妻夫木聡、浅野忠信、チャンミンら、『黄金を抱いて翔べ』完成披露試写会に登場

2012年10月15日 / 23:24

(写真左から)溝端淳平、桐谷健太、妻夫木聡、浅野忠信、チャンミン(東方神起)、西田敏行 (c)2012「黄金を抱いて翔べ」製作委員会

 ベストセラー作家・髙村薫のデビュー作で、日本推理サスペンス大賞を受賞した『黄金を抱いて翔べ』(新潮文庫刊)が、豪華キャスト・スタッフにより完全映画化された。大阪の街を舞台に繰り広げられる金塊強奪作戦を、『岸和田少年愚連隊』『パッチギ!』などの鬼才・井筒和幸監督が濃密に描き出す。

 主演の強奪実行犯・幸田役は妻夫木聡、強奪チームのリーダー・北川には浅野忠信、さらに、桐谷健太、溝端淳平、チャンミン(東方神起)、西田敏行といった豪華キャストが集結。15日、東京・丸の内ピカデリーで行われた完成披露試写会にキャスト6人が登場すると、集まったファンから歓声が沸き起こった。

 

妻夫木聡

【舞台あいさつ】

――ごあいさつをお願いします。

妻夫木 『黄金を抱いて翔べ』、出来上がりました! 本日は集まっていただき、ありがとうございます。格好いい映画に仕上がったと思います。監督もおっしゃっていましたが、ハードボイルドな作品です! 6人の男の生きざまをまじまじと感じられると思いますので、最後まで楽しんでください。

浅野 今日はありがとうございます。自分でも気に入っている作品を見てもらえるのはうれしいです。ま、今日はチャンミンもいますから、それだけでいいよね(笑)。俺のこともちょっとだけ見ていただければ(笑)。

桐谷 (客席に投げキッス)(6人の中で一番普通の役という説明を受け)普通の男の投げキッスはどうですか? どっしりした格好いい映画になりました。ぜひ劇場で見てほしい映画です!

浅野忠信

溝端 井筒監督の作品に出演することが夢だったので、今日、この場に立てて幸せです。皆さん楽しんでください。

チャンミン 素晴らしい監督、俳優たちとご一緒できて楽しかったです。勉強にもなりました。今日は来てくれて本当にありがとうございます。

西田 ありがとう。この歓声が聞けただけでここに来たかいがありました。隣は東方神起のチャンミン、そして私は西方浄土の西田敏行です(笑)。

井筒監督 ありがとうございました。

(客席から「えーー!」)

――監督は高村先生の小説が掲載された22年前の“小説新潮”をお持ちで、映画化をずっと望まれていたとお聞きしました。あらためて、この作品に込めたお気持ちを。

桐谷健太

井筒監督 いきなりかい! 普通に言ってもテレビに映してくれないからなー(笑)。最初に読んだとき、これは映画になると思ったんだけどね。そのときは力量が足りないからできないと思ったの。今も至らないんだけどね(笑)。他の人が撮りにくるのをなんとか阻止しようと思って、今になってしまったわけ。今回素晴らしいプロデューサーに恵まれて、こんな大きな劇場で自分の映画がかかるなんて…。腰が揺れてしまうわ!

――井筒組に参加することを懇願されていたとお聞きしました。初めての井筒組はいかがでしたでしょうか。

妻夫木 毎日が刺激的でした。厳しい監督だと聞いていたので、びびっているところもありました。細かく演技指導されて、映画って簡単に作れるものではないとあらためて実感しました。期待した以上に新しい物が生まれたと思います。監督は現場でOKって言わないんですよね。いつも「今の、いけてたよなー」ってはぐらかすんです(笑)。

――役作りのために撮影前から丸刈りにされ、気合十分だったとお聞きしました。役に込めた思いをお聞かせください。

溝端淳平

井筒監督 角刈りだよ!

浅野 台本を読んで…。(他のキャストがなにやらささやき合っていると)話聞いてくれないの? 聞くような話ではないと(笑)? (少し投げやりに)怖いけど愉快な現場だったということで、角刈りにしました!

――桐谷さんは井筒組の常連で、西田さんとも別作品で共演されていますよね。今回の現場はいかがでしたか。

桐谷 『ゲロッパ』『パッチギ』では若い人が多くて…、あ、『ゲロッパ』は違いますね! 西田さんごめんなさい!(客席爆笑)『パッチギ』では怒号がすごかったんですよ。この映画はもっと大人なので、クールでシックでジャジーと言いますか(笑)。あ、西田さんパクッてしまい申し訳ないです。

西田 パクるのうまいなー。

桐谷 怒号のない新鮮な現場でした。監督が穏やかだったというか…。色気のある映画だと思うんで、それに沿って演出されたんやと思っています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「十三人の刺客」中村芝翫「ぜひまた克典さんと共演を」高橋克典「家族に近い感覚でできたことが楽しかった」幼なじみの2人が、名作時代劇のリメークドラマで初共演

ドラマ2020年11月27日

 昭和の名作時代劇が、令和の時代によみがえる。昭和38(1963)年の公開以来、映画やテレビドラマ、舞台劇として何度もリメークされてきた「十三人の刺客」が、NHK BSプレミアムで11月28日(土)午後9時から新作テレビドラマとして放送され … 続きを読む

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

page top