玉森裕太、歌舞伎界のプリンス役にまい進「毎日筋肉痛」  “神”のような謙虚さを絶賛される

2013年7月9日 / 19:48

 18日スタートのTBSの木曜ドラマ9「ぴんとこな」の制作発表会見が9日、神奈川県内で行われ、主演のKis-My-Ft2・玉森裕太、中山優馬、川島海荷、ジャニーズJr.の松村北斗、ジェシー、山本耕史、榎木孝明、江波杏子、岸谷五朗が出席した。

 漫画家・嶋木あこの人気少女コミックを原作にした本ドラマは、連続ドラマ史上初めて、400年続く日本の伝統芸能・歌舞伎を舞台にした作品。歌舞伎界の知られざる世界とともに、真夏の恋の三角関係が描かれる。また、タイトルの“ぴんとこな”は歌舞伎用語で、男らしさと憎みきれない色気を併せ持つ二枚目の役柄を意味している。

 歌舞伎界のプリンスで名門木嶋屋のイケメン御曹司を演じる玉森は「不安、緊張もありますが400年も続く歌舞伎を汚さないよう、この夏、素晴らしい作品になればと思います」と熱い意気込みを語った。歌舞伎とは無縁の家に生まれながら人気歌舞伎役者を志す青年を演じる中山も「3月ごろから玉森くんと歌舞伎の稽古をしてきたので、自信を持って頑張りたい」と力強く語った。

 玉森は「普段全くしたことがなく、優馬と毎日筋肉痛だなって言い合いながらやってきました」とこれまで積んできた歌舞伎の稽古を振り返り、「メークなど全部本物を使ってもらって、いざ舞台に立つと引き締まりますし、やりがいがある。まだまだな部分があるけど頑張りたい」とやる気十分。

 イケメン2人との恋の間で揺れる歌舞伎好きの女子高生を演じる川島は、先日出演したバラエティー番組で玉森にドッキリを仕掛ける仕掛け人を演じ、「甘いモノが嫌いっていうからチョコを食べてもらえるか心配だったけど、すぐに『食べる食べる』って言ってくれてキュンとしました。その後すぐわさびチョコを引っ掛けたんですけど」とはにかみ笑い。玉森は「海荷ちゃんの手作りだって言うから、苦手だけど食べなきゃと思って」と苦笑した。

 玉森は歌舞伎界のプリンスを演じるに当たり、モデルにした実在の人物はいないといい、「原作に忠実にっていうのを守りつつ、その中でオリジナリティーを出していけたら」とキッパリ。日々の稽古で「腰と首が痛い。常に(身体の中心に)一本線を立たせておけと言われているので、意識すると凝ったりします」と明かした。

 また江波は現場での玉森を「一日中メークで皮膚呼吸できなくて、重いカツラをかぶって衣装を着てすり足で歩く。文句ひとつおっしゃらず、『嫌いじゃないけど仕事のときは(お酒は)飲まない』って神のようなことを言って」と絶賛。玉森は「うれしいお言葉を……」と照れまくりで言葉少なに語った。

 中山は玉森のキュンとする部分を「天然でかわいいところ」と語っており、これについて玉森は「そんな要素はないと思う。先輩だし、しっかりしようとやっているけどそう見えちゃったのかな」と納得いかない様子。中山に対しては「優馬は本当に真面目なヤツ。今まであまり接したことがなくて、ひたむきに頑張ってていいヤツだなって思います」と明かしていた。


芸能ニュースNEWS

「石子と羽男」“大庭”赤楚衛二の告白が「カッコ良かった」 「恋バナではしゃぐ“羽男”中村倫也がかわい過ぎる」

ドラマ2022年8月13日

 有村架純と中村倫也がW主演するドラマ「石子と羽男-そんなコトで訴えます?-」(TBS系)の第5話が、12日に放送された。  本作は、司法試験に4回落ちた崖っぷち東大卒のパラリーガル・石子(有村)と、司法試験に1回で合格した高卒の弁護士・羽 … 続きを読む

「六本木クラス」“龍二”鈴鹿央士の境遇に「涙した」 “新”竹内涼真は「本当に愛情深い人」「長屋に負けるな」

ドラマ2022年8月12日

 竹内涼真が主演するドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系)の第6話が、11日に放送された。  本作は、韓国ドラマ「梨泰院クラス」をリメークしたジャパン・オリジナル版。絶望の淵に立たされた青年・宮部新(竹内)が復讐(ふくしゅう)を誓い、金と権 … 続きを読む

「家庭教師のトラコ」“トラコ”橋本愛の預金額に驚きの声 「8千万円を何に使ったんだろう」「施設への寄付?」

ドラマ2022年8月11日

 橋本愛が主演するドラマ「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系)の第4話が、10日に放送された。  本作は、謎の家庭教師・トラコ(橋本)が、年齢も抱えている問題もバラバラの3人の母親と、その子どもを救う個別指導式ホームドラマ。遊川和彦氏が脚本を … 続きを読む

草なぎ剛、デビュー作の原田琥之佑にエール 「感謝の気持ちを忘れずにいれば、絶対にうまくいく」

映画2022年8月11日

 映画『サバカンSABAKAN』完成披露舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の原田琥之佑、尾野真千子、竹原ピストル、草なぎ剛と金沢知樹監督が登壇した。  本作は、1980年代の長崎を舞台に、久田(番家一路)と竹本(原田)の2人の少 … 続きを読む

岩本照、天才詐欺師役は「アイドルに近いものがある」 お気に入りの“成り済まし”は「医者」

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 ミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」プレスコール取材会が9日、東京都内で行われ、出演者の岩本照(Snow Man)、横山由依、吉田栄作が登壇した。  本作は、フランク・W・アバグネイル・ジュニアの自伝小説『世界をだました男』 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top