「裸って気持ちいいんだ」松山ケンイチ 【インタビュー】『珍遊記』

2016年2月26日 / 18:07

 漫☆画太郎氏による伝説のギャグ漫画を映画化した『珍遊記』。天竺を目指して旅を続けていた玄奘(倉科カナ)と、半ば押し付けられる形で引き取られた山田太郎との旅を描く。妖力を封印された天下の不良少年・山田太郎を演じた松山ケンイチがこのほどインタビューに応じ、『珍遊記』実写化に対する思い、破天荒なキャラクターの役づくり、2歳から楽しめる作品の魅力などを語った。

 

(C)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会

(C)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会

―“まさか”の実写化で、主人公・山田太郎役のオファーが来た時の率直な感想を。

 漫☆画太郎さんの漫画を実写化すること自体珍しいことではあるし、山田太郎を演じることに対してはもちろん、これは大変だなという戸惑いもありました。でもいろいろなことに挑戦していろいろ感じたいと思っているので、やらないで終わるよりはやった方がいいかなと。挑戦できるきっかけは逃したくないし思い切りぶつかってみようと思いました。監督が(山口)雄大さんということも大きかったです。

―引っ張っていくタイプの、いわゆる“主人公”というタイプではない太郎を演じて新たに気付いたこと、開けたものはありましたか。

 もちろんありました。裸って気持ちいいんだ、みたいな(笑)。こういう、引っかき回していく役はけっこう多いのですが、すごく好きなので楽しんでやれました。逆に何かを背負っている役や引っ張っていかなければならない役はまたやり方が違う。そっちも楽しいけど、自由に引っかき回していく感じの役の方が面白くて好きですね。

―太郎の役づくりについて、監督からのアドバイスや自らのアイデアはあったのでしょうか。

 僕の見た目と漫画の太郎の見た目は全然違うんですよ。子どもになっちゃっていますから、それを30の大人がどう演じるかが悩みどころでした。監督は『七人の侍』で三船敏郎さんが演じた菊千代のような、サルっぽいイメージとおっしゃっていて、野性的、動物的な感じの表現になるのかなと。それをきっかけに自分の中でうまくつながりました。

―劇中では全裸や布をまとっただけの姿でも登場していますが、体づくりはしたのでしょうか。全身の肌がとてもきれいでした。

 太郎は子どもで、腹がぽよっと出ている感じだったので、絶対に男らしい体にはしないでくれと言われました。だらしない体形にしてとのことだったので、そうなるように撮影期間中は食べたり飲んだりして腹が出るように意識して。毛がない感じにしてほしいとも言われたので、この時は確か全身の毛をそっていました。人前で裸になるのって恥ずかしいことじゃないですか。最初は恥ずかしいなと思っていたけど、すぐ慣れるんですよ。数分後にはそれが普通になってしまって、環境って怖いなと思いました(笑)。

―イメージを持って太郎を演じたとおっしゃっていましたが、演じ終わってキャラクターの印象やイメージは変わりましたか。

 もう1回やっても(今回演じた)ああいうことになるんじゃないかと思います。自分の中ではふに落ちてしまっていて。それは、子どもが僕を見て『わあ!』と言ったり笑ったりしているのを目の当たりにしたからかも。一緒にこの映画を見たんですよ。そうしたら子どもが夢中になって見ていて、その時にこれでいいんだなと思ったんです。全部見ていられるかと言われたらそんな集中力はないのですが、新しい感じはあったみたいです。

―最後に、映画を楽しみにされている皆さんにメッセージをお願いします。

 原作を好きな人には若干物足りないかもしれないですね。原作には激しさがありますから。映画はストーリーに沿ってちゃんと終わるので、一応整理整頓されています。その分見やすくはなっていますけど。でも原作のファンの方にもこういうふうになったのかと確認しに来てほしい。あと、この映画の世界は死=すっぽんぽんなんですよ。死の概念が変わっていてものすごく面白いし、危険な場面がないので子どもにも見てもらいたいです。ただ、あまりまねしては駄目だよと。そんな感じです。

 映画は2月27日から新宿バルト9他で全国ロードショー。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『バースデー・ワンダーランド』杏「チィは『実写でも演じられるのでは?』と思うぐらい、自分に近い印象を受けました」

映画2019年4月25日

 『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』(01)をはじめ、大人から子どもまで楽しめる作品を送り出してきた原恵一監督の最新作アニメーション『バースデー・ワンダーランド』が、4月26日から全国ロードショーとなる。本作は、 … 続きを読む

【インタビュー】『R&J』佐藤流司、新しい“ロミオ&ジュリエット”で「ロミオ像をぶっ壊す」

舞台・ミュージカル2019年4月23日

 ウィリアム・シェークスピアの「ロミオとジュリエット」を原作としたRock Opera『R&J』が6月14日に開幕する。主役のロミオ役を演じるのは、ミュージカル『刀剣乱舞』の加州清光役やライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」 … 続きを読む

【インタビュー】『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』藤竜也「夫婦で見たら、見終わった後で『手をつないで帰ろうか』とか、そう思ってくれたらいいですね」

映画2019年4月22日

 3人の子どもを育て上げ、猫のチビと共に穏やかな晩年を過ごす勝と有喜子の夫婦。ところがある日チビがいなくなったことをきっかけに、不安をつのらせた有喜子は娘に「お父さんと別れようと思っている」と打ち明ける。西炯子の漫画を原作に、結婚50年を迎 … 続きを読む

草刈正雄にジェラシー!? のんきで気弱な婿養子が「チャーミングに見えればいいな」藤木直人(柴田剛男)【「なつぞら」インタビュー】

ドラマ2019年4月22日

 亡くなった戦友の娘・なつ(広瀬すず)を引き取り、十勝に連れてきた柴田家の父・剛男。義理堅くて優しいが、養父の泰樹(草刈正雄)には全く頭が上がらない気弱な婿養子をちゃめっ気たっぷりに演じている藤木直人。そんな藤木に、役に込めた思い、演じる上 … 続きを読む

「勘九郎くんの芝居が、お父さまにそっくりで驚きました」大竹しのぶ(池部幾江)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年4月21日

 ストックホルムから帰ってきた金栗四三(中村勘九郎)は、故郷・熊本で幼なじみのスヤ(綾瀬はるか)と結婚する。だがそれは、病気で亡くなったスヤの夫の家・池部家に四三が養子に入り、改めてスヤを嫁に迎えるという、四三にとって予想外の展開によるもの … 続きを読む

page top