シリーズ【「ザ!鉄腕!DASH!!」スタッフに聞きました】 いつ完成する?「世界一うまいラーメン作れるか」

2015年8月30日 / 10:00

 今年、番組スタートから20周年を迎える日本テレビ系の人気バラエティー「ザ!鉄腕!DASH!!」。畑や海岸を切り開いたり、無人島を丸ごと開拓したり、物作りに一から挑戦したりと、TOKIOが体を張ってありとあらゆる企画に挑むこの番組の裏話を、陰で支えるスタッフの方々に聞きました。今回は、見ているだけで思わず食べたくなる、「世界一うまいラーメン作れるか」の裏話です。

 

File4 ディレクター 松田敦さん 
(番組スタッフ歴13年。「世界一うまいラーメン作れるか」では主な構成を担当。ほか「DASH島 無人島を開拓できるか!?」企画でのスズメバチ&ハブの駆除企画などにも携わる)

 

―この「世界一うまいラーメン作れるか」企画は、ほかのコーナーとは全く違う撮影の方法を取られていますね。これはどういう意図があったのですか。

 まずはほかの企画との色の違いを見せたいなというのが一つと、もう一つは“ハードボイルド”がテーマのコーナーにしたいな、というのがありました。それで、メンバーが食べる様子がよりリアルに映し出せる一眼レフカメラを使って撮ってみようということになりまして。さらに普通の番組だとラーメンを味わってもらってすぐに感想が出てきたりすると思うんですけど、ここではあえて視聴者の方にも一緒に感じてもらいたいということで、TOKIOにはひたすらズズズッと麺をすすってもらう形になったんです。

―城島さんも、この企画を見るとみんなが「ラーメンが食べたくなる」と。

 確かにそういうご意見をいただけますね。そう思ってもらえるだけで良かったです(笑)。

―この企画のここを見せたい、というのはどういうところですか。

 “世界一のラーメン”と言うと、皆さん一人ずつに違う味があるとは思うんですが、その中でも「ザ!鉄腕!DASH!!」で丸20年、いろいろなところに行っていろんなものを食べてきたTOKIOが最終的にどういうラーメンを選ぶのか…というところを見てもらえたらなと思っています。僕らスタッフも現場でメンバーと同じものを食べていますが、「うまい!何かが違う!」というところまでは分かっても「じゃあそこがどういう違いなのか?」というと、なかなか表現できない。でもTOKIOの皆さんは「すごい深みがある」「酸味が効いているからこの甘みが引き立っているんだ」などと細かい部分まできちんと分かるんですよ。それはやっぱり番組を20年やってきたからなんだろうし、あとはメンバーみんなが単純にラーメン大好き、という部分もあるんだと思います。

―メンバー一人ずつの味の感じ方の特徴はありますか。

 (国分)太一さんと長瀬さんのお二人は、まず「うまい!」が先に来てから細やかな味を分析します。リーダーと松岡さんは、逆にまず口に含んでしっかりと味わってから言葉が出てくる。(山口)達也さんは4人の中間。まぁ全て僕の主観ではありますけど(笑)、5人とも表現方法が違うので撮っていて楽しいです。

―城島さんは麺作りにも励まれていますが、松田さんから見て上達のほどはいかがですか。

 実は「陰で練習しているんじゃないかな?」って思うことがあります(笑)。オンエアでも流れましたけど、最初のころは本当にリズムをうまく取ることができなかったんですよ。その後何度か練習をしてもらっているんですけど、回を重ねるごとに驚くほど上達しているんです。プロのラーメン屋さんにお聞きすると普通は麺打ちをマスターするのに3年から5年はかかるそうなんですが、この間、その方に今のリーダーの麺打ちのVTRをお見せすると「うまいですね…これリーダー、毎日練習しているんじゃないですか!?」って。それを聞いて僕も「すげえなリーダー!」って思いました。

―ズバリ、ラーメン完成の目安は!?

 完成…するんですかね?(笑)。まずはTOKIOのメンバー全員が「うまい!」と宣言できる味を決めていけたらいいなと思います。そこからまた先を考えていきたいですね。

―松田さんがこれまで番組の中で体験された中で、一番忘れられない出来事とは?

 忘れられないというか、忘れてもらえない出来事が一つ…。過去に長瀬くんがマグロ釣りに挑む「つれたか丸」企画を担当していたんですけど、かなり波が荒い日に僕が酔ってしまいまして。長瀬くんが平然としている中で、僕だけが船の上で吐きながら「じゃあこうしましょうか」って打ち合わせをするという…。あの日のことはいまだに長瀬くんに言われますね。「すごいよね、吐いても指示を出していたもんね」って(笑)。

―それは確かに忘れたい記憶かもしれないですね(笑)。

  あと、リーダーと達也さんが毎回ハブやスズメバチに向かっていく姿が本当にすごいなと思います。あれ、防護服を着ていても脚がガクガクと震えるほどに怖いんですよ。それでもあの2人はどんどん近づいていって、普通に「こっち切ろうか、じゃあこうしよう」ということを話し合っていて。特にリーダーのプロ根性は相当です。本当はああいうヘビやハチ系が全く駄目な人なんですよ。プライベートでは絶対近くに行かないタイプなんですけど、ロケになるとスイッチが入るのか、怖がりながらもガンガン突っ込んでいって。そのプロ意識は本当にすごいと思います。

 ちなみに僕はリーダーと一緒のロケになる機会が多いんですけど、なぜかこのコンビで山などに行くと何かしらのハプニングが起こる可能性が高いんです。DASH島で遭難しかかったり、そんな急な崖ではなかったはずなのに、2人一緒にガーッと滑り落ちてしまったり(共にしっかりオンエア済み)。2人とも決してハプニングを起こそうというつもりはないんですけど、どうしてですかね?(笑)。

 

 雑誌「月刊TVfan」ではTOKIOメンバーが出演番組のエピソードを語る「TOKIOのお仕事」を連載中。8月24日から全国順次発売の10月号では「出張DASH村」の模様などを城島さん、国分さん、松岡さんが語っています。


特集・インタビュー

「やすらぎの郷」 (C)テレビ朝日

【芸能コラム】「やすらぎの郷」受け継がれていくスターたちの輝き

ドラマ2017年4月25日

 八千草薫、有馬稲子、浅丘ルリ子、加賀まりこ…。倉本聰脚本の下、往年の映画スターが一堂に会した昼の帯ドラマ「やすらぎの郷」(テレビ朝日系 月~金 午後12時半)が好調だ。  かつてテレビ界で活躍した人々が暮らす老人ホーム“やすらぎの郷”を舞 … 続きを読む

今川氏真役の尾上松也

「氏真の苦悩や考え方、生き方は、現代の人たちにこそ響くのでは」尾上松也(今川氏真)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

ドラマ2017年4月23日

 父・義元(春風亭昇太)の死後、祖母・寿桂尼(浅丘ルリ子)と共に今川家を守った氏真。しかし、一大勢力を築いた戦国大名・今川家を滅亡に導いた張本人として、歴史的な評価は厳しいものが多い。ドラマ本編でも、寿桂尼に頭が上がらず、義元の死を知って激 … 続きを読む

角谷三男役の泉澤祐希

「好きな人に直球なところ以外は等身大の自分です」泉澤祐希(角谷三男)【「ひよっこ」インタビュー】

ドラマ2017年4月18日

 NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」で、有村架純演じるヒロイン谷田部みね子の幼なじみで農家の三男坊・角谷三男役を演じる泉澤祐希。1149人が参加したオーディションで役をゲットしたが、気負うどころかありのままの自分で撮影を楽しんでいる様子。泉 … 続きを読む

(C)2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia

【映画コラム】“いい話”も工夫がなければ“いい映画”にはならない『ライオン 25年目のただいま』

映画2017年4月17日

 『ライオン 25年目のただいま』が公開された。5歳の時にインドで迷子になり、後に養子としてオーストラリアで育った青年が、GoogleEarth(グーグルアース)を使って25年ぶりに生家を発見したという実話を基にしている。  前半はインドの … 続きを読む

寿桂尼役の浅丘ルリ子

「もっと若かったら、寿桂尼が主人公のドラマをやりたかった」浅丘ルリ子(寿桂尼)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

ドラマ2017年4月16日

 義元(春風亭昇太)の死後、今川家の実権を握り、井伊家を支配する寿桂尼。“おんな戦国大名”の異名を取り、直虎(柴咲コウ)の手本ともなる人物を演じて圧倒的な存在感を見せているのが浅丘ルリ子だ。日本映画黄金時代から60年以上にわたって活躍する大 … 続きを読む

more
page top