「現場が第二の家族になりつつあります」高畑充希(小橋常子) 【とと姉ちゃん インタビュー】

2016年3月28日 / 05:10

 4月4日から始まるNHKの連続テレビ小説「とと姉ちゃん」。“父親代わりの長女”小橋常子が、生前の父が教えてくれた「当たり前の生活がいかに大切か」という教えを胸に、2人の妹と母を守って型破りの大奮闘を見せる。戦後、焼け野原の東京で常子は「女の人たちのために雑誌を作りたい」と家族と共に出版社を設立し、一冊の生活雑誌を作って世に送り出す。そんなヒロイン常子を演じる高畑充希が、役への思い、撮影現場での様子を語った。

 

小橋常子役の高畑充希

小橋常子役の高畑充希

-朝ドラのヒロインを演じた心境はいかがですか。

 (事前に)いろんな人から、「朝ドラは大変だよ!」と、脅かされて撮影に入りましたが(笑)、思っていたより大丈夫です。今まで過ごした撮影期間をあと2回したら終わってしまうんだなと思うと、それが寂しいです。

-朝ドラは「ごちそうさん」にも出演されましたが、ヒロインを演じる上での苦労はありますか。

 常子は本当にずっと出ているので、スケジュール表に(常子の)常、常、常…って書いてあって(笑)。なので「ご飯行きたいね」という話はたくさんするのに行く時間がありません。それはちょっと悲しいです。

-しっかり者の常子ですが、常子のキャラクターとご自分が似ているところと、そうではないところを教えてください。

 似ているところは、何か事件が起こった時に「なんとかなるでしょ」と思うところ。私もあまりマイナス方向に考えることがなくて、結構能天気に生きているタイプ。ただ、常子は基本的に人のために生きている人で、家族の人生を豊かにするために自分は何をすべきかをずっと考えている。私は、もっと自分中心なところもあるし、自分がしたいと思ったように動くことが多い。だからそういうところは素直にすごいなって尊敬できるし、自分は(常子のようには)なれないかなって思います。

-常子から刺激をもらってご自身の中で変わったことは?

 変わらないですね。今まで通りです。NHKを一歩出たら普段の私に戻っちゃいます(笑)。

-常子が生きた戦前、戦中という時代は、今とは価値観が大きく異なる時代です。役作りで特に留意したことはありますか。

 やはりその時代に生きた女性なので、最初に「常子を丁寧なキャラクターにしたい」という話を演出家さんや脚本家さんとしました。というのも、常子の家が結構礼儀作法を重んじる家なんです。女性はこうあるべきだとか、押し付けがましいことは全然言われていないけど、お箸の扱い方とか、靴のそろえ方とか、そういう細かいところは体に染み込んでいるという設定です。だから、いくら常子のテンションが上がったシーンでも畳のへりは踏まなかったり、いくら落ち込んでいても靴はそろえるとか…、そういうことは結構気を付けながらやっています。

-西田征史さんの脚本を実際に演じてみていかがですか。

 もしかしてロケが冬だということを知らないで書いたんじゃないかと(笑)。寒空に裸足に下駄で、すごく寒くて、そのたびに西田さんに連絡して「どういうつもりですか!?」って言っています(笑)。

-笑えるシーンも多いですね。

 そうですね。でも、西田さんの脚本は、笑わせようとするせりふはないのに、クスッと笑える感じなんです。せりふが面白いというよりは、それぞれのキャラクターが何か“おかしい”。そうしたキャラクターがあってのほっこりとした笑いなので、味が濃過ぎないところがいいですね。

-小橋家という家族の一員になって、高畑さんはどう感じましたか。

 家族全員の考え方が“とと”を中心に出来上がっているんです。当時の父親は家長で大黒柱。とても声を掛けづらい存在だったと思います。でも小橋家ではちゃんと、ととが相手を対等に見てくれる。子どもだって尊重するし、3人の娘たちの意見もちゃんと聞くし、奥さんもそれに寄り添う。みんなに発言権があって。みんなの意見がそれぞれ聞ける人たちが一緒にいるので、それはいいなと思います。風通しがいいですね。

-そんな家族のスタイルを、高畑さんご自身の家族と比べてみるといかがですか。

 小橋家は本当に笑顔が絶えなくて、みんなすごくいい人なんです。高畑家もいい人の集まりです。とても仲がいいし、一人っ子だから両親にも割と何でも話せます。ただ、小橋家は(相手を)思いやったらそれを言葉にしたり、行動に移せる人たち。それに比べて私たちはそういうのは照れがあって、関西人なので笑いに変えてしまったりすることが多いですね。

-現場で刺激を受けている共演者がいたら教えてください。

 それぞれの方がとても面白いです。意外な感じの人も多いし…。例えば、かか役の(木村)多江さんも、和風美人というイメージで、しっとりと生きている印象だったのですが、実際はおちゃめで私たちとも一緒になってふざけてくれます。基本的に母親と娘3人のシーンが多いので、ずっと爆笑していることが多くて。一緒になって遊んでくれるのがうれしいです。

-現場は和気あいあいとした雰囲気ですね。

 お正月明けに会った時に、みんなが「こんなことがあったよ」とか、機関銃みたいにしゃべっていてすごかった(笑)。それぐらい、今しゃべりたい相手なんだと思います。第二の家族になりつつありますね。

-とと役の西島秀俊さんとは共演シーンがないと伺いました。

 共演シーンを作ってもらいたいです(笑)。西田さんにもう一度言います。朝ドラで親子なのに共演できないことがあるのかと驚きました。この前も、取材会で「幽霊役で出してほしい」と言ったんですけど…。西島さんは本当に穏やかな方。台本のとと以上に温かいととになっていました。

-最後にドラマの見どころを教えてください。

 一番の魅力は会話ですね。こういうことが起こるので見てください、というのはないです。淡々と日々の温かい感じをじんわりと感じていただければ。毎日朝ごはんを食べながら家族と何となく見て、あっ、良いものを見たなと思えるようなドラマになっていると思います。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第九回「栄一と桜田門外の変」見事なバランス感覚で描かれた“桜田門外の変”

ドラマ2021年4月14日

 4月11日に放送された大河ドラマ「青天を衝け」第九回「栄一と桜田門外の変」では、タイトル通り、幕末の世を揺るがした大事件「桜田門外の変」が描かれた。  これまで、主人公・渋沢栄一(吉沢亮)や、後にその主君となる徳川慶喜(草なぎ剛)を中心に … 続きを読む

タイトルバック制作秘話「渋沢の人生の軌跡を描くため、最先端の映像技術のタブーを破りました」柿本ケンサク(タイトルバック映像)【「青天を衝け」インタビュー】

ドラマ2021年4月14日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。激動の幕末から昭和を生き、“日本資本主義の父”と呼ばれた実業家・渋沢栄一の生涯を描くダイナミックな物語の幕開けを毎回、華麗なテーマ曲とともに彩るのが、印象的なタイトルバックだ。水墨画風のタッチ … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第八回「栄一の祝言」栄一や慶喜の姿に見る「思いやりと優しさ」

ドラマ2021年4月8日

 4月4日に放送された大河ドラマ「青天を衝け」第八回「栄一の祝言」は、その名の通り、親戚や友人、知人に囲まれた、栄一(吉沢亮)と千代(橋本愛)のにぎやかな結婚式でクライマックスを迎え、揺れる幕府内とは対照的に、和やかな幕切れとなった。  こ … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「高嶺のハナさん」泉里香、ドラマ初主演で挑む二面性のある主人公を「大切に演じていきたいと思います」

ドラマ2021年4月8日

 モデルとして活躍し、女優としても次々と話題作に出演している泉里香がドラマ初主演を果たす、真夜中ドラマ「高嶺のハナさん」が4月10日からBSテレ東ほかで放送される。本作は、ムラタコウジの同名コミックを連続ドラマ化したラブコメディー。会社では … 続きを読む

【映画コラム】恋愛を描いた対照的な2本の映画『アンモナイトの目覚め』と『パーム・スプリングス』

映画2021年4月8日

 今週は4月9日から公開される対照的な2本の映画を紹介する。  まずは、19世紀イギリス南西部の海沿いの町ライム・レジスを舞台に、女性同士の恋愛を描いた『アンモナイトの目覚め』から。  古生物学者のメアリー・アニング(ケイト・ウィンスレット … 続きを読む

amazon

page top