「うまくできる自信はないです(笑)」芸達者でない役に安心 松坂桃李(北村藤吉)【わろてんか インタビュー】

2017年9月28日 / 10:34

 明治後期から昭和初期の大阪を舞台に、ヒロイン・藤岡てん(葵わかな)が、日本で初めて“笑いをビジネスにした女性”といわれるまでの波乱万丈な一代記を描いた連続テレビ小説「わろてんか」で、てんの夫・北村藤吉を演じる松坂桃李。「笑いは好きだが芸の才能はない」という役柄に安堵(あんど)の表情を見せる松坂が、役づくりへのこだわりや撮影時のエピソードと共に、2度目の‘朝ドラ’出演で痛感しているプレッシャーを吐露した。

北村藤吉役の松坂桃李

-前回は「梅ちゃん先生」(2012)にデビュー2年目で出演されましたが、俳優として成長した今、‘朝ドラ’に対する思いや向き合い方に変化はありますか。

 5年前は、監督やプロデューサーさんがサポートして下さっていたので周りが見えていなかったけれど、今回は前回より視野が広がったと思います。だからこそ、“朝ドラ”は大変で難しく、非常に大きなことをやっていると今実感しています。台本がどんどん出来上がっていくので、1日1日心の準備をして役柄を構築していかないと、置いていかれてパニックになるし、俳優だけでなく全スタッフが最高の働きをしないと完成し得ない作品だと痛感しています。

-初共演となる葵さんの印象はいかがですか。

 最初は、ヒロインという立場上「自分がしっかりしなきゃ」という意識があったのか、周りの人と話しをするというよりは、1人で頑張っている感じがありました。でも今は、与えられた役に真剣に取り組む一生懸命さは変わらないけれど、皆と打ち解けてワイワイやっていてかわいらしい方だなと思います。

-藤吉は、家業の老舗米問屋を継ぐことを止めてまで旅芸人になり、てんを「一生笑わせてやる」という誓いを実現させるために突っ走るロマンチックな男性ですが、同じ男性として藤吉にどのような魅力を感じますか。

 気持ちのぶつけ方が非常にストレートなので、見ていて気持ちいいです。うそをつかず、細かいことや後先を考えずに真っすぐに進むところも魅力的です。僕は、大きいことは怖くて言えなかったり、できなかったりするけれど、彼はそういう不安をはねのけて実行に移す強い勇気があるので、格好いいと思います。

-芸人という役柄について、どのような役づくりをされましたか。

 監督からは「芸事はやるけど、そんなにうまくやらなくていいよ」と言われましたし、僕もうまくできる自信はないです(笑)。劇中、太神楽や手品、イノシシのかぶり物をかぶって舞台上を暴れ回ったりしましたが、それらを通して藤吉が芸事を好きであることを僕自身が身を持って実感したので、あえて役づくりをするというよりは、芝居の中で自然に藤吉を作っていった感じです。

-撮影を通して芸事に興味を持たれましたか。

 自分では(劇中で)やっていませんが、落語は難しそうだけれどやりがいがあるなと思って見ています。個人的にもちょっと兆戦してみたいですね。逆にコントは、劇中で演じるのならいいですが、本格的にやるのは怖くてできないです…。

-松坂さんにとって“笑い”とはなんでしょうか。

 心の薬みたいなものです。嫌なことやつらいこと、悔しいことがあった時に見るお笑い番組は、ネガティブな感情を笑いでスッキリさせてくれて、気持ちを明日に向けて切り替えることができます。

-本作では大阪弁にも挑戦されていますが、やはり苦労されていますか。

 神奈川出身で、ここまで本格的に大阪弁に取り組んだことがなかったので、イントネーションの違いなどで難しさを感じています。だんだん体になじんできましたが、最初のころは本当に苦労して、英語を勉強しているような感覚でした。正直、普段からテレビなどで関西出身の芸人さんのしゃべりを聞いているから、いけるんじゃない?と思っていたけれど、とんでもなかったです…。でも、大阪弁は人との距離感が近くなりやすいのが魅力ですよね。現場に入った時にスタッフさんたちのウエルカム感が伝わってきてうれしいです。

-第1話のてんと藤吉の出会いのシーンでは、9歳のてんを11歳の新井美羽ちゃんが演じる一方、16歳の藤吉を28歳の松坂さんが演じていましたが、どのように臨まれましたか。

 そのシーンの相手役が新井美羽ちゃんや鈴木福くんで、実年齢の差がかなりある状態だったので、話すテンポや声のトーンは考えましたし、たとえば背丈がちぐはぐな感じをできるだけ軽減できればいいなと、なるべく立たずに、しゃがんでお芝居するように心掛けました。それから動きも若々しく、きびきびと見えるように意識しました。

-藤吉はてんに、旅先からよく手紙を送りますが、松坂さん自身はマメな方でしょうか。

 僕はマメではありません!(笑)。これは本当に直したいんですけれど、どうやったら直せるのかな…。よくマネジャーさんにも「アンケートまだですか」とか「3日前にも言いましたよね」とか怒られています。もうすぐ30歳になるのに「ほうれんそう(報告・連絡・相談)」をいまだにできていないと思うと、恥ずかしいです…。

-では、遠距離恋愛はできないですね。

 マメじゃないですからね~。妄想の中ではうまくいくと思うんですが、現実で妄想通りにいくかというと…難しいかもしれないです(笑)。

(取材・文/錦怜那)


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「皆さんに奄美のことを知っていただけるのが本当にうれしいです」里アンナ(里千代金)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年5月20日

 奄美大島に流された吉之助(鈴木亮平)は、思いやりと優しさにあふれた人柄で信頼を得て、島民たちとの交流を深めていく。その1人が、愛加那の義理の姉でもある島唄の名手・里千代金だ。演じているのは、オープニングテーマで美しい歌声を披露している奄美 … 続きを読む

【映画コラム】CGの発達で映画化が可能になった『ランペイジ 巨獣大乱闘』と『ピーターラビット』

映画2018年5月19日

 今週は、CGの発達によって映画化が可能になった“動物絡み”の2作を紹介する。まずは、ドウェイン・ジョンソンが、巨獣たちと互角に渡り合う!?『ランペイジ 巨獣大乱闘』から。  遺伝子操作の実験の失敗によって、ゴリラとオオカミとワニが巨大化か … 続きを読む

セクシャルマイノリティーの役柄に「責任を感じる」トランスジェンダーの次はゲイの美男子役 志尊淳(藤堂誠)【「半分、青い。」インタビュー】

ドラマ2018年5月18日

 秋風羽織(豊川悦司)の漫画家事務所「オフィス・ティンカーベル」でアシスタントとして働くゲイの美青年ボクテ(藤堂誠)を演じる志尊淳。ドラマ10 「女子的生活」でのトランスジェンダー役に続き、ゲイというセクシャルマイノリティーのキャラクターを … 続きを読む

【2.5次元インタビュー】須賀健太が語る2.5Dの魅力「特殊な世界観」と「高いエンターテインメント性」

アイドル2018年5月15日

 3歳で子役としてデビュー以来、現在まで映画やドラマ、そして舞台の第一線で活躍し続けている須賀健太。2.5D(2.5次元ミュージカルの略)作品では、現在上演中のハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“はじまりの巨人”の主役・日向翔陽 … 続きを読む

【インタビュー】『ピーターラビット』ウィル・グラック監督「CGを使っていることを観客が忘れてしまうようにしたかった」

映画2018年5月15日

 1902年の初出版以来、世界中で親しまれているビアトリクス・ポター原作の絵本『ピーターラビット』が初めて実写映画化された。5月18日の日本公開を前に来日したウィル・グラック監督が、イギリスの美しい湖水地方を舞台にした本作の見どころや、製作 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top