NEWS10周年公演に6万5千人が熱狂 増田貴久、念願の東京ドーム公演に感涙

2013年9月9日 / 20:38

 NEWSが7日、結成10周年記念イベント&LIVE「NEWS 10th Anniversary」を東京ドームで行った。

 NEWSが同所でライブを行うのは約3年ぶりで、4人体制となってからは初となる。リーダーの小山慶一郎が「みんな楽しむ準備はできてますか?」と会場の6万5千人をあおると、増田貴久も「帰ってきたぞ東京ドーム」と叫び、満面の笑みを浮かべた。

 加藤シゲアキは「今日は僕たちとみんなの記念日。ここに来たってことはNEWSのこと好きなんだよね? バカヤロー、俺の方が愛してるんだよっ!」と“ツンデレ”でファンを沸かせ、手越祐也は「王子様がお姫様を熱くするから最後まで楽しんでいって」と呼び掛けた。

 ライブの中盤には「N・E・W・S」の頭文字にちなんだイベントコーナーも開催された。“N・懐かしの映像”では、メンバーが生まれてからジャニーズ事務所に入るまでをスライドショーで振り返った。手越は「女の子がほしかった」という両親の影響で、ロングヘアだった幼いころの写真を公開、忍者のコスプレ姿が流れた加藤は「まさか15年後も忍者の衣装を着ているとは…」と笑わせた。

 続いて4人は、デビュー当時の衣装で「NEWSニッポン」のメーン部分を熱唱。小山から「なんかチャラい! 当時はこんな感じじゃなかったのに~」と嘆かれた手越が「うそ? 心は永遠の16歳だよ」とおどけた。また「(キツくて)ちょっとチャック開いてるよ」とメンバーから指摘を受けた小山の股間がカメラでズームされると、小山は「コンサートで股間アップって何だよ」と大照れ。増田も「『衣装はちょっと太めが着たいんですよ』とか言えてなかったころ」と苦笑しながら当時を振り返った。

 “E・いーものあげる!”では、チケットの半券の抽選でメンバーが私物をファンにプレゼント、さらに“W・私たち成長しました”で、デビューからこれまでの顔写真で表情や髪形の変化を振り返った。

 “S・Special Song”では“10年間続いている恋”をテーマに4人で作った新曲「愛言葉~てをひいて~」を初披露。手越が作曲、ソロパートの歌詞はそれぞれが書き下ろしたという同曲は「“てずてってとって”愛してる」という独特の歌詞が印象的なラブソング。この日の歌唱ライブ映像は、NEWSの結成日の15日に、1日限定で「Johnny’s Entertainment」のHPで公開される予定。

 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】“映画の始まり”を知ることができる『カツベン!』

映画2019年12月13日

 舞台は、映画が活動写真と呼ばれ、まだサイレント(無声)だった大正時代。周防正行監督が、映画を説明する「活動弁士」に憧れる染谷俊太郎(成田凌)の夢や恋を描いた『カツベン!』が公開された。  弁士の語りはもちろん、活動写真風のスラップスティッ … 続きを読む

【2.5次元】舞台「鬼滅の刃」小林亮太&本田礼生インタビュー 「全員が気を引き締めて挑まなきゃいけない」

舞台・ミュージカル2019年12月12日

 2020年1月18日から舞台「鬼滅の刃」が上演される。原作は『週刊少年ジャンプ』に連載中の人気漫画。人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣劇と時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、2019年4月から放送を開始したTVアニメも絶大な … 続きを読む

【インタビュー】舞台「この声をきみに~もう一つの物語~」尾上右近、演劇作品への挑戦が「自分にとって豊かな財産になっている」

舞台・ミュージカル2019年12月11日

 2017年に放送された、大森美香脚本によるNHKオリジナルドラマ「この声をきみに」がスピンオフとして舞台化される。竹野内豊が主演した同ドラマは、朗読教室を舞台に、現代に生きる大人たちの恋愛を描き、高い評価を得た。舞台版では、大森自らが脚本 … 続きを読む

【インタビュー】『カツベン!』周防正行監督、成田凌 「これが映画の始まりなんだ、ということを、意識して見てほしいです」

映画2019年12月11日

 今からおよそ100年前の日本。活動写真と呼ばれ、まだモノクロでサイレントだった映画をより楽しむため、楽士の奏でる音楽に合わせて、自らの語りや説明で映画を彩った活動弁士(通称カツベン)がいた。弁士に憧れる若き青年を主人公に、映画黎明(れいめ … 続きを読む

「東京オリンピックの聖火リレー最終ランナーという重要な役。プレッシャーを感じています」井之脇海(坂井義則)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年12月8日

 いよいよ大詰めを迎えた「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。次回、最終回でついに田畑政治(阿部サダヲ)らの悲願であった1964年東京オリンピックが開幕する。その開会式の見せ場となる聖火リレー最終走者に抜てきされたのは、広島に原爆が … 続きを読む

page top