【インタビュー】「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」“女医”伊藤蘭が見抜けるのは「夫のお世辞」  「何か目的があるなって、すぐ分かります」

2016年10月17日 / 18:54

 解析診断部の医師・橘志帆(吉田羊)が、病の原因の究明に当たる医療ミステリードラマ「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」(カンテレ・フジテレビ系で放送中)で、伊藤蘭が志帆の“天敵”となる女医の岩倉葉子を演じている。伊藤が現場での様子や役への意気込みを語った。

 

女医の岩倉葉子を演じる伊藤蘭

女医の岩倉葉子を演じる伊藤蘭

-今回の葉子という役は“上から目線の女医さん”ですが、演じる上で気を付けているポイントはありますか。

 葉子にとって、患者さんを救うという使命は変わらないので、その表し方の一つだと捉えています。野心も野望もあるエネルギッシュな女性。自己顕示欲がちょっと強い部分もありますが、視聴者の方には“人間っぽい部分”として感じてもらえればと思います。やる時はちゃんと使命を全うする女性だと思って取り組んでいます。

-話し方が“強め”で、普段の伊藤さんとはかなり違いますね。

 そうですね。半分おじさんみたいな感じでやっています(笑)。練習しているとそんな気分になってきます。でも仕事をしている人って、みんなそうなのかなとも。自分はこういう言い方はしないだろう、という言い方をするので、それが面白いと言えば面白いです。

-吉田さん演じる志帆とは対立する役どころですが。

 現場では、初日から羊さんと会話が弾んでいました(笑)。昔、私が歌っていた歌の「振り付けで苦労しました」などと言うので、私が「簡単そうで難しいでしょ」って話したりして(笑)。普段も楽しい方です。解析診断部の打ち合わせのシーンで、撮影が夜中になっても殺伐とした感じにはなりません。女性が多いといいですね。ピリピリとは無縁です。

-葉子は、一見、怖い女性の役なのかなと思ったらキュートで人間味のある役ですね。

 全くその通りです。私も初めて聞いた時は悪役的な感じなのかなと思っていたんですが、ふたを開けたらそうではなかった。志帆とも“似た者同士”であり、決して、ただの嫌な人ではない。人間性の幅を感じていただければと思います

-2人の掛け合いは目が離せません。志帆も葉子に負けじと返してきますね。

 最後に、ギャフンが必ずありまして。これって、もう死語ですけど(笑)。葉子は上からさんざん志帆に言っておきながら、最後は志帆にギャフンとやられてしまう。演じていても面白いし、志帆と葉子の掛け合いを皆さんにも楽しんでいただければと思います。

-劇中で葉子はレギュラー番組「お助けドクターSOS」を持っていますが、その中で、とても印象的な決めぜりふ「お天道さまはごまかせても私の目はごまかせない!」があります。

 台本を読んでいて「これ何?」「お天道さまって何ですか?」って(笑)。「どっちかというとダサいですよね」と言ったんですが、監督も「ダサいです」と。設定ではどうなんでしょうね。テレビ局からの要請があって葉子なりに精いっぱい考えたせりふなんだと思いますが、やる方としては恥ずかしいです。監督にはちょっとした身振りも付けるように言われてしまって(笑)。

-この決めぜりふにちなみ、伊藤さんご自身は、相手に対して「これは見抜けるわ」という鋭いものを何かお持ちですか。

 難しいですね。主人(水谷豊)の、何ていうんですか、お世辞(笑)。なんかすぐ分かります。何か目的があるなって。

-水谷さんといえば、10月からテレビ朝日系ドラマ「相棒 season15」が始まります。連続ドラマに同時期に取り組む夫婦というのも珍しいと思いますが、そういう時は、お互いに家の中で台本をどのように覚えているのですか。

 稽古部屋はないのですが、お互いに(せりふ覚えに)気に入ったポジションがあるので、そこでやっていたら邪魔しないようにはしています。それぞれの場所があるので、その時間は邪魔しないようにするぐらいで、他は特には…。(台本読みを)やってるやってる!と思ったらすぐ退散します(笑)。

-医者と患者との関係性も描かれる本作ですが、伊藤さんご自身はお医者さんにどういうことを求めますか。

 病院は苦手な方なので、なかなか行かないのですが、やはり体を見られるので、お医者さんは女性がいいですね。実際は、圧倒的に男性の方が多いのですが。だから、それ(女性医師)を基準に出産の時も病院を選んだぐらいだし、女医さんの方がなんとなく安心感があります。でも怖い女医さんもたまにいますよね(笑)。

-ドラマでは医学的な用語が飛び交いますが、その点はいかがですか。

 すごく難しい医療用語がたくさん出てきます。各パートの役者さんには、必ずせりふの中に超えなければならない山があるし(せりふの)応酬もある。それを全部“役者さんに任せよう”という、認め合っている空気が現場にはあるので、その思いに応えようとする役者さんと、見守るスタッフさんのいい意味での緊張感が生まれていると思います。

-最後にドラマの見どころをお願いします。

 最初は、主役の羊さん演じる志帆の背景がちょっとミステリアスに描かれています。そういう部分が、ドラマが進むにつれてはっきりしてくる部分が見どころだと思います。後は7人の女医がそれぞれの持ち味を出しながら、患者さんを救っていくという情熱を、ドラマを通して感じていただけたらと思います。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「鎌倉殿の13人」第24回「変わらぬ人」源範頼と大姫、2人の悲劇から考察したサブタイトルの意味

ドラマ2022年6月25日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。6月19日に放送された第24回「変わらぬ人」では、源頼朝(大泉洋)の弟・範頼(迫田孝也)と娘の大姫(南沙良)の死という一見、無関係な二つの悲劇が、三谷幸喜の巧みな脚本で一つのドラマにまとめ上げ … 続きを読む

横山だいすけ、歌のお兄さんを卒業後も「歌が好きで、子どもが好きだという思いは一生変わらない」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年6月25日

 NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」の第11代目歌のお兄さんを2017年まで務め、絶大な人気を誇った横山だいすけ。歌のお兄さんを卒業後は、数々のテレビ番組やミュージカルを中心に幅広い活動を続けている。7月25日から上演される、ミュージカ … 続きを読む

『神は見返りを求める』吉田恵輔監督「自分は何か欠けているものが好きなんだなと」映画界注目の監督がYouTuberの世界を描く異色のラブストーリーに込めた思い【インタビュー】

映画2022年6月23日

 底辺YouTuberのゆりちゃん(岸井ゆきの)と彼女を献身的に支える中年男性・田母神(ムロツヨシ)。信頼で結ばれていた2人の関係が、壮絶な愛憎劇に発展するさまをシニカルでポップなタッチでつづった『神は見返りを求める』が6月24日から公開さ … 続きを読む

ハリウッドのお気楽映画が帰ってきた『ザ・ロストシティ』【映画コラム】

映画2022年6月22日

『ザ・ロストシティ』(6月24日公開)  恋愛小説家のロレッタ(サンドラ・ブロック)は、新作のロマンチックな冒険小説の宣伝イベントに駆り出されるが、主人公のイメージで、小説の表紙を飾るセクシーなモデル、アラン(チャニング・テイタム)の軽薄な … 続きを読む

【インタビュー】本田望結、18才“新成人”を迎え「大人」への思い「小さい頃から両親ではなく自分が責任を取りたいと思ってた」 映画『きさらぎ駅』で初の女子高生役

映画2022年6月21日

 恒松祐里が主演する映画『きさらぎ駅』が公開中だ。本作は、2004年に「はすみ」と名乗る女性が、この世に存在しない「きさらぎ駅」という異世界にたどり着いた経験をネットの匿名掲示板に投稿した後に消息不明となった都市伝説を基にしたホラーミステリ … 続きを読む

amazon

page top