高杉真宙&葵わかな、青春の思い出を語る 「周りの光を見ていた」

2017年6月27日 / 21:25

葵わかな(左)と高杉真宙

 映画『逆光の頃』の特別試写会が27日、東京都内で行われ、主演の高杉真宙、葵わかな、小林啓一監督、原作者のタナカカツキ氏が登壇した。

 本作は、30年前に連載されたタナカ氏の名作コミックを実写映画化。古都・京都を舞台に、高校2年生の赤田孝豊(高杉)が、友人との別れ、幼なじみの少女(葵)との淡い初恋などを経験しながら成長していく姿を描く。

 小林監督は「30年前に初めて読んだ当時は、他人にこの漫画の何がいいのかをうまく説明できなかったけど、良いモヤモヤがずっと残っていた。今回、みんなにこの気持ちを味わってもらいたいと思い、作らせていただいた」と映画化の経緯を語った。

 30年越しのオファーにタナカ氏も「大して売れた漫画でないのによく見つけていただいた」と驚きつつ「映画を見た方が、原作どんなんやろ…と手に取ってくれたら。便乗商法なんかもいいな」と冗談を交えながら語った。

 今回、初めて原作に触れたという高杉は「独特の世界観。漫画だけどすごく絵が芸術的でせりふも詩的。不思議な感覚になってどんどん引き込まれた」と感想を述べた。

 演じるに当たっては「この世界観をどう表現したらいいのか最初はちょっと悩んだ」というが「他のキャストの方に助けられた。いろんな人に“乗って”出て来るキャラクターだなと思った」と現場での役づくりを振り返った。

 ヒロインを演じた葵も「漫画が持っている雰囲気を、リアルな人間がどうやって演じたらつなげられるかなとすごく悩んだ」と苦労を明かしつつも「漫画も好きだし、挑戦できて楽しかった」と語り、笑みを浮かべた。

 本作の内容にちなみ、自身の“淡い青春の思い出”を尋ねられた高杉と葵。葵が「割と、光り輝いていない青春時代を送っていたタイプですもんね」と話すと、高杉も「周りの光を見ていたので。その日々が、逆光…。まぶしいなって」と苦笑い。

 それでも高杉は「今思えば何げない日々が、割と青春だったなと思う」とし「この映画を見ると、すごく(自分の思い出が)美化されて返ってくるんですよ」とほほ笑んだ。

 映画は7月8日から公開。

(左から)小林啓一監督、葵わかな、高杉真宙、タナカカツキ氏


芸能ニュースNEWS

浜辺美波、関西で撮影中のハセヒロにエール 朝ドラ鑑賞は「毎日の楽しみでもあります」

イベント2018年10月17日

 NTTドコモ「2018-2019冬春新商品発表会」が17日、東京都内で行われ、CMイメージキャラクターを務める星野源、新田真剣佑、浜辺美波が登場した。  現在放映中のCM「星プロシリーズ」は、星キャラプロダクションのプロデューサー星あゆむ … 続きを読む

斎藤司、4カ月の娘「チャーハン始めました」!? よしもと芸人が“総選挙”で冷凍食品の魅力PR

トレンド2018年10月17日

 味の素冷凍食品プレゼンツ「よしもと『冷活』祭り」発表記者会見が17日、東京都内で行われ、ブラックマヨネーズ、NON STYLE、トレンディエンジェル、ジャングルポケット、おかずクラブが登場した。 続きを読む

榎木淳弥「ナラティブ組体操は、作品のテーマに沿っている」 『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』公開目前イベントで

映画2018年10月17日

 『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』公開目前イベントが16日、東京都内で行われ、メインキャストの榎木淳弥、村中知、松浦愛弓、音楽担当の澤野弘之氏、脚本の福井晴敏氏、プロデューサーの小形尚弘氏ほかが登壇した。  本作は、「機動戦士ガンダム … 続きを読む

波瑠、初共演の西島秀俊は「おおらかな人」 「理想の上司1位」の結果に「納得です!」

映画2018年10月16日

 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』の女性限定・公開直前イベントが16日、東京都内で行われ、出演者の波瑠、西島秀俊、波多野貴文監督が登壇した。  本作は、憧れの会社に入社したものの、田舎の遊園地に配属され、ふてくされていた主人公(波 … 続きを読む

深田恭子が、転職を応援する“デューダ子”に 「普段は頼られるより、助けてもらう方」

トレンド2018年10月16日

 転職サービス「『doda』新ブランドコンセプト&新TV-CM発表会」が16日、東京都内で行われ、女優の深田恭子が出席した。 続きを読む

page top