【インタビュー】「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」“女医”伊藤蘭が見抜けるのは「夫のお世辞」  「何か目的があるなって、すぐ分かります」

2016年10月17日 / 18:54

 解析診断部の医師・橘志帆(吉田羊)が、病の原因の究明に当たる医療ミステリードラマ「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」(カンテレ・フジテレビ系で放送中)で、伊藤蘭が志帆の“天敵”となる女医の岩倉葉子を演じている。伊藤が現場での様子や役への意気込みを語った。

 

女医の岩倉葉子を演じる伊藤蘭

女医の岩倉葉子を演じる伊藤蘭

-今回の葉子という役は“上から目線の女医さん”ですが、演じる上で気を付けているポイントはありますか。

 葉子にとって、患者さんを救うという使命は変わらないので、その表し方の一つだと捉えています。野心も野望もあるエネルギッシュな女性。自己顕示欲がちょっと強い部分もありますが、視聴者の方には“人間っぽい部分”として感じてもらえればと思います。やる時はちゃんと使命を全うする女性だと思って取り組んでいます。

-話し方が“強め”で、普段の伊藤さんとはかなり違いますね。

 そうですね。半分おじさんみたいな感じでやっています(笑)。練習しているとそんな気分になってきます。でも仕事をしている人って、みんなそうなのかなとも。自分はこういう言い方はしないだろう、という言い方をするので、それが面白いと言えば面白いです。

-吉田さん演じる志帆とは対立する役どころですが。

 現場では、初日から羊さんと会話が弾んでいました(笑)。昔、私が歌っていた歌の「振り付けで苦労しました」などと言うので、私が「簡単そうで難しいでしょ」って話したりして(笑)。普段も楽しい方です。解析診断部の打ち合わせのシーンで、撮影が夜中になっても殺伐とした感じにはなりません。女性が多いといいですね。ピリピリとは無縁です。

-葉子は、一見、怖い女性の役なのかなと思ったらキュートで人間味のある役ですね。

 全くその通りです。私も初めて聞いた時は悪役的な感じなのかなと思っていたんですが、ふたを開けたらそうではなかった。志帆とも“似た者同士”であり、決して、ただの嫌な人ではない。人間性の幅を感じていただければと思います

-2人の掛け合いは目が離せません。志帆も葉子に負けじと返してきますね。

 最後に、ギャフンが必ずありまして。これって、もう死語ですけど(笑)。葉子は上からさんざん志帆に言っておきながら、最後は志帆にギャフンとやられてしまう。演じていても面白いし、志帆と葉子の掛け合いを皆さんにも楽しんでいただければと思います。

-劇中で葉子はレギュラー番組「お助けドクターSOS」を持っていますが、その中で、とても印象的な決めぜりふ「お天道さまはごまかせても私の目はごまかせない!」があります。

 台本を読んでいて「これ何?」「お天道さまって何ですか?」って(笑)。「どっちかというとダサいですよね」と言ったんですが、監督も「ダサいです」と。設定ではどうなんでしょうね。テレビ局からの要請があって葉子なりに精いっぱい考えたせりふなんだと思いますが、やる方としては恥ずかしいです。監督にはちょっとした身振りも付けるように言われてしまって(笑)。

-この決めぜりふにちなみ、伊藤さんご自身は、相手に対して「これは見抜けるわ」という鋭いものを何かお持ちですか。

 難しいですね。主人(水谷豊)の、何ていうんですか、お世辞(笑)。なんかすぐ分かります。何か目的があるなって。

-水谷さんといえば、10月からテレビ朝日系ドラマ「相棒 season15」が始まります。連続ドラマに同時期に取り組む夫婦というのも珍しいと思いますが、そういう時は、お互いに家の中で台本をどのように覚えているのですか。

 稽古部屋はないのですが、お互いに(せりふ覚えに)気に入ったポジションがあるので、そこでやっていたら邪魔しないようにはしています。それぞれの場所があるので、その時間は邪魔しないようにするぐらいで、他は特には…。(台本読みを)やってるやってる!と思ったらすぐ退散します(笑)。

-医者と患者との関係性も描かれる本作ですが、伊藤さんご自身はお医者さんにどういうことを求めますか。

 病院は苦手な方なので、なかなか行かないのですが、やはり体を見られるので、お医者さんは女性がいいですね。実際は、圧倒的に男性の方が多いのですが。だから、それ(女性医師)を基準に出産の時も病院を選んだぐらいだし、女医さんの方がなんとなく安心感があります。でも怖い女医さんもたまにいますよね(笑)。

-ドラマでは医学的な用語が飛び交いますが、その点はいかがですか。

 すごく難しい医療用語がたくさん出てきます。各パートの役者さんには、必ずせりふの中に超えなければならない山があるし(せりふの)応酬もある。それを全部“役者さんに任せよう”という、認め合っている空気が現場にはあるので、その思いに応えようとする役者さんと、見守るスタッフさんのいい意味での緊張感が生まれていると思います。

-最後にドラマの見どころをお願いします。

 最初は、主役の羊さん演じる志帆の背景がちょっとミステリアスに描かれています。そういう部分が、ドラマが進むにつれてはっきりしてくる部分が見どころだと思います。後は7人の女医がそれぞれの持ち味を出しながら、患者さんを救っていくという情熱を、ドラマを通して感じていただけたらと思います。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

「この映画を作りながら、プリンスが僕の人生を変えてくれたと言っても過言ではありません」『プリンス ビューティフル・ストレンジ』ダニエル・ドール監督【インタビュー】

映画2024年6月14日

 1958年に米ミネソタ州ミネアポリスで生まれ、住民のほとんどが白人という環境下で多感な青春時代を過ごしたプリンス(本名:プリンス・ロジャーズ・ネルソン)。自伝的映画『パープル・レイン』(84)とそのサントラのメガヒットで世界的スターとなっ … 続きを読む

Willfriends

page top