【真田丸 インタビュー】木村佳乃(松) 「渉さんとは手を取り合って、愛し合う夫婦に見えるように相談しています」

2016年2月8日 / 15:34

 NHKの大河ドラマ「真田丸」の主人公、真田信繁(堺雅人)の姉で武田家の家臣、小山田茂誠(高木渉)に嫁いだ松を演じている木村佳乃。高木との仲むつまじい夫婦の役づくりについて語る。

 

松役の木村佳乃

松役の木村佳乃

-周囲の反響はいかがですか。

 「佳乃そのものだね」と、みんなに言われます。「私はこんなにとぼけてない」と思って演じていたのですが、どうやら私そのものみたいです(笑)。ニューヨークに住んでいるお友達からも「見たよ」って久しぶりに連絡があって、やっぱりすごいですね大河は。

-あて書きをされているのは楽しいですか。

 現場に入ったら、あて書きということはすっかり忘れています。三谷幸喜さんとは舞台で初めてご一緒したんですけど、稽古の期間が1カ月もあると素の状態を見られることも多いので、きっといろいろ見ていらっしゃったんでしょうね。

-松をどんな女性だと思いましたか。

 女性としては本筋からは少し外れていますが、でも「だから私はどうせ…」というのではなく、姉として堂々と男性たちを支えている、まっすぐで愛情深い女性だと思いました。

-ラブラブな夫婦を演じる上で高木さんとは何か相談していますか。

 小淵沢での乗馬の練習に私が来るのを聞きつけて、渉さんがわざわざごあいさつにいらしてくださいました。第一印象からお優しくて、それに私の実の旦那さん(東山紀之)と同じ年齢で、その年代の男性は得意というか慣れているので(笑)。すごくお話ししやすかったんです。「戦国時代の中でも心が温まる、愛情で結ばれた絆の深い夫婦を演じましょうね」と手を取り合って二人で決意しました。それからは台本にはなくても、おかしくない程度に手を取り合って、愛し合う夫婦に見えるように相談しながらやっています。お芝居の上ではちゃんと愛したいので、渉さんがどういうことをすれば喜んで、渉さんはいま何を考えているのかとかすごく考えます。スタジオに入ったらずっと渉さんを見て、茂誠さんの奥さまという気持ちを一番大事にしています。

-夫婦像が現代的ですし、女性陣は現代語に近いせりふですね。

 若い人にも分かりやすいようにという三谷さんの狙いですね。時代劇だとゆっくりとためてしゃべることが多いんですが、今回はどんどん速く。高畑淳子さんがとにかく速くて、私はその娘の役なので負けじと速く話しています(笑)。

-堺雅人さんはいかがですか。

 ご自分の出番でない時も優しく気遣いをいただいて。これぞ大河の座長という感じで頼もしいです。私も支えたいなと思っています。

-乗馬の経験がおありだそうですね。

 高校は馬術部でしたが、もう20年近くも前です。馬術部だと癖とか性格を知っている馬に乗りますが、仕事で初めての馬に乗るのは怖いんですよ。障害競技もやっていて落馬経験もあるものですから。でも乗馬の先生が私の怖さを取るところから稽古を始めてくださったので、大丈夫でした。

-長丁場になりますが、体力作りは?

 いまは子どもの世話が体力作りです。

-娘さんは「真田丸」を見ていますか。

 一瞬「ママだ」って言って終わりです。でも野盗が出てきたら怖がっていました。

-これから松はどうなっていくんでしょう。

 松は一時的に記憶喪失になるんですが、そこから(正気に)戻る場面の台本を読んで、いすから転げ落ちました(笑)。これをどういうふうに演じるんだろうと思って、久しぶりのプレッシャーです。すごい再登場の仕方をするので楽しみにしていてください。皆さんもずりっとなると思います(笑)。良い意味で。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『バースデー・ワンダーランド』杏「チィは『実写でも演じられるのでは?』と思うぐらい、自分に近い印象を受けました」

映画2019年4月25日

 『映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』(01)をはじめ、大人から子どもまで楽しめる作品を送り出してきた原恵一監督の最新作アニメーション『バースデー・ワンダーランド』が、4月26日から全国ロードショーとなる。本作は、 … 続きを読む

【インタビュー】『R&J』佐藤流司、新しい“ロミオ&ジュリエット”で「ロミオ像をぶっ壊す」

舞台・ミュージカル2019年4月23日

 ウィリアム・シェークスピアの「ロミオとジュリエット」を原作としたRock Opera『R&J』が6月14日に開幕する。主役のロミオ役を演じるのは、ミュージカル『刀剣乱舞』の加州清光役やライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」 … 続きを読む

【インタビュー】『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』藤竜也「夫婦で見たら、見終わった後で『手をつないで帰ろうか』とか、そう思ってくれたらいいですね」

映画2019年4月22日

 3人の子どもを育て上げ、猫のチビと共に穏やかな晩年を過ごす勝と有喜子の夫婦。ところがある日チビがいなくなったことをきっかけに、不安をつのらせた有喜子は娘に「お父さんと別れようと思っている」と打ち明ける。西炯子の漫画を原作に、結婚50年を迎 … 続きを読む

草刈正雄にジェラシー!? のんきで気弱な婿養子が「チャーミングに見えればいいな」藤木直人(柴田剛男)【「なつぞら」インタビュー】

ドラマ2019年4月22日

 亡くなった戦友の娘・なつ(広瀬すず)を引き取り、十勝に連れてきた柴田家の父・剛男。義理堅くて優しいが、養父の泰樹(草刈正雄)には全く頭が上がらない気弱な婿養子をちゃめっ気たっぷりに演じている藤木直人。そんな藤木に、役に込めた思い、演じる上 … 続きを読む

「勘九郎くんの芝居が、お父さまにそっくりで驚きました」大竹しのぶ(池部幾江)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年4月21日

 ストックホルムから帰ってきた金栗四三(中村勘九郎)は、故郷・熊本で幼なじみのスヤ(綾瀬はるか)と結婚する。だがそれは、病気で亡くなったスヤの夫の家・池部家に四三が養子に入り、改めてスヤを嫁に迎えるという、四三にとって予想外の展開によるもの … 続きを読む

page top