「高橋一生さんは、まるで詐欺師です(笑)」山口紗弥加(なつ)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

2017年6月25日 / 20:46

 井伊家の家臣・奥山家から、小野政次(高橋一生)の弟・玄蕃(井上芳雄)のもとへ嫁ぎ、玄蕃亡き後、小野家に残って政次を支えるなつ。政次へ密かに思いを寄せる気配もうかがわせたが、第25回の、政次に抱きつくという大胆な行動に驚いた視聴者も多いに違いない。こうなると今後の2人の関係も気になるところ。なつを演じる山口紗弥加が、そのシーンの裏話や、高橋との共演について語った。

 

なつ役の山口紗弥加

-第25回、密談を口実になつが政次に抱き着く場面は驚きました。演じた感想は?

  今思い出しただけでも、どっと汗が出ます(笑)。リハーサルの段階から、もうただただ恥ずかしくて。私が知るなつは理性の人。私情を表に出すような人ではなく、政次さんへの思いは当然、秘密の片思いで終わるものだと…まさかあんなシーンを演じることになるなんて想像すらしていなかったものですから。台本に“抱きつく”と書いてあるのに、体が動かず困っていたら、所作の先生から「抱きつくんだよ!」と怒られた上に、「こうやればいいんだよ」とお手本まで見せていただいて(笑)。私がなつなのか、なつが私なのか、よく分からなくなるほどに緊張し、その後、ドカンと落ち込みました(笑)。

-その時、相手の高橋一生さんの様子はいかがでしたか。

  何度もお願いすることになってしまったのに、「何度でもどうぞ」という感じの泰然たる態度でお付き合いしてくださって。でも、あまりの回数にさすがに最後は苦笑いしていましたけど(笑)。ご迷惑をお掛けして本当に申し訳ないという気持ちと、有難い気持ちでいっぱいでした。その時、殿(柴咲コウ)がちょうど同じリハーサル室にいたんですけど、なかなか抱きつけない私を、写メでこっそり撮っていたようで…スマイルマーク付きでLINEに送られてきました(笑)。かつては竜宮小僧だった殿も、今ではただのいたずら小僧です(笑)。 

-なつをどのような女性だと捉えていますか。

  直虎さんを筆頭に、井伊の女性たちは、自分のことはさておき、誰かに思いをはせて行動するような人が多く、なつも“人思いの人”だと思っています。もちろん、そこには自分の幸せがあって、誰かの幸せが、結局はなつの幸せにつながっている訳ですが、姉のしの(貫地谷しほり)や兄の六左衛門(田中美央)だったり、井伊のお家のことだったり、常に自分以外の誰かに心を寄せている人です。とはいえ、一番は政次さんなのでしょうけど。でも、あまりにお人好しなので、じれったくて、演じながらムズムズすることも多いです。予想外のところで見せる大胆不敵な行動力にはタジタジですけどね(笑)。

-なつを演じる上で、気を付けていることは?

  所作に関しては、動きが硬くならないように、柔らかさを意識しています。着物を畳むなど、日常の何げない動作一つにしても、動きをゆっくりにしたり、繊細に丁寧に、一つ一つを重ねるようにしています。声については、高過ぎず、低過ぎず、柔らか過ぎず、冷た過ぎずという”適温”を探りながら。私は普段早口なので、監督から何度か「もう少しスピードを緩めて」と言われたこともあり、ゆっくりしゃべることを心掛けています。

 -なつの政次に対する思いについてはいかがでしょう。

  最初は、夫だった玄蕃さんとの愛息、亥之助を小野の家の男子として立派に育てあげたい、玄蕃さんの代わりに、微力でも義兄の力になりたいと、小野の家に来たわけです。ですが、たくさんの人たちの悲しみや痛みを1人で背負い、率先して悪となり、盾となり、井伊家を、殿を守ろうとする義兄の姿を一番近くで見ているうちに、誰になんとうわさされようとも、一番の味方でありたいと思うようになった。政次さんの“心”を見てしまったのだと思います。共感以上の共鳴をしたところから、恋ともつかない、思慕の念を抱くようになったのではないでしょうか。だから、政次さんが井伊家の縁の下の力持ちだとしたら、なつはさらにその下の土のような存在で、縁の下を支える大地になりたい、政次さんの邪魔にならないところから、そっと見守っていたい、と思っているのでは…。私としては、なつには政次さんのすぐ隣で、笑顔でいてほしいんですけどね(笑)。

-俳優としての高橋一生さんには、どんな印象をお持ちでしょうか。

  恐ろしいですよ、あの方は(笑)。対峙(たいじ)していると、うそがつけないというか…見透かされているようで偽れないんです。相手に芝居をさせない人、というのが正しいのかも。そのままでいれば勝手に引き出してくれるので、逆に言えば楽なんですけどね(笑)。あの年齢で、なかなかできることではないと思います。尊敬する俳優さんです。

-以前、高橋さんにお話を伺った際、これは自分だと思って台本を読むので、キャラクターが怒っていれば怒るし、悲しい時は自分も悲しくなるとお話しされていましたが。

  まさしくそうです。役を演じているというのではなく、もう政次さんなんです。玄蕃さんが亡くなった後、私が「お世話になります」とあいさつをして、政次さんが「来てくれて良かった」と応える場面は、台本には涙のことは一切書かれていませんでした。でも、政次さんの涙に何とも言えない温かいものを感じて、気付けばもらい泣きしていました。高橋さんは相手の目を、探るようにじーっと見るんですよ。いろいろな秘密がバレてしまうんじゃないかと内心ヒヤヒヤしながら応戦しています(笑)。一体この人の本音はどこにあるのだろうと。全部がうそのようにも思えるし、全部本当のようにも思えるし…。誤解を恐れずに言うなら、まるで詐欺師です(笑)。ここではあえて最高の褒め言葉として使わせていただきますが、正対するのが怖い人、高橋さんはそんな俳優です。

-大河ドラマで1人の人物を長く演じることに関しては、どんなことを感じていますか。

  時間というのは、すごく大きいなと感じています。撮影が始まってもう9カ月ぐらいになりますが、頭で考える前に体が勝手に動いたり、口からは、せりふをしゃべっているようで感情が洪水のようにあふれてきたり…。長い時間を懸けて演じられる幸せをかみ締めています。皆さんよく「役と一緒に成長する」と仰いますけど、もしかしたらこういうことなのかなと、実感しているところです。“大河”は“大きな河”と書きますが、たくさんの支流が集まって大河になるわけで、私もその1本として、うそ偽りのないお芝居をしていきたいです。

-クランクアップのことはまだ想像できませんか。

  全然できないです。やっぱり1年という期間は大きくて、いろいろなものが変化していきます。最初のころは、政次さんに抱きついて思いを伝えるようななつは想像できませんでした。役者同士の関係性も変化していって、一つのシーンを撮影する前後で、空気感や距離感がガラッと変わったりするので、お芝居って本当に面白いなと。ただその場で「用意、スタート」、「はいカット!」で終わりではないんです。そこから少しずつ積み重ねられていくものがあって…。だから、これから先もすごく楽しみです。

(取材・文/井上健一)


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】主要登場人物はたった1人のサスペンス劇『THE GUILTY/ギルティ』

映画2019年2月16日

 主要登場人物はたった1人というユニークなサスペンス劇『THE GUILTY/ギルティ』が2月22日から公開される。  警官のアスガー(ヤコブ・セーダーグレン)は、ある事件をきっかけに、現場を退き、緊急通報指令室のオペレーターを務めていた。 … 続きを読む

【インタビュー】『笑顔の向こうに』高杉真宙、初の医療作品で体験した「濃厚な時間」 新しい自分も発見

映画2019年2月14日

 日本歯科医師会の全面協力のもと、歯科医療の現場を舞台に、歯科技工士・大地ら若者たちの成長を描いた青春映画『笑顔の向こうに』(15日公開)。主演として初の医療作品に携わった高杉真宙が、作品に込めた思いや撮影時の様子、同作を通して見つけた新し … 続きを読む

【ライブリポート】佐藤流司率いるThe Brow Beat、ワンマンツアーファイナルで見せた「進化」

アイドル2019年2月13日

   デビューからわずか5カ月で日比谷野外大音楽堂での単独公演を成功させ、とどまることない勢いで突き進むThe Brow Beatが2ndツアー「The Brow Beat Live Tour 2019“Hameln”」の最終公演 … 続きを読む

「宮藤くんは、円喬と孝蔵の関係に、僕と自分自身を重ねているのかなと感じることも」松尾スズキ(橘家円喬)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年2月10日

 予選会で世界記録を更新し、日本初のオリンピック出場を目指す金栗四三(中村勘九郎)。だがその前には、数々の困難が立ちふさがる。その奮闘を軽妙に彩るのが、ナビゲーターを務める落語家・古今亭志ん生(ビートたけし)の話芸。本作では、四三の物語と並 … 続きを読む

【映画コラム】くしくも実現した“マン対決”『ファースト・マン』と『アクアマン』

映画2019年2月9日

 まずは、人類史上初めて月面に立った男、ニール・アームストロング(ライアン・ゴズリング)を主人公に、デイミアン・チャゼル監督が、米宇宙計画の裏側を描いた『ファースト・マン』から。  本作の舞台となる1960年代は、まだ携帯電話もパソコンもな … 続きを読む

page top