「たけは、体いっぱいおとわを愛して、“おとわさま命”の人でした」梅沢昌代(たけ/梅)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

2017年6月18日 / 20:46

 乳母として、おとわと呼ばれた幼いころから直虎に仕えてきたたけが、高齢からくる衰えを理由に自ら井伊谷を去っていった。第24回、直虎(柴咲コウ)との別れのシーンに心打たれた視聴者も多いに違いない。そして代わりに登場したのが、たけの姪・梅である。この、たけと梅の二役を演じているのは、舞台からテレビドラマ、映画まで幅広く活躍し、今回が大河ドラマ初出演となるベテラン女優・梅沢昌代。たけの思い出からあっと驚く二役起用の裏側まで、温かな言葉で語ってくれた。

 

たけ/梅役の梅沢昌代

-たけと直虎の別れのシーンが印象的でした。

 年を取ってきちんとお仕事ができなくなり、お家の経済状態も悪いところに、役に立たない自分がいては申し訳ないと思って、里に帰ることを決心したわけです。でもやっぱり後ろ髪を引かれながら、とぼとぼ歩いて行く。そこへ、姫さまが来てくれた。泣こうと思って泣けるものではありませんが、あそこは涙が出ました。ロケ先も木漏れ日があるいい場所で、柴咲さんもとってもいいお芝居をしてくださって…。いいシーンになったと思います。

-ところが、まさか同じ回で梅として登場するとは!

 小林薫さんから、「誰がやるのかと思ったら、おまえさんじゃないか。台本を読んだ時に泣いた涙を返してくれ」と言われました(笑)。でも、そういうところが森下(佳子/脚本家)さんの面白いところだと思って。次回ではなく、その回に出してしまう。「えっ!?」となるところが、私は好きです。財前(直見)さんは、完成した作品を見て「あんなにすぐ梅になった? 本当に涙が乾かないうちに出てきちゃうのね。でもよかったわ」と言って下さいました。

-二役を演じることになった時の感想は?

 びっくりしましたよ! そんなのありなんですかって。どう見たって、同一人物ですから(笑)。番組開始当初の台本が出来上がったころは、やるかやらないか、はっきり決まっていなかったんです。冗談だと思っていたら、梅も演じることになって。たけ、梅ときたので、次は松でも出て来るんじゃないかと、スタッフは言っていますけどね(笑)。60歳を過ぎて初めて出演させていただいた大河ドラマで二役もやらせていただけて、本当に幸せです。

-これまで二役を演じたことは?

 舞台では経験がありますが、テレビや映画では初めてです。森下さんからは「(梅は)キリッとした人で」と言われていたので、マスカラをつけたり、着物も紺色にしたり、外見からキリッとした感じにしています。メークの時間は、たけの倍かかっています。区別するためにほくろを付けたりするのも、悔しいからやっていませんけど、たけの最後の方はかなり老けた感じでやっていたので、「あれ?」と思ってもらえるのではないでしょうか。梅はたけよりしゃべる場面も少なくて、直虎との関係も変わってきます。姫さまとして接してきたたけとは違って、あくまでも殿という距離感ですから。

-今までたけを演じてきて、印象に残った場面は?

 初めての大河ドラマだったので、新井美羽ちゃんが演じたおとわを追い掛けている最初のシーンですね。喜怒哀楽の激しいたけは、ずいぶん走ったり、叫んだりしていましたし。最初はそこでいなくなるのかと思っていたんですけど(笑)。柴咲さんとは、やっぱり別れのシーンです。台本を頂いた時、とてもいい場面だったので、ここは頑張らなくちゃ、という思いがありました。

-たけを演じる上で、苦労したことなどはありますか。

 楽しみたいと思っていたので、苦労はなかったです。小さい時の美羽ちゃんは本当に楽しそうで、彼女を追い掛けていればそのまま感情が出たので、あまり考えず、彼女がやったこと、言ったことに応えるという感じでした。頭をそる場面なんかも楽しそうで、お芝居をしているという顔を全然しないんです。だから、彼女からもらったものを返していたという方が大きいかもしれないです。

-たけとしてずっと寄り添って来た柴咲さんにはどんな印象をお持ちでしょうか。

 南渓さん(小林薫)から教わった「道は幾つもある」というものが、柴咲さんの中にもあるような気がします。普段から、音楽など色々なことをやっていらっしゃいますし。作品についてもすごく考えていて、「ここは良く分からない」という部分はそのままにせず、掘り下げてやってらっしゃいます。

-柴咲さんの成長を感じますか。

 そうですね。1年間、主人公を演じるのは、精神的にも肉体的にも大変なことですから、自分の中でも何かが構築されていくのではないでしょうか。私ですら、そうでしたから。たくさんの人が出入りする中で、残っている人はいろいろな人と出会えるわけですから、そこで積み上げられていくものがあると思います。私も最初は柴咲さんとの会話が少なかったんですけど、撮影が進むうちリハーサルや待ち時間での会話が増えて行き、お互いの距離が近づいていったように思います。

-直虎の母・祐椿尼役の財前直見さんと一緒の場面も多かったですね。

 財前さんは、年はずっと下ですけど、姉御肌で面倒見がよくて気配りもある方です。まるで祐椿尼さんみたいで、戦で亡くなった方の家族にお手紙を一生懸命書いている姿なんてぴったり。現場でも「ここをこうしたら面白くなるんじゃない?」なんて言っている時もあります。

-今振り返って、たけはどんな人でしたか。

 体いっぱいおとわを愛して、“おとわさま命”の人でした。大事で大事でしょうがないけど、小さい時は言うことを聞いてくれないし…。本当はお嫁に行くか、旦那さんを迎えるかして、子どもを生んでほしくて、そのお守りもしたかったのでしょう。他の人が、“殿”、“直虎さま”と呼ぶ中で、1人だけ“姫さま”と呼ぶのも、女性として幸せになってほしいという思いがあったのでしょうね。

-梅沢さんご自身は、梅とたけのどちらに近いですか?

 たけです(笑)。喜怒哀楽が激しいところが似ています。梅は、まだ演じて日が浅いので、この先どうなるのか楽しみです。

(取材・文/井上健一)


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】アメリカ映画の底力を感じさせる『バリー・シール アメリカをはめた男』

映画2017年10月21日

 1970年代、大手航空会社のパイロットとして活躍し、その後、CIAから極秘密輸作戦のパイロットにスカウトされ、麻薬の密輸で巨万の富を得た男。その数奇な人生を、実話を基に映画化した『バリー・シール アメリカをはめた男』が公開された。  トム … 続きを読む

【芸能コラム】クランクアップの現場で感じた作品を取り巻く数々の愛 「おんな城主 直虎」

ドラマ2017年10月16日

 「愛を感じながら撮影することができて、とてもうれしく思っています」  これは、主演の柴咲コウが10月11日、静岡県浜松市内でNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」のクランクアップを迎えた際にあいさつで語った言葉だ。季節外れの夏日となったこの … 続きを読む

「正信はものの考え方が柔軟で、半分亡霊みたいな人」六角精児(本多正信)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

ドラマ2017年10月15日

 草履番としての働きを家康(阿部サダヲ)に認められた万千代(菅田将暉)の下に、後釜として“ノブ”と名乗る中年男がやってきた。自分が小姓になるためには、一人前の草履番に育ってもらわなければと、動きの鈍いノブにいら立つ万千代。だがこの男こそ、か … 続きを読む

「万千代が直政になる過程に、直虎がどう関わっていくのかが楽しみ」柴咲コウ(井伊直虎)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

ドラマ2017年10月8日

 井伊谷が徳川領となり、直虎は農民として暮らす一方、“井伊万千代”と名を改めた虎松(菅田将暉)は、徳川家康(阿部サダヲ)に仕えることとなった。ところがそれは、万千代の養家・松下家を裏切る結果となり、直虎は事態収拾に奔走することに。果たして直 … 続きを読む

【映画コラム】果たして前後篇にする必要があったのか…『あゝ、荒野』前篇

映画2017年10月7日

 寺山修司の長編小説の舞台を、1960年代後半の新宿から2021年に移して映画化した『あゝ、荒野』 前篇が公開された。(後篇は21日公開)。  共に孤独な日々を送る新次(菅田将暉)と建二(ヤン・イクチュン)が出会い、プロボクサーの新宿新次と … 続きを読む

page top