高杉真宙&葵わかな、青春の思い出を語る 「周りの光を見ていた」

2017年6月27日 / 21:25

葵わかな(左)と高杉真宙

 映画『逆光の頃』の特別試写会が27日、東京都内で行われ、主演の高杉真宙、葵わかな、小林啓一監督、原作者のタナカカツキ氏が登壇した。

 本作は、30年前に連載されたタナカ氏の名作コミックを実写映画化。古都・京都を舞台に、高校2年生の赤田孝豊(高杉)が、友人との別れ、幼なじみの少女(葵)との淡い初恋などを経験しながら成長していく姿を描く。

 小林監督は「30年前に初めて読んだ当時は、他人にこの漫画の何がいいのかをうまく説明できなかったけど、良いモヤモヤがずっと残っていた。今回、みんなにこの気持ちを味わってもらいたいと思い、作らせていただいた」と映画化の経緯を語った。

 30年越しのオファーにタナカ氏も「大して売れた漫画でないのによく見つけていただいた」と驚きつつ「映画を見た方が、原作どんなんやろ…と手に取ってくれたら。便乗商法なんかもいいな」と冗談を交えながら語った。

 今回、初めて原作に触れたという高杉は「独特の世界観。漫画だけどすごく絵が芸術的でせりふも詩的。不思議な感覚になってどんどん引き込まれた」と感想を述べた。

 演じるに当たっては「この世界観をどう表現したらいいのか最初はちょっと悩んだ」というが「他のキャストの方に助けられた。いろんな人に“乗って”出て来るキャラクターだなと思った」と現場での役づくりを振り返った。

 ヒロインを演じた葵も「漫画が持っている雰囲気を、リアルな人間がどうやって演じたらつなげられるかなとすごく悩んだ」と苦労を明かしつつも「漫画も好きだし、挑戦できて楽しかった」と語り、笑みを浮かべた。

 本作の内容にちなみ、自身の“淡い青春の思い出”を尋ねられた高杉と葵。葵が「割と、光り輝いていない青春時代を送っていたタイプですもんね」と話すと、高杉も「周りの光を見ていたので。その日々が、逆光…。まぶしいなって」と苦笑い。

 それでも高杉は「今思えば何げない日々が、割と青春だったなと思う」とし「この映画を見ると、すごく(自分の思い出が)美化されて返ってくるんですよ」とほほ笑んだ。

 映画は7月8日から公開。

(左から)小林啓一監督、葵わかな、高杉真宙、タナカカツキ氏


芸能ニュースNEWS

「#リモラブ」波瑠が恋する“檸檬さん”の正体に反響 「まさかあんな形で正体が分かるなんて…」

ドラマ2020年10月22日

 波瑠が主演するドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」(日本テレビ系)の第2話が、21日に放送された。  本作は、恋愛をさぼってきた“おひとりさま”の産業医・大桜美々(波瑠)が、SNS上で知り合った顔も名前も分からない相手「檸檬(れもん) … 続きを読む

生田斗真「アニメも面白いけど演劇はもっと面白い」 コロナ禍で中止になった主演作を映画館で上映

映画2020年10月22日

 ゲキ×シネ『偽義経冥界歌(にせよしつねめいかいにうたう)』の舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、出演者の生田斗真、中山優馬、藤原さくらが登壇した。  本作のモチーフは、“奥州藤原三代”と“義経黄金伝説”。源義経が、実際に奥州にかくまわ … 続きを読む

伊藤健太郎、まわし姿にも抵抗なし 「恥ずかしいって感覚がおかしくなる」

舞台・ミュージカル2020年10月21日

 舞台「両国花錦闘士」制作発表記者会見が21日、東京都内で行われ、出演者の伊藤健太郎、大鶴佐助、大原櫻子、紺野美沙子、りょう、作・演出の青木豪氏が登壇した。  本作は、岡野玲子氏の漫画を原作に、女人禁制の国技ともいわれる相撲を、乙女の視点か … 続きを読む

出川哲朗、電動車いすの魅力を熱弁 「本人だけでなく家族もハッピーに」

イベント2020年10月21日

 経済産業省「のろーよ!デンドー車いす」プロジェクト発表会が21日、東京都内で行われ、タレントの出川哲朗が登場した。  経産省は、高齢者の移動・活動を促すべく、電動車いすの普及と安全性の周知を含めた取り組みを実施する。  約2カ月前に、同プ … 続きを読む

「DIVER」に続編希望の声 「福士蒼汰と野村周平のコンビが最高」

ドラマ2020年10月21日

 福士蒼汰が主演するドラマ「DIVER-特殊潜入班-」(カンテレ・フジテレビ系)の最終回・第5話が、20日に放送された。  本作は、窃盗や暴力事件の常習犯だった過去を持つダークヒーロー・黒沢兵悟(福士)が、兵庫県警に秘密裏に設置された潜入捜 … 続きを読む

page top