【インタビュー】『ロマンス』タナダユキ監督 「全ては大島優子さんありきで始まった映画です」

2015年8月26日 / 12:00

 脚本・監督タナダユキ、大島優子主演の映画『ロマンス』が8月29日から全国公開される。箱根の景勝地を舞台に、ロマンスカーのアテンダントの北條鉢子(大島)と映画プロデューサーの桜庭(大倉孝二)とのたった1日の出会いと別れを描く本作は、大島にとってはAKB48卒業後、初の主演映画。本作が7年ぶりのオリジナル作品となったタナダ監督が、母親への複雑な思いを抱く鉢子を演じた大島や、本作に込めた思いについて語る。

 

タナダユキ監督

タナダユキ監督

-本作は、大島優子、箱根、ロマンスカー、というとてもユニークな設定が目を引きますが、映画化の経緯を教えてください。

 大島さんがAKB48からの卒業を発表した直後に、本作のプロデューサーから「大島優子さんで何か撮りませんか」というお話を頂きました。でも、きっといろんなオファーが来るだろうから企画が通るわけがないと思い、話半分で聞いていたんです(笑)。ところが、どうやら本当に動き出しそうだ、となって驚きました。

 私はもともと大島さんのファンでしたが、『ふがいない僕は空を見た』(12)で脚本を書いていただいた向井康介さんも彼女のファンだったので、黙っていたら怒られると思って相談したら、「こんな話はどう?」と骨組みを書いてくださったので、それを基に私が脚本を書きました。全ては大島優子さんありきで始まった映画です。

-映画監督として大島さんのどんな点に注目していたのですか。

  これは私が勝手に抱いていたイメージなのですが、AKB48時代の大島さんをテレビで見ていた時に「小さいころに見たお姉さんみたいだ」と思ったんです。全てを了解した上で引き受けて、やっているような、すごく大人の感じがしていました。もちろん彼女は明るくてかわいいところが前面に出ていますが、どこか影を感じる部分もあって、ドラマを感じさせる人だと思い、ずっと気になっていました。でも、まさか国民的アイドルだった彼女を主演にした映画が撮れるとは思っていませんでしたけど(笑)。

-映画化が決まった後、彼女をどんなふうに撮ろうと考えましたか。

  大島さんが自分の意志でAKB48を卒業した後だったので、作る側としては「大島優子は女優なんだ」ということを前提に、彼女のお芝居をきちんと見せられる作品にしたいと思いました。それに、最初からかわいいだけの彼女を撮るつもりはなかったので、AKB48時代からのファンの方も、今の女優としての彼女に興味がある方も「ああ、大島優子ってこんな表情をするんだ」と感じてもらえるようなお芝居を撮ろう、と。大島さんには「ぎりぎりのブサイクな顔でお願いします」と言ったこともありました(笑)。

-ただの観光映画とは違う、冬枯れの箱根の風景が印象的でした。

  もともとは晴れの設定だったので、こんなに雨に降られるとは思っていませんでした(笑)。でも、結果的には鉢子と桜庭の心情に合っているのではないかと思っています。

-この映画は鉢子と桜庭の1日だけの旅を描いていますが、実は鉢子とお母さんの関係がメーンテーマですね。

  昔に比べると、最近は母親との関係について思い悩んでいる人の声が届くようになってきたと思います。それを映画に入れたいと思いました。そしてこの映画では、母親に対する思いが揺れ動く主人公を描きたいと考えました。最後は鉢子の笑顔で終わりますが、実は彼女が抱える問題は何も解決してはいません。ただ、彼女の心の持ちようが前向きなものに変わっただけなんです。

-最後に監督がこの映画に込めた思いを。そして観客や読者に向けての一言をお願いします。

  誰かと出会うということは、やがて必ず別れが来るということ。長く生きれば後悔ばかりが募る。そんな今の自分の思いがあってこの映画が生まれました。ただ、今までの私の映画とは少し違って、肩の力を抜いて見ていただけるものにしたいと思いました。鉢子と桜庭の珍道中を楽しんでください。そして映画は公開されたら観客のものだと思っていますので、自由に感じていただけるとうれしいです。

(取材/文・田中雄二)

 

(C)2015 東映ビデオ

(C)2015 東映ビデオ

『ロマンス』
8/29(土)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【独占ニュース】『バック・トゥ・ザ・フューチャー』へのリスペクト全開! 『フリー・ガイ』に込められた「走り出したくなるようなワクワク感」

映画2021年8月3日

 ヒーローらしからぬ自由奔放なスタイルと過激なアクションで世界中を魅了した『デッドプール』シリーズのライアン・レイノルズが、ゲームの世界を舞台に、“ゲームのモブキャラ(人間が操作していない背景キャラ)”を演じる『フリー・ガイ』が、8月13日 … 続きを読む

【インタビュー】映画『キネマの神様』永野芽郁「最初から最後まで、何て温かい映画なんだろうと思います」

映画2021年8月3日

 ギャンブル漬けで借金まみれのゴウ(沢田研二)は、妻の淑子(宮本信子)と娘の歩(寺島しのぶ)にも見放された駄目おやじ。そんなゴウにも、たった一つ愛してやまないものがあった。それは映画。行きつけの名画座の館主・テラシン(小林稔侍)とゴウは、か … 続きを読む

【インタビュー】エン*ゲキ#05「‐4D‐imetor」池田純矢 「どこまでも娯楽でありたい」

舞台・ミュージカル2021年8月2日

 俳優・脚本家・演出家として活躍する池田純矢が、作・演出を手掛けるエン*ゲキシリーズの第5作「‐4D‐imetor」(フォーディメーター)。コロナ禍の影響で昨年の上演は中止となっていた本作が、いよいよ8月5日から上演される。本作は、量子力学 … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル「October Sky-遠い空の向こうに-」甲斐翔真&阿部顕嵐&井澤巧麻&福崎那由他が「ロケットボーイズ」に 「勇気を持って、僕たちも進んでいきたい」

舞台・ミュージカル2021年8月2日

 ミュージカル「October Sky-遠い空の向こうに-」が、10月6日から上演される。本作は、元NASAの技術者ホーマー・H・ヒッカム・Jr.の自伝小説を原作に、厳しい現実に直面しながらもロケットに夢を懸ける高校生たちの姿を描いた青春映 … 続きを読む

【独占ニュース】『キネマの神様』娘役・寺島しのぶが、沢田研二の思いを明かす

映画2021年7月30日

 若き日のゴウ(菅田将暉)は助監督として撮影に明け暮れるかたわら、食堂の娘・淑子(永野芽郁)、映写技師のテラシン(野田洋次郎)と共に夢を語らい、青春の日々を駆け抜けていた。しかし、大きな挫折をきっかけに夢を追うことを諦めてしまう。それから約 … 続きを読む

amazon

page top