【インタビュー】『おじいちゃん、死んじゃったって。』岸井ゆきの「森ガキ組でなければ、こんなに変われなかった」

2017年11月4日 / 13:59

 祖父の葬式のため、久しぶりに集まった家族の本音がぶつかり合う姿をユーモアたっぷりにつづった『おじいちゃん、死んじゃったって。』が、11月4日から全国公開された。岩松了、光石研、水野美紀といった実力派の俳優がそろう中、主人公・春野吉子を演じたのは、大河ドラマ「真田丸」(16)、「99.9-刑事専門弁護士-」(16)などで注目を集めた若手女優・岸井ゆきの。これが映画初主演となる岸井だが、その裏では大きな葛藤と成長を経験していた。

映画初主演の岸井ゆきの

 

-映画初主演が決まった時のお気持ちはいかがでしたか。

 まだまだドラマも映画もそんなに出ているわけでもなくて、経験値が全然足りていないような気がして、「背負えるんだろうか」というのが正直な気持ちでした。台本を読んでも、この作品に私が主人公でいることがなかなか想像できず、不安がとても大きくて。

-どうやって気持ちを切り替えたのですか。

 結局、やるしかないなって。腹をくくったというか。森ガキ組に入る前は、現場でコミュニケーションを取ることも少し苦手で。森ガキ(侑大)監督とも撮影に入る前に何度か役について話をする機会を頂いたのですが、何か質問されても「そうですね…」という感じの素っ気ない態度を取ってしまったり…。本当に申し訳なかったです(笑)。

-いつも明るく演じている岸井さんの姿を見ていると、意外に感じます。

 よく言われます(笑)。その頃は、群れないことがカッコいい、なんて思っていたところもあったんですよね。だけど、せっかく頂いた初めての主演というところでもあるし、自分が変わるいい機会なのかもしれないと思って。それまで閉ざしていた自分の心を、無理やりにでも開いてみようと覚悟を決めて現場に行ったんです。

-その結果は?

 無理やりこじ開けなくても、開けられる空気を森ガキ組の皆さんが作ってくれていました。私が主役であることには変わりないけど、みんなで一つの作品を作るんだという空気があったので、背負うものが軽くなりました。おかげで、自分のできることを一生懸命やるという方向にシフトすることができました。

-考え過ぎだったのでしょうか。

 行ってみたら、心配していたことは全部、自分の独り善がりだったと気付きました。実は、この作品が決まってから撮影に入るまでの間に、初めてのゴールデン(タイム)のドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」や(大河ドラマの)「真田丸」なんかも決まったんです。「きついけど、家賃を上げてみたら給料が上がった」みたいな話がありますけど、そういうふうに先に主演が決まって、少しずつだけど、そこに向けて進んでいっているのかもしれないと考えることができるようにもなりました。

-一歩踏み出したからこそ、得られた成果かも知れませんね。

 (ロケ地の)熊本に行く前、悩みを打ち明けられる友達ができたのも大きかったです。私、役の影響もあるのか、明るい子だと思われがちなんですが、もともとは1人で自問自答するような人間だったんです。でも友人ができて、心を開いたら楽になって…。今でも「主役」と言われると、「私が主役なんだよな…」と、どこか遠慮した気分になるんですけど、完成した映画は胸を張って「好き」と言える作品になりました。だから、私が主役だからというよりも、面白い作品だから見てほしいな、というのが今の素直な気持ちです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

「この映画を作りながら、プリンスが僕の人生を変えてくれたと言っても過言ではありません」『プリンス ビューティフル・ストレンジ』ダニエル・ドール監督【インタビュー】

映画2024年6月14日

 1958年に米ミネソタ州ミネアポリスで生まれ、住民のほとんどが白人という環境下で多感な青春時代を過ごしたプリンス(本名:プリンス・ロジャーズ・ネルソン)。自伝的映画『パープル・レイン』(84)とそのサントラのメガヒットで世界的スターとなっ … 続きを読む

Willfriends

page top