「ANOTHER」囲み取材詳報 優馬「大先輩から頂いた大切なチャンス」

2013年9月9日 / 21:11

 松竹9月公演・日生劇場ミュージカル「ANOTHER」の公開稽古および囲み取材が4日、東京都内で行われ、出演する俳優の中山優馬、関西ジャニーズJr.の重岡大毅、桐山照史、中間淳太、神山智洋、小瀧望、金内柊真、向井康二、平野紫耀が出席した。以下その詳報。

 

一同 よろしくお願いします!

――まず優馬くん、舞台「ANOTHER」が始まりましたが、この雰囲気はどうですか?

中山 そうですね。今の写真撮影の時だけでも「こんなにうるさかったっけ?」って思いだしたぐらいなんですけど。

――関西の仲間のところに帰ってきた感じですか?

中山 いや、僕はこっちで待ってましたね!

一同 おお!

桐山 いいこと言ってくれるやん!

重岡 かっこエエやん!

桐山 おっちゃん泣けてくるぞ!

一同 アハハハハ!

重岡 まだまだ若いからね!

――東京に来てどうですか?

桐山 いや~うれしいですね! それで、優馬とは舞台は初めてなので。

中山 そうです。

桐山 他のお仕事では一緒になったことはあるけど、お芝居をするっていうのは初めてなので、どんなんなるんか期待してますけど。

――実際に共演してみていかがですか?

桐山 どうなんどうなん? みんなは?

金内 やっぱり東京の雰囲気って違うじゃないですか、大阪と。だからちょっと不安なところも多いですよね。

――どんなところが違いますか?

金内 笑いに対しての感じ方とかも。

小瀧 やっぱり笑いか。

桐山 違うよね。しげはどう?

重岡 笑いに関してですか? 関西だとボケるじゃないですか、それで「あっはっは~!」ってわろてくれるんですよ。けどね、東京の方は多分ね、上品やから(無言でほほ笑みながら拍手)って。

小瀧 分かるよね。

桐山 でも今回は「わっはっはー」って言わそ! 言えるぐらいの笑いをもっていこ!

重岡 はい! もちろん!

――舞台中に「東京にビビってんのか?」っておっしゃっていましたが?

小瀧 そんなん言うてたん?

桐山 言うてた言うてた。

中間 アドリブで、コンビニのコントで。

 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アンダードッグ』森山未來、勝地涼「この映画が、皆さんの背中を押せるようなものになればいいと思います」

映画2020年11月20日

 多数の映画賞を受賞した『百円の恋』(14)から6年。監督・武正晴、脚本・足立紳らのスタッフが、再びボクシングを題材に、不屈のルーザー=負け犬たちに捧げた映画『アンダードッグ』が、11月27日から公開される。本作で、主人公の崖っぷちボクサー … 続きを読む

page top