「歴史の教科書で太字にならない人が僕も三谷さんも好き」 堺雅人(真田信繁)2 【真田丸インタビュー】

2016年3月23日 / 00:00

 NHKの大河ドラマ「真田丸」の主人公で、有力な大名に囲まれ、常に政治的な駆け引きや調略を必要とした真田家の次男として生まれた真田信繁を熱演している堺雅人。波乱の時代を好奇心旺盛に生き抜いていく信繁の成長を語る。

 

真田信繁役の堺雅人

真田信繁役の堺雅人

-久しぶりの三谷幸喜脚本作に出演した感想は?

 13話までの部分は1話1話がぎゅっと詰まっていて、短編として見ても面白い作品が13話そろっていた感じでした。濃密な時間が流れていましたね。

-どんなことが印象に残っていますか。

 平岳大さんが演じた武田勝頼が皆さんからいい殿様だと言われたのがうれしかったし、草刈正雄さんの演じるわが父上(昌幸)の何を考えているのか分からないあの感じが視聴者の皆さんに届いているところが面白いです。歴史や人物をちゃんと掘り下げて描くと面白いということを教えてもらった。こんなにたくさんの魅力的な人たちに囲まれてお芝居ができているのは幸せです。

-三谷さんと連絡は?

 ばったり会って20~30分立ち話をしました。歴史の教科書で太字にならない人が僕も三谷さんも好きなようで、実はこの人はこうだったみたいな話をしました。

-放送が始まる前後で変化は感じましたか。

 撮影現場と書き手である三谷さんの頭の中が行き来できるようになって、キャッチボールが始まった気がします。それが人物やシーンを生き生きとさせている。特に西村雅彦さんが演じている室賀正武の使い方が生き生きとしてきました(笑)。「黙れ小童(こわっぱ)」という決まり文句をここまで重ねてくるとは。ぜひ流行語大賞を狙ってほしいです(笑)。

-時には暗殺も辞さないなど、昌幸のやり方には信繁も恐怖を抱くことがありますね。

 三谷さんはなるべく人の死から何かを引き出したいと考えていると思います。無名の人にもそれぞれの人生があり、その死から何かを学ぶことができる。誰かが死ぬことで主人公の信繁の心が動き、少しずつ成長する。そのことで誰かの死が物語上は無駄にならない。すごく緻密に計算された三谷さんの配慮だと思います。

-重要な武将があっさりナレーションで死んでいたりしますね。

 もともと信繁が見ていない部分は省略すると聞いていました。今回の大河で一番楽しんでいただけるのは「見通しの悪さ」(笑)。今の時代でも、この先国際情勢がどうなるのかは誰にも分かりません。戦国時代にしても徳川家康も含めて誰がいつ滅亡するのか分からない。みんなぎりぎりのところで奮闘しているのが今回の大河だと思います。

-信繁は父親になりますね。

 今まであちこち飛び跳ねていた人が初めて大地を意識する。それが多分、梅(黒木華)という存在だと思います。とてもいい祝言でしたが、その裏で血なまぐさい事件も起きる。そこも含めて、祝福と呪いを同時に受けているよう。今回の台本はその連続です。長編小説を読んでいるような、一筋縄ではいかない感じです。

-大坂編が始まるまでの回でお薦めのシーンを挙げてください。

 僕が六文銭の旗を持って敵を挑発し続けて、兵をおびき寄せるシーンです。ずいぶん長いシーンで、ウォーとかワオーとか叫ぶシーンではないんですが、合戦の迫力はそのままに、切り口をちょっと変えている。とにかく45分間相手をばかにし続ける。役者もへとへとになりましたし、撮る方も手間暇懸けていました。でもなかなか人は死なないし、三谷さんらしいですよ。

-演技でこだわったことは?

 以前、上田にロケに行った時に地元の獅子舞の踊りがすごく面白いと思ったんです。3頭の獅子舞がいて、前にいるてんぐみたいな人につられながらやるんです。その動きを撮影のどこかで入れたいなとずっと思っていて、「そうだ挑発の動きに使おう」と監督に相談しました。日本舞踊の洗練された動きとはちょっと違う、野性味あふれる足運びだったので、真田の山の民らしさが出るのではないかと思いました。ぜひご覧ください。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 全国大会 青学(せいがく)vs立海 後編 ついに完結へ 阿久津仁愛インタビュー 自信あふれるテニミュ愛「本当にこれが青春」

舞台・ミュージカル2019年11月15日

 ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 全国大会 青学(せいがく)vs立海 後編が、12月19日~24日の東京公演を皮切りにスタートする。青春学園中等部と立海大附属中学校による全国大会決勝戦の戦いを描く本作では、2勝2敗と混戦を極め … 続きを読む

【インタビュー】映画『影踏み』山崎まさよし “俳優”と見られることに「腹をくくった」 尾野真千子 “薄幸役”に自信「見せてやろうじゃない!」

映画2019年11月13日

 「半落ち」「64-ロクヨン-」などの横山秀夫の同名小説を実写映画化した、孤高の泥棒が事件を解き明かす異色の犯罪ミステリー『影踏み』で、プロの窃盗犯として生きる真壁修一役で主演を務めた山崎まさよしと、修一と恋仲の久子役で共演した尾野真千子。 … 続きを読む

【インタビュー】映画『いのちスケッチ』 佐藤寛太 一流俳優との共演を経て高みを目指す

映画2019年11月13日

 福岡県大牟田市に実在する、動物福祉に特化した世界的にも珍しい動物園を舞台に、「命」の物語をつむぐ映画『いのちスケッチ』。主演の佐藤寛太(劇団EXILE)は、これまで恋愛・青春映画に多数出演してきたが、今回は夢破れて故郷に帰るものの、家族や … 続きを読む

【2.5次元】「デスノート THE MUSICAL」高橋颯インタビュー、初ミュージカルに向けた思い「意地でも食らいついてやる」

舞台・ミュージカル2019年11月13日

 2020年1月20日から東京建物 Brillia HALLのこけら落としシリーズとして上演される「デスノートTHE MUSICAL」。夜神月役の村井良大&甲斐翔真に続き、エル役の高橋颯に、作品への思い、そして初ミュージカルへの意気込みを聞 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アースクエイクバード』ウォッシュ・ウエストモアランド監督 「“東京ノワール”と呼べるような、新たなノワールが構築できると思いました」

映画2019年11月13日

 1989年の東京で日本人写真家と恋に落ちた外国人女性ルーシー(アリシア・ヴィキャンデル)。だが、やがて彼女は三角関係に心乱され、行方不明だった友人殺しの容疑までかけられる。スザンナ・ジョーンズの同名小説をリドリー・スコットのプロデュースで … 続きを読む

page top