NEWS10周年公演に6万5千人が熱狂 増田貴久、念願の東京ドーム公演に感涙

2013年9月9日 / 20:38

 NEWSが7日、結成10周年記念イベント&LIVE「NEWS 10th Anniversary」を東京ドームで行った。

 NEWSが同所でライブを行うのは約3年ぶりで、4人体制となってからは初となる。リーダーの小山慶一郎が「みんな楽しむ準備はできてますか?」と会場の6万5千人をあおると、増田貴久も「帰ってきたぞ東京ドーム」と叫び、満面の笑みを浮かべた。

 加藤シゲアキは「今日は僕たちとみんなの記念日。ここに来たってことはNEWSのこと好きなんだよね? バカヤロー、俺の方が愛してるんだよっ!」と“ツンデレ”でファンを沸かせ、手越祐也は「王子様がお姫様を熱くするから最後まで楽しんでいって」と呼び掛けた。

 ライブの中盤には「N・E・W・S」の頭文字にちなんだイベントコーナーも開催された。“N・懐かしの映像”では、メンバーが生まれてからジャニーズ事務所に入るまでをスライドショーで振り返った。手越は「女の子がほしかった」という両親の影響で、ロングヘアだった幼いころの写真を公開、忍者のコスプレ姿が流れた加藤は「まさか15年後も忍者の衣装を着ているとは…」と笑わせた。

 続いて4人は、デビュー当時の衣装で「NEWSニッポン」のメーン部分を熱唱。小山から「なんかチャラい! 当時はこんな感じじゃなかったのに~」と嘆かれた手越が「うそ? 心は永遠の16歳だよ」とおどけた。また「(キツくて)ちょっとチャック開いてるよ」とメンバーから指摘を受けた小山の股間がカメラでズームされると、小山は「コンサートで股間アップって何だよ」と大照れ。増田も「『衣装はちょっと太めが着たいんですよ』とか言えてなかったころ」と苦笑しながら当時を振り返った。

 “E・いーものあげる!”では、チケットの半券の抽選でメンバーが私物をファンにプレゼント、さらに“W・私たち成長しました”で、デビューからこれまでの顔写真で表情や髪形の変化を振り返った。

 “S・Special Song”では“10年間続いている恋”をテーマに4人で作った新曲「愛言葉~てをひいて~」を初披露。手越が作曲、ソロパートの歌詞はそれぞれが書き下ろしたという同曲は「“てずてってとって”愛してる」という独特の歌詞が印象的なラブソング。この日の歌唱ライブ映像は、NEWSの結成日の15日に、1日限定で「Johnny’s Entertainment」のHPで公開される予定。

 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「十三人の刺客」中村芝翫「ぜひまた克典さんと共演を」高橋克典「家族に近い感覚でできたことが楽しかった」幼なじみの2人が、名作時代劇のリメークドラマで初共演

ドラマ2020年11月27日

 昭和の名作時代劇が、令和の時代によみがえる。昭和38(1963)年の公開以来、映画やテレビドラマ、舞台劇として何度もリメークされてきた「十三人の刺客」が、NHK BSプレミアムで11月28日(土)午後9時から新作テレビドラマとして放送され … 続きを読む

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

page top