岡田准一、2014年大河ドラマ主演決定! 「軍師官兵衛」への意気込みを語る

2012年10月12日 / 20:18

 2014年のNHK大河ドラマが「軍師官兵衛」に決定したことが10日、発表された。主人公は、“秀吉に天下を取らせた男”といわれ、生涯五十数回の合戦で一度も負けを知らなかった戦の天才、黒田官兵衛。織田信長、豊臣秀吉、徳川家康という三英傑それぞれに褒めたたえられた天才軍師を主人公に、戦国時代という乱世の終焉(しゅうえん)を壮大に描く。主演に決定したV6の岡田准一が、その意気込みを語った。

岡田 歴史が大好きで、もともと学校の歴史の先生になりたかったぐらい歴史が好きなんですが、その中でも戦国時代が本当に大好きで、このお話を頂いたときは、身が震えるような思いで、この時代を演じさせていただけることを、とても光栄に思っております。今後どんどん他の役者の方も発表されていく中で、三英傑の役者の皆さんや、スタッフの皆さんと、この時代を生き抜いて、精いっぱい演じさせていただく時間がくるのを、とてもワクワクしています。たくさん教えていただきながら、自分もこの時代を精いっぱい生き抜いていけたらいいなと思います。

――黒田官兵衛にどのようなイメージを持っていますか?

岡田 多面的な方だなと思っています。1人の妻を愛し続けたという面もあれば、最強のナンバー2といわれ、出来過ぎるがゆえに秀吉に恐れられた一面もある。戦国時代は、求められる能力が途中で変わった時代だと思います。他の国を侵略していく中で、いろいろなものの形が変わり、武将としての能力の求められ方が変わっていくことが、とても面白い時代だと思います。その中でも両方を経験しながら秀吉を支えていく、すごく面白い魅力的な人物だと思います。人間味のある黒田官兵衛を演じられればいいなと思っております。

――これまでの大河で好きな作品や、大河ドラマに関するエピソードがあれば教えてください。

岡田 中井貴一さんの「武田信玄」がすごく思い出に残っています。お話を頂いてから、誰にも話せなかったので、不思議な気持ちで今日まで過ごしました。今日で家族や親族に話せるので、本当に喜んでもらえると思います。

――大河ならではの魅力は何ですか?

岡田 大河ドラマは1年間通して見せていくものなので、人物をすごくしっかりと見せていくことができることがとても魅力的だと思いますし、今回の作品は、皆さんが一度は耳にしたことがある人物が出てくるので、家族でじっくり見ていただける作品になればいいなと願っています。いろいろな事件が黒田官兵衛の時代に起こりますので、「実はこうだったのか」とか、「こんな人間関係があったのか」とか、歴史をあらためて知ってもらえるきっかけになるのではないかと思います。

――信長、秀吉、家康、3人とのエピソードで、演じてみたいものがあれば教えてください。

岡田 黒田官兵衛に関してそんなに明るくないですが、逸話がたくさんある方です。家康に褒められ握手を求められた息子に対して、「おまえの反対の手は何をしていたんだ、その手で殺せただろ」という言葉を残しています。そういういろんな面があるのが、演じる上で楽しみです。人間性が豊かな人物ですし、人と人との関係性や、とりわけ戦国時代は、後の美しい日本をつくる上での礎となった時代でもあるので、その美しさの伝わる、日本人でよかったと思えるようになればいいなと思います。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】“映画の始まり”を知ることができる『カツベン!』

映画2019年12月13日

 舞台は、映画が活動写真と呼ばれ、まだサイレント(無声)だった大正時代。周防正行監督が、映画を説明する「活動弁士」に憧れる染谷俊太郎(成田凌)の夢や恋を描いた『カツベン!』が公開された。  弁士の語りはもちろん、活動写真風のスラップスティッ … 続きを読む

【2.5次元】舞台「鬼滅の刃」小林亮太&本田礼生インタビュー 「全員が気を引き締めて挑まなきゃいけない」

舞台・ミュージカル2019年12月12日

 2020年1月18日から舞台「鬼滅の刃」が上演される。原作は『週刊少年ジャンプ』に連載中の人気漫画。人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣劇と時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、2019年4月から放送を開始したTVアニメも絶大な … 続きを読む

【インタビュー】舞台「この声をきみに~もう一つの物語~」尾上右近、演劇作品への挑戦が「自分にとって豊かな財産になっている」

舞台・ミュージカル2019年12月11日

 2017年に放送された、大森美香脚本によるNHKオリジナルドラマ「この声をきみに」がスピンオフとして舞台化される。竹野内豊が主演した同ドラマは、朗読教室を舞台に、現代に生きる大人たちの恋愛を描き、高い評価を得た。舞台版では、大森自らが脚本 … 続きを読む

【インタビュー】『カツベン!』周防正行監督、成田凌 「これが映画の始まりなんだ、ということを、意識して見てほしいです」

映画2019年12月11日

 今からおよそ100年前の日本。活動写真と呼ばれ、まだモノクロでサイレントだった映画をより楽しむため、楽士の奏でる音楽に合わせて、自らの語りや説明で映画を彩った活動弁士(通称カツベン)がいた。弁士に憧れる若き青年を主人公に、映画黎明(れいめ … 続きを読む

「東京オリンピックの聖火リレー最終ランナーという重要な役。プレッシャーを感じています」井之脇海(坂井義則)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年12月8日

 いよいよ大詰めを迎えた「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。次回、最終回でついに田畑政治(阿部サダヲ)らの悲願であった1964年東京オリンピックが開幕する。その開会式の見せ場となる聖火リレー最終走者に抜てきされたのは、広島に原爆が … 続きを読む

page top