伊藤淳史が「猿飛三世」で猿飛佐助の孫役に挑戦

2012年10月26日 / 17:27

 

4話(11月2日放送)より、寺の帰り道。京の町を眺めている佐助(伊藤)

BSプレミアムで放送中の「猿飛三世」。伝説の忍者・猿飛佐助の孫として自分の生きる道を模索する主人公を伊藤淳史が演じている。異色の忍者像を演じる役作りの苦労や、アクションなどについて話を聞いた。

――忍者という役について

伊藤 TVドラマで忍者を見る世代ではなかったので、最初はイメージが湧きませんでした。でも僕が演じる佐助は、人里離れた村という狭い世界で暮らしていて“世の中のことを何も知らない”というところから始まるので、僕自身も演じる上で先入観みたいなものを持つ必要はないのかな、と思いました。

――稽古はどれぐらい前から?

伊藤 2カ月前からです。クナイ(武器)を持っての立ち回りの練習をかなりして、あとバク宙もできるようになりました。キレのある動きをするためにはただスピード感があるだけではダメなんです。カメラの位置や敵の場所によって、ダイナミックな見せ方を研究しました。最初のころと圧倒的に変わったのは、アクションに気持ちが乗ってきたこと。佐助には形の美しさよりも、思い切りの良さやがむしゃらさなど気持ちの部分が大事だって気付いて。それに技術や力が付いてきたのかなと思います。

――伊藤さんが感じる佐助の魅力とは?

伊藤 佐助は世の中のことを知らないから、いろんなことに敏感だし感情表現も大きいんです。感情をぶつけ合ったり百パーセント出し切るキャラクターってあまりないので、演じていて気持ちが良かったです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】中川晃教コンサート2020 feat.ミュージカル「チェーザレ 破壊の創造者」中川晃教「時が止まっていた劇場が、このコンサートで眠りから覚める」

舞台・ミュージカル2020年7月10日

 ミュージカル「チェーザレ 破壊の創造者」のナンバーと名作ミュージカルの楽曲、中川晃教のオリジナル曲を披露する「中川晃教コンサート2020 feat.ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』」が、7月11日と12日に、都内の明治座で開催され … 続きを読む

【インタビュー】映画『#ハンド全力』醍醐虎汰朗「僕らが普段忘れがちなことをポップな形で気付かせてくれる映画」

映画2020年7月9日

 どうにもならない現実やSNSに翻弄(ほんろう)されながらも、熊本地震復興の盛り上げ役となった高校生たちの青春を描いた映画『#ハンド全力』が、7月31日からシネ・リーブル池袋ほかで全国公開される。SNSに投稿したかつての写真がバズったことか … 続きを読む

【インタビュー】PARCO劇場オープニング・シリーズ「ゲルニカ」上白石萌歌「ゲルニカの人たちに起こったことは決して他人事じゃない」

舞台・ミュージカル2020年7月8日

 演出家の栗山民也と気鋭の劇作家・長田育恵が初タッグを組む、PARCO劇場オープニング・シリーズ「ゲルニカ」が9月4日から上演される。本作は、栗山がスペイン内戦時のゲルニカ無差別爆撃を描いた画家パブロ・ピカソの「ゲルニカ」と出会って以来、温 … 続きを読む

【映画コラム】大人たちの“遊び心”を刺激する『一度も撃ってません』

映画2020年7月4日

 伝説のヒットマン市川進、74歳。だが、実は彼の正体はハードボイルドを気取り、御前零児(ごぜん・れいじ)を名乗る売れない小説家だった…。18年ぶりの映画主演となった石橋蓮司が、二つの顔を持つ主人公をコミカルかつ渋く演じる『一度も撃ってません … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「M 愛すべき人がいて」 マサ役を熱演中の三浦翔平「ぶれずに恥ずかしがらずに」

ドラマ2020年7月4日

 安斉かれん&三浦翔平が主演するドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系/毎週土曜午後11時15分から放送中。※ABEMAで独占配信中)が、怒濤(どとう)の展開と役者たちの熱い演技で話題を呼んでいる。本作は、歌姫・浜崎あゆみの誕生秘話と … 続きを読む

page top