【インタビュー】『彼女がその名を知らない鳥たち』阿部サダヲ「したこともないし、これからもしないだろう、共感しない恋」

2017年10月27日 / 12:00

 出てくるのはゲスばっかり!? “共感度ゼロの最低な女と男たち”が繰り広げる沼田まほかる氏の人気ミステリー小説『彼女がその名を知らない鳥たち』が映画化され、10月28日(土)から公開される。蒼井優演じる十和子は、同居する陣治の稼ぎを当てにして自堕落な生活を送り、不倫に走る嫌な女…。そんな十和子に疎まれ、罵声を浴びせられながらも付きまとう下劣な男・陣治を演じているのが阿部サダヲだ。一見、共感し難いキャラクターを魅力的に演じた阿部に、役づくりの苦労や工夫などを中心に聞いた。

下劣な男・陣治を演じた阿部サダヲ

-初出演の白石和彌監督作品。監督の印象や、現場の雰囲気はいかがでしたか。

 映画『凶悪』(13)や『日本で一番悪い奴ら』(16)を見て、「怖い人」「悪い人」というようなイメージがありましたが(笑)、全然違いました。かわいらしい方で。監督のお芝居の作り方は、僕にはすごく合っていました。監督の頭の中にイメージが全てあり、動き方や演じ方を全部説明してくださる。それに対して蒼井(優)さんも反応がいい方なので、現場が止まるということがありませんでした。

-原作の舞台は大阪。関西弁で演じるご苦労はありましたか。

 相当苦労しました。方言指導の方にせりふを録音してもらったものを毎日聞いて、そして寝る、という感じでした。それをずっと聞いていないと不安でしょうがなかったんです。ロケもずっと関西だったので、なるべく日常会話も聞こうと思って居酒屋に行ったり、関西弁の友達としゃべったり。そうやっていても、やはり演じていて感情が入ってくると、イントネーションが変わってくるらしいんです。「このイントネーション違う」って感じた時に芝居が止まっちゃったりするのがいやなので、難しかったです。

-蒼井さんとの絡みが印象的でしたが、ベッドシーンは難しかったですか。

 恥ずかしがらないことですよね、きっと。僕はあんまりそういうのに慣れていないですけど、蒼井さんはすごく堂々としている人だから、やりやすかったですね。1、2回の撮影で終わるような。とにかく時間がかからないんですよ、蒼井さんは。「パパッとやって終わりましょう」というような感じで、さっぱりしたかっこいい人。白石監督も「こうすると、実際は触っていなくても、触っているように見えますよ」なんて指導してくださり、僕と蒼井さんも、「なるほど」「あっ、本当だ」なんていう感じでした(笑)。

-最近お茶の間で見る阿部さんは、「いいパパ」というようなイメージも強いのですが、陣治はそれとは正反対の「汚さ」を前面に出した役でした。役に入るために何か工夫をされましたか。

 陣治の役は、衣装もいくら汚れてもいいので、いろいろな所に寝転がっていました。ロケ現場の昭和っぽい畳敷きの部屋でも、コンクリートの上でも。寝そべってダラダラダラダラ。僕はたばこは吸わないんですけれど、役で使うたばこを吸ってダラダラしていました。お弁当も、落としてしまったものも食べていたもんなあ。陣治の気持ちになっていたんでしょう。

-しつこくて、十和子に疎まれながらも、十和子を支え、愛し続けていく陣治。かなり強烈なキャラクターであるにもかかわらず、見る人を引きつけますね。

 一番最初に監督に話を聞いた時から、「陣治にほれ込んでいるな」って強い思い入れを感じて、ただ汚いだけではなく、愛されるキャラクターを作っていかなきゃいけないと思いました。監督やスタッフさんたちも、陣治というキャラクターを作っていく中で、すごく陣治を愛しているのを感じました。現場では、僕と蒼井さんのシーンをまず撮っていって、後から松坂(桃李)くんや竹野内(豊)さんが来たんです。僕が愛されているところに、明日から悪いやつらが来るよっていう感じで、僕はすごく助かりました(笑)。

-駄目な登場人物たちの中で、駄目だけど少しは気持ちが理解できるような人はいますか。

 えー? この中で? いないですね(笑)。理解できないです。(8年前に別れたのに十和子が忘れられない黒崎俊一を演じる)竹野内豊さんと言いたいところだけど、駄目だもんなあ。一番駄目なのは(自分の性欲のためだけに動き、十和子と肉体関係を結ぶ水島真を演じる)松坂桃李くんでしょうね。どうしようもない、救いようがない男の役です。劇中でけがをするシーンなんかも、「痛い!痛い!」ってうるさかったもんなあ(笑)。けがの跡も自慢して生きていくようなタイプですね。

-衝撃的なラスト。不思議な余韻が残り、頭から離れなくなります。

 「えーっ!?」と思いました。どういうことなのって。ここまでの愛というか、うーん。僕自身は子どももいるし、ああいう恋をしたことがない。これから先もしないでしょうし…。共感はしないです。あの場面は長回しで撮るっていうのが決まっていたんです。しかも夕暮れ時で、スケジュール的に2回ぐらいしかチャンスがなかったという背景もあり、すごく気持ちが入っています。十和子の「はっ?」っていうあっけにとられたような表情もまた良かったですし。ラストシーンで鳥が飛んだんですよ。カラスだったんで、“その名を知らない鳥たち”じゃなくて名前を知っているんですけど(笑)。かなり盛り上がりました。

(取材・文・写真/千葉美奈子)

(C)2017映画『彼女がその名を知らない鳥たち』製作委員会

『彼女がその名を知らない鳥たち』
10月28日(土)新宿バルト9他全国ロードショー
配給:クロックワークス


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「生中継!第90回アカデミー賞授賞式」すみれ 「世界で戦わなきゃ!」みなぎる闘志でローラのハリウッド進出も後押し

授賞式2018年2月21日

 世界最高峰の映画の祭典「第90回アカデミー賞授賞式」のレッドカーペット・レポーターに起用された女優で歌手のすみれ。“映画オタク”を自称し、昨年はハリウッドデビューを果たしたすみれが、大役を任された喜びとともに、日本のみならず海外でも活躍す … 続きを読む

「満佐の優しさや愛情深いところは、吉之助に受け継がれています」西郷満佐(松坂慶子)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年2月18日

 薩摩藩主・島津斉彬(渡辺謙)の周辺で少しずつ時代が動き始める中、吉之助(鈴木亮平)が結婚。だがその一方、祖父・龍右衛門(大村崑)、父・吉兵衛(風間杜夫)、母・満佐が相次いで亡くなり、吉之助は文字通り西郷家の大黒柱となった。吉之助を愛情深く … 続きを読む

【芸能コラム】戦うヒーローの姿を通して、戦争の本質に迫る骨太なドラマ「仮面ライダービルド」

ドラマ2018年2月18日

 「平成仮面ライダー」シリーズ第19弾として昨年9月に始まった「仮面ライダービルド」(テレビ朝日系 毎週日曜午前9時放送)。さまざまな謎をはらみつつスピーディーに展開する物語や、若手俳優たちの生き生きとした演技など、見どころの多い作品となっ … 続きを読む

【映画コラム】綾瀬はるかをいかに美しく、魅力的に見せるかに力を込めた『今夜、ロマンス劇場で』

映画2018年2月17日

 映画の中から現実世界に現れたお姫様(綾瀬はるか)に恋をする映画の助監督(坂口健太郎)の姿を描いた『今夜、ロマンス劇場で』が好評を博しているという。  本作の時代設定は映画黄金時代の昭和35(1960)年。その割には、撮影所の点描や、『ロー … 続きを読む

【インタビュー】『今夜、ロマンス劇場で』坂口健太郎&本田翼 役へのアプローチの鍵は綾瀬はるかの“ナチュラルさ”と監督の“執念”

映画2018年2月13日

 モノクロ映画の中から飛び出してきたヒロインと、現実世界で映画監督を目指す青年のロマンチックで切ない恋模様を描いた『今夜、ロマンス劇場で』。本作で、坂口健太郎は高飛車な王女様・美雪(綾瀬はるか)に恋する青年・健司役、本田翼は健司に恋心を抱く … 続きを読む

page top