【真田丸 インタビュー】迫田孝也(矢沢三十郎頼幸) 「真田だけでなく徳川も上杉も僕が和ませます」

2016年2月9日 / 16:30

 NHKの大河ドラマ「真田丸」の主人公、真田信繁(堺雅人)や兄の信幸(大泉洋)に付き従う真田家家臣の矢沢三十郎頼幸を演じる迫田孝也。堺らとの関係づくりの妙を語る。

 

矢沢三十郎頼幸役の迫田孝也

矢沢三十郎頼幸役の迫田孝也

-出演依頼を受けた時はどんな気持ちでしたか。

 「はい、喜んで」というのが表の声だとしたら、内心では「おいマジかよ。矢沢? やばい、知らねえー」って感じでした(笑)。

-放送後、周囲からの反響は?

 第1回放送の夜はずっとポケットの中で携帯電話が振動していました(笑)。父も喜んでくれていました。

-三十郎頼幸をどう演じていこうと思っていますか。

 父の頼綱から受けていた、武士としての英才教育で身についたものに加えて、お仕えする奔放な源次郎(信繁)様と実直な信幸様からそれぞれ違った影響を受けながら成長していく。そんな感じを楽しんでいるところです。

-実在した人物を演じるのはいかがですか。

 やるのは僕ですから、三十郎頼幸は僕が世に出す、というぐらいの気持ちでやっています。

-源次郎には疎まれながらも付いていくというイメージです。

 全力で近づこうとしても、向こうも全力で逃げるので(笑)。でも堺さんや大泉さんにはフレンドリーに接していただいているので、遠慮なく距離を詰めようとしています。

-いきなり堺さんと二人だけのシーンでしたね。

 緊張しました。でも撮影が終わった時に堺さんの方から食事に誘っていただきました。あれがあったから僕は、源次郎様と三十郎の距離が縮まったと思っていて、感謝しています。

-従うだけでなく源次郎を叱ったり励ますシーンもあります。今後の見せ場では?

 あの時は、火が消えそうな源次郎様の背中を見て、「この人を立ち直らせるのは三十郎しかいない」という気持ちになりました。だからお芝居というより、その後の物語につなげていくためにももう一度この人を奮い立たせなくてはならないという気持ちになって、僕の中でスイッチが入りました。撮影を思い返すだけで涙が出てきます。

-監督さんにばれない程度に目立つための作戦があれば。

 必ず源次郎様の後ろにいるので、隙間を見つけて(カメラに顔が入る位置に)入っていくように心掛けていました(笑)。監督さんにはたまに「煩わしい」と言われることはありますけど、ばれても負けずにやっていこうと思っています(笑)。

-「真田丸」にどんな痕跡を残そうと思っていますか。

 共演の方たちは「やっぱり一線級だなあ」と思わせられる方たちばかりで、時々心が折れます(笑)。だからむしろ撮影現場のムードメーカーをやりきることではないかと。元気だけでしょうが、盛り上げます。真田だけでなく徳川も上杉も僕が和ませます。

-三谷幸喜さんはどんな存在ですか。

 特別な存在です。映画の『12人の優しい日本人』を見て「この人とお仕事がしたい」と思って東京に来ました。『ザ・マジックアワー』のオーディションで選んでいただいて以来、いろんな作品に出させてもらっているので、導いてくれている人ですね。

-小山田茂誠を演じて人気の高木渉さんとはプライベートでも仲が良いとか。

 2011年に共演して以来です。昨年9月のクランクイン後の4カ月ぐらいは、撮影に参加していても放送前なので「本当に大丈夫なのか、俺たちは」と不安になっていました。でも、高木さんと酒を飲むことでそれが半分になりました。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「マシーン日記」大倉孝二「ユーモアは僕の第一優先事項」

舞台・ミュージカル2021年1月22日

 シアターコクーン芸術監督の松尾スズキが、話題のクリエーターたちを指名し、自身の過去の作品を新演出でよみがえらせるシリーズ、COCOON PRODUCTION 2021「マシーン日記」が、2月3日から上演される。本作は、松尾が1996年に書 … 続きを読む

【映画コラム】ディケンズの古典を今風に映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』

映画2021年1月21日

 チャールズ・ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』を、『スターリンの葬送狂騒曲』(17)のアーマンド・イアヌッチ監督(イタリア系のスコットランド人)が映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』が、1月22日から公開される。  ディケン … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

page top