 井上正大「メディアミックスの展開を見すえた役作りをしていきたい」

舞台・ミュージカル2020年11月20日

 12月24日から舞台「ROAD59-新時代任侠特区-」が上演される。本作は、「BanG Dream!(バンドリ!)」、「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」、「D4DJ」 に続く、ブシロードの新たなメディアミックス・プロジェクトの第1弾。新 … 続きを読む

【インタビュー】『泣く子はいねぇが』仲野太賀「等身大の自分を余すことなく表現できると思った」吉岡里帆「プレッシャーで、頭がはち切れそうでした(笑)」同い年の2人が真正面から向き合った撮影の舞台裏

映画2020年11月19日

 仲野太賀と吉岡里帆。人気と実力を兼ね備えた同い年の2人が、真正面から芝居で向き合った映画が公開される。大人になり切れない青年の成長を温かなまなざしで見詰めた『泣く子はいねぇが』(11月20日(金)公開)だ。舞台は秋田県の男鹿半島。娘が生ま … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top