【インタビュー】『内村さまぁ~ず THE MOVIE~』  内村光良「次から次にお笑いさんがやってきて、てんやわんや」

2015年9月14日 / 19:02

 今年で放送10年目に突入した人気バラエティー番組「内村さまぁ~ず」が、『内村さまぁ~ず THE MOVIE エンジェル』としてまさかの映画化を果たした。物語の舞台となる劇団兼探偵事務所エンジェル社の面々を演じる内村光良、さまぁ~ず(三村マサカズ、大竹一樹)がこのほどインタビューに応じ、総勢56人のお笑い芸人が入り乱れた撮影現場の様子を緩く振り返った。

インタビューに応じた(左から)内村光良、三村マサカズ、大竹一樹

インタビューに応じた(左から)内村光良、三村マサカズ、大竹一樹

 

―さまざまな芸人が入れ代わり立ち代わりで登場しますが、現場でのエピソードをお聞かせください。

内村 (アンジャッシュの)児嶋一哉はおいしい役でした。あっという間に帰っていきましたね。われわれがピークを作り上げました。

大竹 児嶋の良さが一番出た。あいつの良さってあそこですから、あのワンポイントが人生で一番。あれ以上いると詰まらなくなってしまうし、ほかに面白いところがないから(笑)。児嶋という人間のピークですね。

三村 居酒屋のシーンは結構バタバタしていて、後ろの座敷にいろいろなお笑いの方が代わる代わるいるのですが、ほとんど誰ともしゃべっていない。「あれ、しゃべらないで帰っちゃったな、土田(晃之)」みたいな(笑)。会っていない人も半分ぐらいいますから。

内村 次から次にお笑いさんがやってきて、てんやわんやしていました。ハマカーンや東京03などいっぱいいましたが、俺らは手前でしゃべっているので絡めないし見ることもできない。

三村 そっちサイドの人も多少、遠慮していましたね。「今話しかけちゃまずいかな」と。

大竹 俺も途中そっちサイドになっています。後ろでマジックをやっているので、気が付けばそっちサイドの人たちとのシーンが結構多いです。

三村 びっくりしたのは、ドランクドラゴンの鈴木拓は顔がほとんど映っていないのに後から呼び出されて声だけアフレコで録り直していたんです。顔はほとんど映っていないんですよ、見合わない働きぶりでした(笑)。

大竹 出ているのが分からないところに声を当てるってすごいですよね(笑)。

―大竹さんは劇中で数々のマジックを披露していましたが、その時の気持ちはいかがでしたか。

大竹 マジシャンとして全うしなければいけない。ネタバレしちゃいけないという気持ちでした。マギー審司が現場に来て全部教えてくれたんです。でも「『内さま』に出ていなかったから」という理由で、映画には出ていません。マジックだけを教えに現場に来てくれました。

―お三方が出来上がった映画を見て、難易度の高い、見付けにくかった芸人さんを教えてください。

三村 小島よしおはかなり難易度高いです。あと、手賀沼ジュン。WAGE(小島、かもめんたるらが所属していたコントグループで後に解散)なんだよ結局(笑)。

―お三方を見ていると本当に楽しそうで、こういう年の取り方をしたいと思っているファンも多いと思うのですが、楽しく年を取ったり“いいおやじ”になる秘訣(ひけつ)はありますか。

内村 何も考えていないです。

大竹 将来の目標も立てたことがない。

三村 年間の目標も立てないですし、僕らは明日の仕事が何なのかも今知らないです。マネジャーが内緒主義なんですかね(笑)。

内村 俺はそんなことない。俺は明日の仕事は知っています。そこは線引きしてください(笑)。

三村 大竹はここ1週間ぐらい、いつ子どもが生まれるか分からないから入り時間と終わり時間が結構大切だったのに。

大竹 教えてくれと言っても内緒で。ここの現場も、昨日は知らなかったですからね。

三村 結構大事じゃないですか。今日生まれているわけですから。

―(インタビュー当日の9月4日に大竹に第2子の男児が誕生)内村さんと三村さんはご存じでしたか?

大竹 内村さんには生まれてすぐに報告させてもらいました。

内村 メールをもらいました。

三村 俺が知ったのは今日の朝です。マネジャー経由で。俺「おめでとう」は言っていないです。「何時に生まれたの?」とか。おめでとうって同級生にはあまり言わないんですよね。「明けましておめでとう」も言いません。「結婚おめでとう」も言わなかった。ツイッターでも、「中村仁美さんおめでとう」にしました。

大竹 そうですね、何にも言わない。

三村 ついでに買ったおもちゃを子どもに上げます。大竹に「おめでとう」はやっぱり言いたくない。負けた感じがしますよ。俺の2人の子どもの時にも、俺はおまえに1回も「おめでとう」と言ってもらってないもん(笑)。

大竹 完全に意識してるじゃねーか!(笑)。

 

スタイリスト、中谷東一(内村光良)、高村純子(さまぁ~ず)


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

Matt「自分が自然のままの自分でいられるのが音楽」 吹奏楽部での経験から学んだこと【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月19日

 7月28日から上演される、パフォーマンスショー「blast ブラスト!」のスペシャルサポーターに、タレント・アーティストのMattが就任。幼少期からピアノとバイオリンを習い、中学・高校では吹奏楽部に所属するなど、豊富な音楽経験を持つMat … 続きを読む

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

Willfriends

page top