「自分を入り口に、このドラマの面白さを知ってほしい」真壁刀義(力也)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

2017年6月12日 / 14:44

 次第に直虎(柴咲コウ)たちとの信頼関係を築き上げていく龍雲丸(柳楽優弥)一党。その顔ぶれには、一芸に秀でた個性的な面々がそろう。その中で、屈強な肉体を持つ力也を演じているのが、スイーツ好きとして知られ、“スイーツ真壁”の名でバラエティー番組でも人気のプロレスラー真壁刀義だ。多方面で活躍する真壁が、新たな挑戦となった大河ドラマの現場で感じたこととは。

 

力也役の真壁刀義

力也役の真壁刀義

-出演オファーを受けた時の感想は?

 冗談だと思いました。マネジャーはよく冗談を言うので、いつもの調子だろうと思って「何言ってるの?」と聞いたら、本当だというのでびっくりです(笑)。最高にうれしかったですけど、すぐプレッシャーに変わりました。大河ドラマに出演するのは、一流の俳優の皆さんです。そんな大舞台を用意してくれた方たちに、恥をかかせるわけにはいきませんから。

-撮影前、何か準備はしましたか。

 俺は演じることに関してはまったく“無”なので、与えられたステージでいかに自分を見せるかということを考えました。自分なりに演技の勉強もしましたが、撮影まで時間もないので、深い演技はできません。じゃあどうするかと考えて学んだのが、言葉ではなく、身振り手振りを中心に動くということ。その方が自分らしく、間違いなくこれだと思いました。

-撮影現場に入った感想は?

 初日は、「柳楽(優弥)くん、映画で見たことある!」とか考えながら、周りばかり見ていました(笑)。まえだまえだのお兄ちゃん(前田航基)とも、よく話しました(笑)。子役から努力してきている方だから、芸歴は俺より長いんです。お兄ちゃんからも、勉強することがいっぱいありました。エキストラの方もいるので、所作が分からない時には、彼らの動きを見て勉強しています。とはいえ、あくまでもここに呼ばれたのは真壁刀義としてなので、本番では自分の本質を出すことを心掛けました。

-毎日が勉強という感じですか。

 そうですね。今は柳楽くんを含め、いろいろな役者さんを見て、勉強させてもらっています。だけどそれは、ドラマのためだけではなく、プロレスにも還元できるんです。言葉の発し方や言葉のチョイス、ものの例え方は、プロレスの観客にも響く。普通の選手だと「バカヤロー!」、「コノヤロー!」で終わりです。でも、それだけじゃない。俺が今考えているのは、まさかの大河風の言い方(笑)。まだ披露していませんが、いずれ試合でやってみたいです。

-一党の頭(かしら)である龍雲丸を演じる柳楽優弥さんの印象は?

 役柄の上では、頭が切れてそつなく、人間味に厚いという雰囲気がよく出ています。その一方で、柳楽くん本人は、ほわんとしています。だけど、それがすごくソフトな感じで、当たり前のことが当たり前にできる。社会人としてきちんとしている部分に人間味を感じました。いい方ですよね。だから、一党の頭にはもってこいです。見た目が男前なのは多いですけど、柳楽くんは中身も男前。俺はそこにすごく引かれました。

-龍雲丸一党の雰囲気はいかがでしょう。

 柳楽くんを筆頭に、エキストラさんも含めて、みんな信頼感があります。しかも、時間がたつにつれて、そのいい関係がどんどん出来上がっていくんです。たかだかここ何カ月か一緒に居させてもらっているだけですけど、心がすごく近付きました。俺は試合もあるので、なかなか参加できませんが、撮影以外でもよくみんなで集まっていますね。

-かなり気持ちが入っているようですね。

 今までもドラマに出たことはありますが、それは真壁刀義役でした。だから、気持ちが入る、入らないというより、素を見せていただけかもしれません。でも、力也という役は、真壁刀義ではないし、スイーツ真壁でもない。頭を盛り立てて、男にしなきゃいけないと一致団結している仲間の1人です。口にはしないけど、みんなその気持ちを持っている。だから、一緒にいるとやっぱり気持ちは入りますよね。この作品に出させてもらって本当に良かったです。

-龍雲丸一党は衣装も派手ですね。

 いわゆる“傾奇(かぶき)者”です。最初に写真で見た時は、大柄で力持ちで粗暴という印象でした。その後、衣装合わせで着てみたら、「赤いひもを巻いたらいいんじゃない?」となって。俺は普段プロレスで首にチェーンを巻いているんです。その代わりに真っ赤なひもを巻いたら、落ち着いた色の中に差し色が入ってしっくりきました。でも、他のみんなと違って、俺だけ履き物が草履。ものすごく寒いんですよ。真冬の山でロケした時、死ぬかと思いました(笑)。

-直虎役の柴咲コウさんの印象は?

 俺は女優さんがどういう心持ちで演じ、どんな力量を持っているのかということを全く知りませんでした。でも初めて現場に入った時、撮影の合間に1人でせりふを練習している姿を見たら、ものすごく真剣。大河ドラマの主演は、やっぱりすごいなと。その時は、邪魔しちゃいけないと思って遠くから会釈だけしたら、手を付いてあいさつしてくれました。美しいなと思いながら、自分も本腰を入れて頑張らないと駄目だという気になりました。

-真壁さんのファンには、このドラマのどんなところを見てほしいですか。

 真壁刀義を見てもらいたい気持ちはもちろんあります。でもそれだけではなく、自分を入り口に「直虎」というドラマの面白さを知ってほしい。本当に面白いから。事実を基にしている大河ドラマには、いろいろ考えさせられるところがあります。見ている人が、それを自分の人生と重ねてくれたら、もっと面白いと思うんです。それと、役者それぞれの味とすごさ。

-というと?

 俺が絡む相手を見たら、その役者さんの魅力が伝わると思うんです。柳楽くんや一党の連中、殿(直虎)や六左さん(六左衛門)もいる。高橋(一生)さんも、カッコいい。俺は普段、ずっとしゃべっているけれど、彼らは沈黙で見ている人をうならせるし、心に響くことを普通に言うんだから、すごいですよ。一流の人に囲まれると、受ける刺激もすごい。今年の初めに撮影が始まって、今まであっという間でした。それでも、心に残っているものはものすごい。それを視聴者の方にも感じてもらいたいです。

(取材・文/井上健一)


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アンダードッグ』森山未來、勝地涼「この映画が、皆さんの背中を押せるようなものになればいいと思います」

映画2020年11月20日

 多数の映画賞を受賞した『百円の恋』(14)から6年。監督・武正晴、脚本・足立紳らのスタッフが、再びボクシングを題材に、不屈のルーザー=負け犬たちに捧げた映画『アンダードッグ』が、11月27日から公開される。本作で、主人公の崖っぷちボクサー … 続きを読む

【インタビュー】舞台「ROAD59-新時代任侠特区-」砂川脩弥「普通の極道と新時代の任侠の違いを見せられたら」 井上正大「メディアミックスの展開を見すえた役作りをしていきたい」

舞台・ミュージカル2020年11月20日

 12月24日から舞台「ROAD59-新時代任侠特区-」が上演される。本作は、「BanG Dream!(バンドリ!)」、「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」、「D4DJ」 に続く、ブシロードの新たなメディアミックス・プロジェクトの第1弾。新 … 続きを読む

【インタビュー】『泣く子はいねぇが』仲野太賀「等身大の自分を余すことなく表現できると思った」吉岡里帆「プレッシャーで、頭がはち切れそうでした(笑)」同い年の2人が真正面から向き合った撮影の舞台裏

映画2020年11月19日

 仲野太賀と吉岡里帆。人気と実力を兼ね備えた同い年の2人が、真正面から芝居で向き合った映画が公開される。大人になり切れない青年の成長を温かなまなざしで見詰めた『泣く子はいねぇが』(11月20日(金)公開)だ。舞台は秋田県の男鹿半島。娘が生ま … 続きを読む

page top