【インタビュー】パラリンピックドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM」ナビゲーター・西島秀俊「未来を信じる生き方、明るさを、自分も家族に伝えていきたい」

2018年2月2日 / 18:58

 WOWOWと国際パラリンピック委員会(IPC)の共同プロジェクトで、パラアスリートたちの競技への取り組みや人生に迫るドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM」。2016年からスタートし、東京パラリンピックが開催される2020年まで、5年間にわたって放送される大型番組だ。ナビゲーター・ナレーターを務めるのは、俳優の西島秀俊。平昌パラリンピック開幕を控え、2月の放送から冬季競技のメダリスト3人が登場するのを前に、西島に番組への思いや、選手たちの生き方から受けた影響などを聞いた。

ドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM」のナビゲーター・ナレーターを務める西島秀俊

―この番組のナビゲーター・ナレーターというお話が来たとき、どのようにお感じになりましたか。

 僕自身が、パラリンピックについて詳しくなかったので、「視聴者の皆さんと一緒に勉強させていただくという形でお願いできますか?」ということで受けさせていただきました。でも、まさに僕も視聴者の立場になってしまい、ナレーションをやりながら感動して、涙が出たり、声が震えそうになったりする瞬間が、毎回あります。感動で声が震えて、撮り直しになったこともあります。もちろん収録前に映像を見て予習しているのですが、やっぱりそうなってしまうんです。

―ナレーションにはどんなことが求められますか。

 一般的なスポーツドキュメンタリーより、選手たちの生活や家族、生きていく上での考え方などに寄っている番組です。素晴らしいチームが、長期間をかけて取材していて、選手たちが、家族との時間など、プライベートな場にも取材陣を連れて行き、番組に対して心を開き、信頼を寄せているのが分かります。そのような番組なので、「盛り上げていくナレーション」というより、もっと繊細な演出を監督がしてくださいます。「ここはもっと気持ちを込めて」とか、「もっとパーソナルな声でいいです」とか。旅をしている選手も多いので「旅情を込めて」とか、非常に抽象的な指示もあったりします。要求が結構厳しいんですよ(笑)。

―この仕事を通じて、体の障害に対して、捉え方が変化したようなことはありますか。

 やはり、「個性なんだ」ということです。それは選手たちも、皆さんおっしゃっています。皆さん、競技も楽しむし、家族もすごく大事にして、プライベートも、友だちとの時間も楽しんで過ごされている。「これだけ充実した人生を、僕は生きられるのだろうか?」ということをすごく感じるようになりました。「俺も、もっとこの人たちのように充実した人生を送りたい。いや、充実させるんだ!」と僕自身が思います。自分に返ってくる番組です。

―具体的に、選手たちの生き方のどのような部分に、西島さんは一番影響を受けましたか。

 僕がこのシリーズで感動してしまうのが、選手と家族の絆の部分なんです。(病気や事故などで体にハンディキャップを負った)彼らを、ご両親やおじいちゃん、おばあちゃんなどのご家族がサポートしているケースが多いのですが、みんなめちゃくちゃ明るいんです。ものすごく明るくて、ポジティブで、未来を信じていて、その生き方を子どもに伝えていき、子どもがそれを信じて突き進んでいく。そして、選手本人がパートナーや子どもたちとの時間をものすごく大切にし、その明るさを伝えている感じがします。「僕もこうありたい」と思います。

―どのような方にこの番組を見てもらいたいですか。また、見た方に「こんなことを感じてもらえたら」という思いはありますか。

 シーズン1も、僕の周りの友人たちにも反響がものすごく大きかったんです。「すごく感じるものがあった」と。スポーツに特別興味がない友人も、感動していました。ですから、パラリンピックのドキュメンタリーですけれども、パラリンピックに興味がない人にも、ぜひ見ていただきたい。日常生活、生き方、人生のドキュメンタリーなので、普段スポーツに興味がない方も、見ていただきたいなと思います。僕はとにかく、人生をこんなにもエンジョイしている選手たちに嫉妬するぐらいの感動を覚えました。ぜひ、見ていただいた方々にも、彼らの輝きを見ていただき、日々の生活への活力を得たり、「もっと、もっと」と、より豊かな人生を送るエネルギーのようなものを得ていただけたらいいなと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『おいしい家族』松本穂香・板尾創路・ふくだももこ監督 「どんな形でも、つながっていれば家族。『あなたはあなたでいい』と伝えたい」

映画2019年9月19日

 仕事も結婚生活もうまくいかず、都会の生活に疲れた橙花(とうか)は、母の三回忌をきっかけに、離島にある実家へと帰る。ところが、そこで彼女を待っていたのは、亡き母の服を着て「母さんになろうと思う」と告げる父・青治(せいじ)の姿。しかも実家には … 続きを読む

【2.5次元】リアルファイティング「はじめの一歩」The Glorious Stage!!インタビュー 後藤恭路&滝澤諒&松田凌「お客さまをゾクゾクさせたい」

舞台・ミュージカル2019年9月19日

 森川ジョージによる漫画「はじめの一歩」が舞台化され、リアルファイティング「はじめの一歩」The Glorious Stage!!として2020年1月に上演される。主人公の幕之内一歩を務めるのは、オーディションで抜擢された後藤恭路。そして、 … 続きを読む

【独占ニュース】ブラッド・ピットが語る『アド・アストラ』製作の裏側 「これまで僕が関わった中で一番大変な映画」

映画2019年9月19日

 人気俳優のブラッド・ピットが初めて宇宙に挑み、『メン・イン・ブラック』シリーズや日本のCM でもおなじみのトミー・リー・ジョーンズをはじめとする豪華な共演陣が話題となっている『アド・アストラ』が、9 月20 日(金)から公開される。本作で … 続きを読む

【インタビュー】『初恋ロスタイム』吉柳咲良、“ピーターパン”が映画の世界へ! 石原さとみ、深田恭子を輩出した「オーディションの名を汚せない」 

映画2019年9月18日

 1日1時間だけ時が止まるという不思議な現象の中で出会った男女の切ない初恋を描いたラブストーリー『初恋ロスタイム』(9月20日公開)。同作で、諦め癖がついてしまった浪人生・孝司(板垣瑞生)の心を徐々に変えていく、明るく行動的な女子高生・時音 … 続きを読む

【インタビュー】『君は月夜に光り輝く』月川翔監督 永野芽郁&北村匠海ダブル主演作は「『お涙頂戴の難病もの』ではなく、『生きることについての映画』という気持ちで作りました」

映画2019年9月17日

 第23回電撃小説大賞で大賞に輝いた佐野徹夜の小説を映画化した『君は月夜に光り輝く』のBlu-ray&DVDが9月18日にリリースされる。NHKの朝ドラ「半分、青い。」(18)の永野芽郁、『君の膵臓をたべたい』(17)の北村匠海とい … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top