「着物を着てかつらをかぶったら『やっぱり自分は日本人だ』と感じました」井上芳雄(小野玄蕃)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

2017年2月20日 / 06:45

 家老でありながら井伊家中で孤立する小野政次(高橋一生)が、唯一本音を打ち明けることができる相手が弟の玄蕃である。演じているのは、ミュージカル俳優として人気を集める井上芳雄。初めての大河ドラマ出演で時代劇初挑戦となった本作について、舞台との違いなどを交えて語った。

 

小野玄蕃役の井上芳雄

小野玄蕃役の井上芳雄

-大河ドラマ初出演が決まった時のお気持ちはいかがでしたか。

 これはすごいことだと感じて、とてもうれしかったです。ちょうど、ミュージカル「エリザベート」の公演中に発表されたので、共演の皆さんが「大河俳優!」と呼んで祝ってくれました。共演していた花總まりさん(佐名役)も出演されるということだったので、2人で「緊張しますね」と話しながら、ワクワクしていました。

-時代劇初挑戦とのことですが。

 普段、ミュージカルでは日本人を演じることが少ないので、右も左も分からないところに飛び込むつもりで所作の稽古をしました。花總さんとは「昨日、所作の稽古に行って来ました」とか、情報交換もしていました。先日、撮影の待ち時間にソファにもたれかかって休んでいたのですが、そうすると着物がしわになってしまうんですね。そんなことも僕は知らなかったので、所作の先生から注意を受けました。日々、勉強することばかりです。

-衣装を着た感想は?

 欧米人を演じることが多いミュージカルでは、彫りを深く見せるためにノーズシャドウを濃く入れるなど、いかに日本人ではないように見せるかということに努力してきました。でも今回は、着物を着てかつらをかぶった途端に、「やっぱり自分は日本人だ」と感じられたことが新鮮でした。そのままで日本人に見えることがうれしかったです。

-撮影現場の様子はいかがでしょう。

 決まりごとがいろいろあって、うれしい時や悲しい時の感情の表し方、動作の一つ一つが現代とは違うので、難しいです。ただ、人間を演じるという意味では変わらないので、制約がある中でどう演じたらいいのかと考えることはとても面白いです。現場も変にピリピリせず、井伊家の家臣を演じるでんでんさんや筧利夫さんたちと雑談しながら、いい雰囲気の中で楽しくやらせていただいています。

-小野玄蕃という人物をどのように捉えていますか。

 とても現代的な人です。生まれや家柄が最も重要な時代に、弟という気楽さからか、自分の気持ちに正直で、思ったことは素直に口にする。その上、出世だけを望んでいるわけでもなくて、結婚した妻のなつのこともちゃんと愛している。「大事なものは何だ」と聞かれて、玄蕃ははっきり「愛です」と答えます。すてきな人ですよね。なつを演じる山口紗弥加さんが「あのシーンで玄蕃のことがすごく好きになりました」と言ってくれたのですが、僕のことを言われたような気がしてうれしかったです(笑)。

-玄蕃は、桶狭間の戦いにも出陣しますね。

 桶狭間の戦いの場面では、すごく大きなセットが組まれていました。その上、史実では当日、雨が降っていたということで、実際に雨も降らせていて、役作りをしなくても、その場に立ったら自然と役に入り込むぐらいリアルでした。舞台ではそれほど細部までセットを作り込まないので、その精巧な出来栄えに驚きました。

-甲冑(かっちゅう)はいかがでしたか。

 他の皆さんもおっしゃっていますが、着た時はすごくうれしくて興奮したものの、30分もたつと、その重さとトイレに行けないという心配でソワソワしてきました(笑)。日本流の殺陣も初めての経験でしたが、監督や殺陣師の方のおかげで迫力ある映像に仕上がっていて、長年の蓄積がある大河ドラマのすごさを感じました。

-玄蕃と兄の政次の関係については、どのように考えていますか。

 玄蕃は、井伊家中で小野が置かれた苦しい立場を政次と分かち合っています。高橋一生さんとも話していたのですが、みんな小野にすごく冷たい。にぎやかな宴の場面でも、僕たち2人は酒に手も付けられません。高橋さんは「玄蕃が来てくれたから2人になったけど、お父さんがいなくなってからずっと1人だったから。結構つらいよ」と言っていました(笑)。とはいえ玄蕃は、自分の役割や立場を守らなければならない政次ほど背負っているものはありません。だからこそ見える景色があります。そういう一歩引いた立場からの玄蕃の意見が政次の役に立っているので、すごくいい兄弟だと思います。

-政次役の高橋一生さんの印象はいかがでしょうか。

 実年齢は僕の方が二つ上なので、撮影に入る前は「弟に見えるのかな」と心配していたのですが、高橋さんはとても低い声とすごみのある落ち着いた芝居で演じられています。玄蕃は真逆のキャラクターなので、コントラストが出しやすいです。

-井上さんは、これまでにも森下佳子さんが脚本を手掛けた作品に出演していますが、本作の印象はいかがですか。

 テレビドラマの出演はそれほど多くはないのですが、その中でも森下さんの作品には幾つか出演させていただきました。今回も台本を読ませていただいたところ、その中には人の気持ちや愛情、運命といった普遍的なものが描かれていました。「こんな人が、こんな人生を送ったのか」という驚きがあり、すごく切ないけど魅力的な物語に仕上がっています。時代設定の違いこそあれ、大河ドラマも現代劇も変わらないという印象を受けました。

-ミュージカルでの井上さんしか知らないファンの方には、どんなところを見てほしいですか。

 実はこれまで、どちらかというと兄役の方が多く、弟という役はあまり演じたことがありません。また、舞台では大きなテーマを背負った役を演じることが多いのですが、今回は兄との対比を出すことなどが役割なので、いい意味であまり背負うものがありません。だから、すごく新鮮で楽しいです。そんな普段の役柄とは違う部分を見ていただければ。あとは、和装姿を見て、やっぱり日本人だったと分かってもらえたらいいですね(笑)。

(取材・文/井上健一)


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】アメリカ映画の底力を感じさせる『バリー・シール アメリカをはめた男』

映画2017年10月21日

 1970年代、大手航空会社のパイロットとして活躍し、その後、CIAから極秘密輸作戦の操縦士にスカウトされ、麻薬の密輸で巨万の富を得た男。その数奇な人生を、実話を基に映画化した『バリー・シール アメリカをはめた男』が公開された。  トム・ク … 続きを読む

【芸能コラム】クランクアップの現場で感じた作品を取り巻く数々の愛 「おんな城主 直虎」

ドラマ2017年10月16日

 「愛を感じながら撮影することができて、とてもうれしく思っています」  これは、主演の柴咲コウが10月11日、静岡県浜松市内でNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」のクランクアップを迎えた際にあいさつで語った言葉だ。季節外れの夏日となったこの … 続きを読む

「正信はものの考え方が柔軟で、半分亡霊みたいな人」六角精児(本多正信)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

ドラマ2017年10月15日

 草履番としての働きを家康(阿部サダヲ)に認められた万千代(菅田将暉)の下に、後釜として“ノブ”と名乗る中年男がやってきた。自分が小姓になるためには、一人前の草履番に育ってもらわなければと、動きの鈍いノブにいら立つ万千代。だがこの男こそ、か … 続きを読む

「万千代が直政になる過程に、直虎がどう関わっていくのかが楽しみ」柴咲コウ(井伊直虎)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

ドラマ2017年10月8日

 井伊谷が徳川領となり、直虎は農民として暮らす一方、“井伊万千代”と名を改めた虎松(菅田将暉)は、徳川家康(阿部サダヲ)に仕えることとなった。ところがそれは、万千代の養家・松下家を裏切る結果となり、直虎は事態収拾に奔走することに。果たして直 … 続きを読む

【映画コラム】果たして前後篇にする必要があったのか…『あゝ、荒野』前篇

映画2017年10月7日

 寺山修司の長編小説の舞台を、1960年代後半の新宿から2021年に移して映画化した『あゝ、荒野』 前篇が公開された。(後篇は21日公開)。  共に孤独な日々を送る新次(菅田将暉)と建二(ヤン・イクチュン)が出会い、プロボクサーの新宿新次と … 続きを読む

page top