【インタビュー】「第89回アカデミー賞授賞式」斎藤工と板谷由夏が作戦会議!? レッドカーペット取材の秘策はピコ太郎?

2017年2月24日 / 08:05

 WOWOWで2月27日(日本時間)に放送する「生中継!第89回アカデミー賞授賞式」で、レッドカーペット・レポーターとして現地に赴く女優の板谷由夏と、スタジオゲストとして参加する俳優の斎藤工。映画界最大の祭典で熱気を伝えるべくレッドカーペット取材に望む板谷に、同局の映画情報番組「映画工房」で共に司会を務める仲でもあり、おととしレッドカーペット・レポーターを体験した斎藤がアドバイスを語った。

 

斎藤工(左)と板谷由夏

斎藤工(左)と板谷由夏

―いよいよ近づいてきましたが、当日楽しみにしていることは何ですか。

斎藤 私はズバリ、トランプ政権がどれぐらい影響するかです。アカデミー賞では授賞式当日までの出来事が反映される傾向にあるので、この話題は避けては通れないと思います。今、ハリウッドとトランプの微妙な関係が出来上がりつつありますし、刺激的な授賞式になってほしいと思います。

板谷 私もすごく気になっています。このチャンスは1回しかないので、今の向こうの空気感はちゃんと味わってきたいと思います。

―現地で会ってみたい女優は?

板谷 会いたい人だらけです。メリル・ストリープやイザベル・ユペールも見たいですし、(斎藤)工選手のリクエストとしてはミシェル・ウィリアムズとエマ・ストーンも。

―授賞式といえばパフォーマンスも見どころの一つですが、期待しているものはありますか。

斎藤 (監督賞の候補になっている)メル・ギブソンにダニー・グローバーが質問しに来たら最高ですね。あと、もし『ラ・ラ・ランド』が賞を独占するのであれば、以前『レ・ミゼラブル』で行ったように、作品を意識した演出を見てみたいです。主演のライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが歌って踊るような演出があったらいいですね。

―板谷さんは取材を控えた今の心境はいかがですか。

板谷 なかなかできない経験なので、楽しみだし、光栄に思います。ちゃんと現地の声をお届けするのが使命ですね。「板谷大丈夫か?」ってすぐにスタジオに返されちゃうかも(笑)。

斎藤 そこは、尾崎(英二郎) さんと打ち合わせをするから大丈夫です(笑)。日本はチーム力があると思うので、どちらかが質問をしたらどちらかがその解答に対してさらに質問を乗せたり、そういう連携も楽しみです。

―斎藤さんはおととし参加していますが、レッドカーペットの印象はいかがでしたか。

斎藤 質問の数を指定される俳優さんもいらっしゃることはありますが、ベネディクト・カンバーバッチやエディ・レッドメインはすごく丁寧に答えてくださって、とても誠実な印象を受けました。あと、寒いとドレスアップした女性は早く会場に入ろうとするので、女性陣をキャッチしづらくなります。でも、そこも生ものとしては逆に面白いかもしれませんね。

―レッドカーペットでコメントを取るコツなどはありますか。

斎藤 ポジションにもよると思いますが、WOWOWのブースは100近い米国外メディアが並ぶ序盤にあるので、いい意味で目立つと思います。先日、ヨーロッパでグザヴィエ・ドラン監督にお会いした時にアジアの映画マーケットをすごく大事にして下さっていると感じましたし、板谷さんも存在感がある方なので、スルーされないと思います。

板谷 スルーされたらどうしよう…。

斎藤 そのときはピコ太郎さんの格好をすれば(笑)。海外の方にも通じるし、尾崎さんとダブルピコ太郎とか新しいかも。

板谷 スルーされたら、ピコ太郎さんの衣装をかぶろうかな(笑)。

―ちなみに、板谷さんは当日の衣装はもう決まっていますか。

板谷 まだ考えてないです。

斎藤 僕の時は和服で行こうとしたら、その時は3人だったからかもしれないですけど、スペースが狭い関係でNGになったことがありました。

―斎藤さんから板谷さんに期待する事はありますか。

斎藤 板谷さんはご自身のルールがあって、この6年間一緒に番組をやらせていただいていますが、デンゼル・ワシントンのことを「デンゾー」と呼んだり(笑)。もう、現地でもそう言ってほしいですね。(本人に)当て字の漢字を書いた法被でもプレゼントしたりして(笑)。

(取材/文/中村好伸)

「生中継!第89回アカデミー賞授賞式」は、WOWOWプライムで2月27日(月)午前10時[二][同時通訳]/午後9時[字幕版]放送

「レッドカーペット生中継!第89回アカデミー賞授賞式」  
2月27日(月)午前9時[無料放送]WOWOWプライム

Chris Jenkins and Gregg Rudloff walking onstage to accept the Oscar® for Achievement in sound mixing, for work on “Mad Max: Fury Road” during the live ABC Telecast of The 88th Oscars® at the Dolby® Theatre in Hollywood, CA on Sunday, February 28, 2016 from presenters Chris Evans and Chadwick Boseman.

Chris Jenkins and Gregg Rudloff walking onstage to accept the Oscar® for Achievement in sound mixing, for work on “Mad Max: Fury Road” during the live ABC Telecast of The 88th Oscars® at the Dolby® Theatre in Hollywood, CA on Sunday, February 28, 2016 from presenters Chris Evans and Chadwick Boseman.


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】舞台「鬼滅の刃」小林亮太&本田礼生インタビュー 「全員が気を引き締めて挑まなきゃいけない」

舞台・ミュージカル2019年12月12日

 2020年1月18日から舞台「鬼滅の刃」が上演される。原作は『週刊少年ジャンプ』に連載中の人気漫画。人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣劇と時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、2019年4月から放送を開始したTVアニメも絶大な … 続きを読む

【インタビュー】舞台「この声をきみに~もう一つの物語~」尾上右近、演劇作品への挑戦が「自分にとって豊かな財産になっている」

舞台・ミュージカル2019年12月11日

 2017年に放送された、大森美香脚本によるNHKオリジナルドラマ「この声をきみに」がスピンオフとして舞台化される。竹野内豊が主演した同ドラマは、朗読教室を舞台に、現代に生きる大人たちの恋愛を描き、高い評価を得た。舞台版では、大森自らが脚本 … 続きを読む

【インタビュー】『カツベン!』周防正行監督、成田凌 「これが映画の始まりなんだ、ということを、意識して見てほしいです」

映画2019年12月11日

 今からおよそ100年前の日本。活動写真と呼ばれ、まだモノクロでサイレントだった映画をより楽しむため、楽士の奏でる音楽に合わせて、自らの語りや説明で映画を彩った活動弁士(通称カツベン)がいた。弁士に憧れる若き青年を主人公に、映画黎明(れいめ … 続きを読む

「東京オリンピックの聖火リレー最終ランナーという重要な役。プレッシャーを感じています」井之脇海(坂井義則)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年12月8日

 いよいよ大詰めを迎えた「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。次回、最終回でついに田畑政治(阿部サダヲ)らの悲願であった1964年東京オリンピックが開幕する。その開会式の見せ場となる聖火リレー最終走者に抜てきされたのは、広島に原爆が … 続きを読む

【インタビュー】「本気のしるし」土村芳「オーディションに受かったときは驚きました」深田晃司監督「男をドキッとさせるようなせりふを、土村さんはナチュラルに言ってくれた」唯一無二のヒロイン誕生の舞台裏!

ドラマ2019年12月6日

 虚無的な日々を送る会社員の辻一路(森崎ウィン)はある日、葉山浮世という女性と出会う。だが浮世には、無意識のうちにうそやごまかしを繰り返し、男性を翻弄(ほんろう)する一面があった。そんな浮世にいら立ちながらも、なぜか放っておけない辻は、次第 … 続きを読む

page top