【インタビュー】『内村さまぁ~ず THE MOVIE~』  内村光良「次から次にお笑いさんがやってきて、てんやわんや」

2015年9月14日 / 19:02

 今年で放送10年目に突入した人気バラエティー番組「内村さまぁ~ず」が、『内村さまぁ~ず THE MOVIE エンジェル』としてまさかの映画化を果たした。物語の舞台となる劇団兼探偵事務所エンジェル社の面々を演じる内村光良、さまぁ~ず(三村マサカズ、大竹一樹)がこのほどインタビューに応じ、総勢56人のお笑い芸人が入り乱れた撮影現場の様子を緩く振り返った。

インタビューに応じた(左から)内村光良、三村マサカズ、大竹一樹

インタビューに応じた(左から)内村光良、三村マサカズ、大竹一樹

 

―さまざまな芸人が入れ代わり立ち代わりで登場しますが、現場でのエピソードをお聞かせください。

内村 (アンジャッシュの)児嶋一哉はおいしい役でした。あっという間に帰っていきましたね。われわれがピークを作り上げました。

大竹 児嶋の良さが一番出た。あいつの良さってあそこですから、あのワンポイントが人生で一番。あれ以上いると詰まらなくなってしまうし、ほかに面白いところがないから(笑)。児嶋という人間のピークですね。

三村 居酒屋のシーンは結構バタバタしていて、後ろの座敷にいろいろなお笑いの方が代わる代わるいるのですが、ほとんど誰ともしゃべっていない。「あれ、しゃべらないで帰っちゃったな、土田(晃之)」みたいな(笑)。会っていない人も半分ぐらいいますから。

内村 次から次にお笑いさんがやってきて、てんやわんやしていました。ハマカーンや東京03などいっぱいいましたが、俺らは手前でしゃべっているので絡めないし見ることもできない。

三村 そっちサイドの人も多少、遠慮していましたね。「今話しかけちゃまずいかな」と。

大竹 俺も途中そっちサイドになっています。後ろでマジックをやっているので、気が付けばそっちサイドの人たちとのシーンが結構多いです。

三村 びっくりしたのは、ドランクドラゴンの鈴木拓は顔がほとんど映っていないのに後から呼び出されて声だけアフレコで録り直していたんです。顔はほとんど映っていないんですよ、見合わない働きぶりでした(笑)。

大竹 出ているのが分からないところに声を当てるってすごいですよね(笑)。

―大竹さんは劇中で数々のマジックを披露していましたが、その時の気持ちはいかがでしたか。

大竹 マジシャンとして全うしなければいけない。ネタバレしちゃいけないという気持ちでした。マギー審司が現場に来て全部教えてくれたんです。でも「『内さま』に出ていなかったから」という理由で、映画には出ていません。マジックだけを教えに現場に来てくれました。

―お三方が出来上がった映画を見て、難易度の高い、見付けにくかった芸人さんを教えてください。

三村 小島よしおはかなり難易度高いです。あと、手賀沼ジュン。WAGE(小島、かもめんたるらが所属していたコントグループで後に解散)なんだよ結局(笑)。

―お三方を見ていると本当に楽しそうで、こういう年の取り方をしたいと思っているファンも多いと思うのですが、楽しく年を取ったり“いいおやじ”になる秘訣(ひけつ)はありますか。

内村 何も考えていないです。

大竹 将来の目標も立てたことがない。

三村 年間の目標も立てないですし、僕らは明日の仕事が何なのかも今知らないです。マネジャーが内緒主義なんですかね(笑)。

内村 俺はそんなことない。俺は明日の仕事は知っています。そこは線引きしてください(笑)。

三村 大竹はここ1週間ぐらい、いつ子どもが生まれるか分からないから入り時間と終わり時間が結構大切だったのに。

大竹 教えてくれと言っても内緒で。ここの現場も、昨日は知らなかったですからね。

三村 結構大事じゃないですか。今日生まれているわけですから。

―(インタビュー当日の9月4日に大竹に第2子の男児が誕生)内村さんと三村さんはご存じでしたか?

大竹 内村さんには生まれてすぐに報告させてもらいました。

内村 メールをもらいました。

三村 俺が知ったのは今日の朝です。マネジャー経由で。俺「おめでとう」は言っていないです。「何時に生まれたの?」とか。おめでとうって同級生にはあまり言わないんですよね。「明けましておめでとう」も言いません。「結婚おめでとう」も言わなかった。ツイッターでも、「中村仁美さんおめでとう」にしました。

大竹 そうですね、何にも言わない。

三村 ついでに買ったおもちゃを子どもに上げます。大竹に「おめでとう」はやっぱり言いたくない。負けた感じがしますよ。俺の2人の子どもの時にも、俺はおまえに1回も「おめでとう」と言ってもらってないもん(笑)。

大竹 完全に意識してるじゃねーか!(笑)。

 

スタイリスト、中谷東一(内村光良)、高村純子(さまぁ~ず)


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『劇場版ウルトラマンタイガ  ニュージェネクライマックス』井上祐貴 「20年、30年後、先輩ウルトラマンの皆さんのように、僕もファンの前に立たせてもらいたいと思っています」

映画2020年8月6日

 8月7日全国ロードショーとなる『劇場版ウルトラマンタイガ  ニュージェネクライマックス』は、2013年の「ウルトラマンギンガ」以降の7年間に活躍した “ニュージェネレーションヒーローズ”と呼ばれるウルトラマンたちが集結する決定版だ。その中 … 続きを読む

【インタビュー】映画『ぐらんぶる』竜星涼「日本のエンタメ界の火付け役になれば」 犬飼貴丈「初体験は『不安』から『自信』に」

映画2020年8月6日

 キラキラな青春を夢見て離島の大学に入学した北原伊織(竜星涼)と今村耕平(犬飼貴丈)。ところが、2人が入部したのは、なぜかマッチョな男たちが日夜ばか騒ぎを繰り広げるダイビングサークル「ピーカブー」だった…。癖が強めな女子メンバーも加わり、伊 … 続きを読む

【インタビュー】舞台「正しいロックバンドの作り方 夏」栗原類&吉田健悟 藤井流星&神山智洋とは「自然と会話が生まれて、自然と会話が消える」関係性

舞台・ミュージカル2020年8月6日

 日本テレビ深夜ドラマ「シンドラ」の第12弾として放送された、ドラマ「正しいロックバンドの作り方」が舞台化され、「正しいロックバンドの作り方 夏」として8月9日から上演される。本作は、主演の藤井流星と神山智洋(共にジャニーズWEST)、そし … 続きを読む

【インタビュー】『がんばれいわ!!ロボコン ウララ~!恋する汁なしタンタンメン!!の巻』石田秀範監督 20年ぶりの復活に「『どうすれば子どもたちが無邪気に喜んでくれるのか?』を一番に考えました」

映画2020年8月5日

 真っ赤なボディーに愛きょうたっぷりな顔、根性はあるけどドジなお手伝いロボット「ロボコン」が、昭和、平成に続き、令和の時代に三度目の復活! かつてのテレビシリーズを知る親世代も、子どもたちと一緒に楽しめる『がんばれいわ!!ロボコン ウララ~ … 続きを読む

【インタビュー】『君が世界のはじまり』松本穂香&中田青渚 熱量の高いクライマックスの撮影を「2人で乗り越えた感があった」ふくだももこ監督「おかげで『絶対にいい映画になる』と確信」

映画2020年8月1日

 注目の若手俳優が集結した青春映画『君が世界のはじまり』が、7月31日からテアトル新宿ほかで全国ロードショーされている。本作は、ふくだももこ監督が手掛けた短編小説「えん」(すばる文学賞佳作受賞)と「ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさよう … 続きを読む

page top