【真田丸 インタビュー】藤本隆宏(堀田作兵衛) 「作兵衛はドラマの中で『戦は嫌なんじゃ』と言っている唯一の存在」

2016年2月21日 / 00:05

 NHKの大河ドラマ「真田丸」の主人公、真田信繁(堺雅人)に忠誠を誓う地侍で、農民を束ねるリーダーとしても活躍する堀田作兵衛を演じている藤本隆宏。妹の梅(黒木華)が信繁の最初の子どもを産み、信繁とは強い絆で結ばれる作兵衛の心意気を藤本が語る。

 

堀田作兵衛役の藤本隆宏

堀田作兵衛役の藤本隆宏

-出演が決まった時はいかがでした。

 歴史好きで歴史ゲームも好きになり、特に『信長の野望』が大好きなんです。その憧れの戦国時代の、しかも大河ドラマに出させていただくことは一つの大きな夢を達成できた測り知れない喜びでした。

-では、好みの世界観ですね。

 真田の漫画や小説も昔読みましたしね。

-「真田丸」の台本を読んで感じたことは?

 自分には三(枚目)の線のせりふが多いんですが、三谷幸喜さんにはそう見えているのでしょうか。自分では分からなくて(笑)。

-堀田作兵衛の役作りはどのように?

 資料にもあまり書かれていないので、台本からイメージしているだけです。戦は好きではなくて、妹思い。信繁のことや真田の土地を愛している。あの時代を懸命に生きている男だということですね。

-黒木さんとは「花子とアン」でも共演していますね。

 でも、こんなに密に一緒にお芝居したのは初めてです。黒木さんは真実味のあるお芝居をきちんとされるので、とてもやりやすかったです。

-堺さんはいかがですか。

 最初にあいさつした時は堺さんでしたけど、今は信繁としか見えません(笑)。今後成長していく信繁の演技をどう変えていかれるのかすごく楽しみです。

-作兵衛も成長して変わっていきますよね。

 早く実年齢に近づかないかなと思っていますが(笑)。でもやっぱり、大坂の陣で信繁のもとに駆けつけるところが自分の見せ場だと思います。やりを持って駆けつけて一緒に討ち死にするなんて、なんてドラマチックなんだろうと思います。それと関ヶ原の戦いの前にたもとを分かつ信幸と信繁兄弟のどちらに付くのかが分かった段階で、(演技に向けた)自分の中の気持ちの整理をしておかないといけないと思っています。どう表現できるのかすごく楽しみです。

-今後楽しみにしているところは?

 「真田丸」というドラマは、初めは真田家のホームドラマのようですが、その後は、一家が戦国の波にもまれていく様子が描かれていきます。毎回いろんな要素が組み込まれていますし、そこを見てほしいですね。

-合戦シーンへの憧れは?

 かっこよく殺陣をしてみたいというのはありますが、うまくやると「ちょっと良過ぎる」と言われてしまうんです。農民の地侍が戦っている殺陣ですから、脇を広げて割と不格好にやった方がいいんですよ。

-しかし、やりの扱い方はかっこいいですよ。

 実は劇団四季に在籍していた時も蜷川幸雄さんの舞台に出た時も、アンサンブルメンバーの1人としてやりを持つことが多かったんです(笑)。劇団四季の時はやりを振り回していましたから。堺さんに褒められました。

-その堺さんの殺陣はいかがですか。

 うまいですねえ。かなり練習をされていると思いますが、あんなにしなやかに動ける人は見たことがないです。中心が全くぶれませんから。

-戦国を生き残るためにみんなが戦っている様子を見てどう思いますか。

 みんな戦いの後の平和を求めていたはず。そういう思いが戦国の世もあったと自分は捉えています。作兵衛はこのドラマの中で「戦は嫌なんじゃ」と言っている唯一の存在だと思うので、その気持ちをちゃんと表現していかないといけないと思います。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「マシーン日記」大倉孝二「ユーモアは僕の第一優先事項」

舞台・ミュージカル2021年1月22日

 シアターコクーン芸術監督の松尾スズキが、話題のクリエーターたちを指名し、自身の過去の作品を新演出でよみがえらせるシリーズ、COCOON PRODUCTION 2021「マシーン日記」が、2月3日から上演される。本作は、松尾が1996年に書 … 続きを読む

【映画コラム】ディケンズの古典を今風に映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』

映画2021年1月21日

 チャールズ・ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』を、『スターリンの葬送狂騒曲』(17)のアーマンド・イアヌッチ監督(イタリア系のスコットランド人)が映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』が、1月22日から公開される。  ディケン … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

page top