【真田丸 インタビュー】藤本隆宏(堀田作兵衛) 「作兵衛はドラマの中で『戦は嫌なんじゃ』と言っている唯一の存在」

2016年2月21日 / 00:05

 NHKの大河ドラマ「真田丸」の主人公、真田信繁(堺雅人)に忠誠を誓う地侍で、農民を束ねるリーダーとしても活躍する堀田作兵衛を演じている藤本隆宏。妹の梅(黒木華)が信繁の最初の子どもを産み、信繁とは強い絆で結ばれる作兵衛の心意気を藤本が語る。

 

堀田作兵衛役の藤本隆宏

堀田作兵衛役の藤本隆宏

-出演が決まった時はいかがでした。

 歴史好きで歴史ゲームも好きになり、特に『信長の野望』が大好きなんです。その憧れの戦国時代の、しかも大河ドラマに出させていただくことは一つの大きな夢を達成できた測り知れない喜びでした。

-では、好みの世界観ですね。

 真田の漫画や小説も昔読みましたしね。

-「真田丸」の台本を読んで感じたことは?

 自分には三(枚目)の線のせりふが多いんですが、三谷幸喜さんにはそう見えているのでしょうか。自分では分からなくて(笑)。

-堀田作兵衛の役作りはどのように?

 資料にもあまり書かれていないので、台本からイメージしているだけです。戦は好きではなくて、妹思い。信繁のことや真田の土地を愛している。あの時代を懸命に生きている男だということですね。

-黒木さんとは「花子とアン」でも共演していますね。

 でも、こんなに密に一緒にお芝居したのは初めてです。黒木さんは真実味のあるお芝居をきちんとされるので、とてもやりやすかったです。

-堺さんはいかがですか。

 最初にあいさつした時は堺さんでしたけど、今は信繁としか見えません(笑)。今後成長していく信繁の演技をどう変えていかれるのかすごく楽しみです。

-作兵衛も成長して変わっていきますよね。

 早く実年齢に近づかないかなと思っていますが(笑)。でもやっぱり、大坂の陣で信繁のもとに駆けつけるところが自分の見せ場だと思います。やりを持って駆けつけて一緒に討ち死にするなんて、なんてドラマチックなんだろうと思います。それと関ヶ原の戦いの前にたもとを分かつ信幸と信繁兄弟のどちらに付くのかが分かった段階で、(演技に向けた)自分の中の気持ちの整理をしておかないといけないと思っています。どう表現できるのかすごく楽しみです。

-今後楽しみにしているところは?

 「真田丸」というドラマは、初めは真田家のホームドラマのようですが、その後は、一家が戦国の波にもまれていく様子が描かれていきます。毎回いろんな要素が組み込まれていますし、そこを見てほしいですね。

-合戦シーンへの憧れは?

 かっこよく殺陣をしてみたいというのはありますが、うまくやると「ちょっと良過ぎる」と言われてしまうんです。農民の地侍が戦っている殺陣ですから、脇を広げて割と不格好にやった方がいいんですよ。

-しかし、やりの扱い方はかっこいいですよ。

 実は劇団四季に在籍していた時も蜷川幸雄さんの舞台に出た時も、アンサンブルメンバーの1人としてやりを持つことが多かったんです(笑)。劇団四季の時はやりを振り回していましたから。堺さんに褒められました。

-その堺さんの殺陣はいかがですか。

 うまいですねえ。かなり練習をされていると思いますが、あんなにしなやかに動ける人は見たことがないです。中心が全くぶれませんから。

-戦国を生き残るためにみんなが戦っている様子を見てどう思いますか。

 みんな戦いの後の平和を求めていたはず。そういう思いが戦国の世もあったと自分は捉えています。作兵衛はこのドラマの中で「戦は嫌なんじゃ」と言っている唯一の存在だと思うので、その気持ちをちゃんと表現していかないといけないと思います。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「スタンレーの魔女」石井凌&唐橋充「この作品で伝えたいことは、笑っていた人たちが急にいなくなるという切なさ」

舞台・ミュージカル2019年7月18日

 舞台「スタンレーの魔女」が7月28日から上演される。本作は、『銀河鉄道999』など数々のヒット作を生み出してきた松本零士による「ザ・コクピットシリーズ」に収録されている短編漫画を原作とした舞台で、2006年に初めて舞台化。その後、今回の脚 … 続きを読む

【インタビュー】『アンダー・ユア・ベッド』高良健吾、30代で迎えた変化 「キツくて嫌だった」ハードな役が「ご褒美」に

映画2019年7月16日

 『殺人鬼を飼う女』『呪怨』などの作家・大石圭の原作を基に、『バイロケーション』『氷菓』の安里麻里が監督を務めるミステリー映画『アンダー・ユア・ベッド』。さて、どんな話だろうと資料を手に取ると、「のぞいていたい。このままずっと―」のキャッチ … 続きを読む

「森山未來さんと初共演で夫婦役を演じさせていただくことができ、とても光栄です」夏帆(おりん)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年7月16日

 次のロサンゼルスオリンピックでの必勝を期して、着々と日本水泳チームの強化を図る田畑政治(阿部サダヲ)。一方、真打ちに昇進した美濃部孝蔵(森山未來)は、メチャクチャな振る舞いが災いし、相変わらず鳴かず飛ばずの日々を送っていた。貧しい暮らしの … 続きを読む

【映画コラム】ロバート・レッドフォードの俳優引退作『さらば愛しきアウトロー』

映画2019年7月15日

 度重なる銀行強盗と16回の脱獄を繰り返しながら、誰もあやめなかった74歳の紳士的なアウトロー、フォレスト・タッカーの“ほぼ真実の物語”。タッカーを演じたロバート・レッドフォードの俳優引退作でもある『さらば愛しきアウトロー』が公開された。原 … 続きを読む

【インタビュー】男劇団 青山表参道X 第2回公演「ENDLESS REPEATERS―エンドレスリピーターズ―」栗山航&西銘駿&塩野瑛久&定本楓馬「1年間の成長を見て」

舞台・ミュージカル2019年7月13日

 オスカープロモーション初の男性エンターテインメント集団「男劇団 青山表参道X」(以下、O―AOX)による第2回公演「ENDLESS REPEATERS―エンドレスリピーターズ―」が7月20日に開幕する。今回は、O―AOXのメンバーが3チー … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top