「ドリームボーイズJET」囲み取材詳報 玉森「1カ月乗り越えていけたら」

2013年9月13日 / 08:35

 ミュージカル「ドリームボーイズ JET」の公開稽古・囲み取材が5日、東京都内で行われ、出演者のKis-My-Ft2の玉森裕太、千賀健永、宮田俊哉、特別出演する近藤真彦が出席した。詳細は以下の通り。

 

――近藤さんは24年ぶりの舞台がスタートしますが、いかがですか?

近藤 十分ね、みんなと一緒にリハーサル、稽古をしましたので、まあうまくいくんじゃないですか。

――ちゃんと稽古したんですか?

近藤 しました、しました。割と真面目にしてたよな?

宮田 はい。

――言わされてますか(笑)?

玉森・千賀・宮田 いやいや!

――近藤さんは、帝国劇場といえば思い出がありますよね。

近藤 そうなんですよね。1980…。

宮田 81年です!

近藤 そうなんです(笑)、81年の(日本)レコード大賞の(最優秀)新人賞をここで頂いたんですね。それをさっき聞いて「あ、そうだったんだ、ここでもらったんだ」って。ちょっとワイドショー的なネタになっちゃうんですけど、その時おふくろが来てくれたことをパッと思い出しまして。内緒で来てたんですね。まあずいぶん若い、十六、七歳のころだったんですけど、ちょっと泣いたことを思い出しましたね。

――またウルっと?

近藤 ははは、いやいや、今は平気です。

――マッチさんを振り返るようなストーリーになっていますから、いろいろ思い入れのある舞台になりますね。

近藤 後輩たちが、僕の歌を本当に大事に歌ってくれるし、「夕焼けの歌」は小学生が歌ってくれてますからね。小学生が歌っている姿を見ると、まだまだ息が長い歌だなと、そう感じましたね。

――マッチさん自身も、もちろん息が長いですよね?

近藤 そうですね。まあ49歳で、50歳はこれからはガンガン行く年ですから、頑張っていきたいと思います。

――玉森さんはいかがですか?

玉森 緊張はしてますけど、でも大先輩のマッチさんもいるので。

――会見の時はガチガチな緊張感が伝わってきましたが?

玉森 最初は緊張しましたけど、もう幕も開くので「頑張るぞ」という気持ちの方が今は強いですね。

――稽古中に何かアドバイスはあったんですか?

玉森 レーシングシーンとかは、本当に細かく専門用語だったりを教えていただいたので、すごくリアルなシーンになるんじゃないかなと思います。

 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「十三人の刺客」中村芝翫「ぜひまた克典さんと共演を」高橋克典「家族に近い感覚でできたことが楽しかった」幼なじみの2人が、名作時代劇のリメークドラマで初共演

ドラマ2020年11月27日

 昭和の名作時代劇が、令和の時代によみがえる。昭和38(1963)年の公開以来、映画やテレビドラマ、舞台劇として何度もリメークされてきた「十三人の刺客」が、NHK BSプレミアムで11月28日(土)午後9時から新作テレビドラマとして放送され … 続きを読む

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

page top