蒼井優、松坂桃李の“ゲス男”ぶり絶賛 「こんな薄いせりふをよく真顔で言えるな」

2017年9月29日 / 10:34

自分勝手で嫌な女を演じた蒼井優

 映画『彼女がその名を知らない鳥たち』の完成披露試写会が28日、東京都内で行われ、出演者の蒼井優、阿部サダヲ、松坂桃李、竹野内豊、白石和彌監督が登壇した。

 本作は沼田まほかる氏の人気ミステリー小説を映画化。クレーマーで自分勝手で嫌な女・十和子を演じた蒼井は、観客への初お披露目に「ワナワナしています」と苦笑い。自身の演じた役を「演じれば演じるほど最低」と振り返り、「でも(松坂、竹野内など)自分より最低な人が出てくるからちょっと救われてみたり…。本当にクズ合戦みたいな感じでした」と笑わせた。

 そんな嫌な女・十和子に異様な執着を見せる不潔で下劣な男・陣治を演じた阿部は「(現場で)すぐ汚されるんで、もうどうでもいいかなって。落ちたお弁当も平気で食べていました」とあっけらかん。「水虫設定」で爪をガタガタに見せるために「初めてネイルを温める機械に手を入れた」といい、「それで買い物に行ったら、(店員に)2度見されました」と切ないエピソードも語った。

 妻子がありながら十和子と肉体関係を結ぶゲスな男・水島を演じた松坂は「ゲス。本当にその一言に尽きます。女性の敵。それぐらいペラペラペラ男です。共感できたら終わり」とクズっぷりを強調。「今、僕の名前の入っているうちわを持っている人もいるけれど、帰る時にはゴミ箱に捨ててると思う」と冗談交じりに話した。蒼井も「松坂さんはこんな薄いせりふをよく真顔で言えるなって、ツボに入って笑いが止まらなかったことも」とコメント。そんな男の役だが松坂は、オファーが来た際、「ここまで薄っぺらい男もなかなかできない」と思い、即決したという。

 竹野内は、十和子の昔の恋人で別れる時に彼女にひどい仕打ちをした黒崎を演じた。蒼井が「まさか竹野内さんに受けていただけるとは…」と驚くほどの“クズ男”だが、当の竹野内はむしろ「これだけの豪華な共演者の中でちゃんと(自分が)できるかと不安だった」という。

 蒼井については「いつかご一緒できたらと思っていた女優さん。本物の女優さんだなと改めて感じた。飾り気のない普通の感覚を持った方で、女優である前に(人として)すてきな方だと思いました」と褒めちぎった。

 映画は10月28日から全国公開。

(左から)松坂桃李、蒼井優、阿部サダヲ、竹野内豊


芸能ニュースNEWS

木村佳乃主演「恋する母たち」“禁断の恋”に反響 「実際にやられたら嫌だけど、不倫ドラマは大好き」

ドラマ2020年10月31日

 木村佳乃が主演するドラマ「恋する母たち」(TBS系)の第2話が、30日に放送された。   本作の原作は柴門ふみ氏。脚本を大石静氏が担当し、息子が同じ有名私立学校に通う3人の母親・杏(木村)、優子(吉田羊)、まり(仲里依紗)の恋愛と友情を描 … 続きを読む

北村匠海「今日ここに立つことが少し怖かった」 「僕は決してかわいそうなやつではない」

映画2020年10月30日

 映画『とんかつDJアゲ太郎』の初日舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、出演者の北村匠海、山本舞香、浅香航大、池間夏海と二宮健監督が登壇した。  出演者の一人である伊藤健太郎は、29日、道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで警視庁に逮捕され … 続きを読む

大倉忠義、ファンに迎えられ「ただいまです」 「本当の本当は誰も知らない」

映画2020年10月30日

 映画『窮鼠はチーズの夢を見る』大ヒット記念舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、主演の大倉忠義と行定勲監督が登壇した。  本作は、水城せとな氏の人気コミックを映画化。主人公の大伴恭一を大倉が、恭一をいちずに思う今ヶ瀬渉を成田凌が演じた。 … 続きを読む

「ルパンの娘」深田恭子と橋本環奈と山本美月に囲まれて 「瀬戸康史くんは令和一のモテ男か」

ドラマ2020年10月30日

 深田恭子が主演するドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)の続編・第3話が、29日に放送された。  本作は、代々泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華(深田)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の恋愛を描くラブコメディー。  今回は、華と和 … 続きを読む

妻夫木聡「500円で芸能界に入りました」 きっかけはゲームセンターのオーディション

映画2020年10月30日

 映画『STAND BY ME ドラえもん2』完成報告会が29日、東京都内で行われ、声優を務めた妻夫木聡、宮本信子、八木竜一監督と脚本・共同監督の山崎貴氏が出席した。  本作は、3DCGアニメーション映画として2014年に公開された『STA … 続きを読む

page top