【ライブリポート】「スター・ウォーズ in コンサート」 映画をライブ感覚で体験!

2018年7月30日 / 18:14

 「スター・ウォーズ in コンサート」初期3部作プレミア公演が29日、東京オペラシティ コンサートホールで行われた。

PHOTO:星野麻美 Presentation licensed by DISNEY CONCERTS in association with 20th Century Fox, Lucasfilm and Warner/Chappell Music.(C)2018 & TM LUCASFILM LTD. ALL RIGHTS RESERVED (C)DISNEY

 同コンサートは、映画のせりふや効果音はそのままに、劇中に流れる音楽をフルオーケストラが生演奏するもので、映画をライブ感覚で体験できる。

 この日は、ニコラス・バック指揮の東京フィルハーモニー交響楽団の演奏で、『スター・ウォーズ』シリーズの原点である旧3部作の『新たなる希望』『帝国の逆襲』『ジェダイの帰還』が上映された。

 『新たなる希望』の本編上映前には、ストームトルーパー(帝国軍の歩兵)とダース・ベイダーが現れ、前景気をあおる。そして、場内が暗くなり、アルフレッド・ニューマン作曲の、20世紀フォックスのファンファーレがフルオーケストラの演奏で鳴り響くと、場内は歓声に包まれ、興奮のるつぼと化した。

 スクリーンに宇宙空間が出現し、ジョン・ウィリアムズ作曲のワクワクするような序曲に乗って、「A long time ago in a galaxy far, far away…(昔々、遠い遠い宇宙の彼方で…)」という字幕に続いて“STAR WARS”のメインタイトルが浮かんで消え、星空に画面下から堂々と解説タイトルが進み出し、遥か彼方の暗黒に向かって遠ざかっていく。この、おなじみのオープニングで観客のボルテージは最高潮に達する。

 今回、改めてオーケストラの演奏による『スター・ウォーズ』のメインテーマ曲を聴いて、本作に影響を与えた黒澤明監督の『隠し砦の三悪人』(58)の、佐藤勝作曲の高揚感に満ちたマーチ風のテーマ曲と似ているのではないかと感じた。

 冒頭は、しばらく音楽が鳴りっ放しだ。かつてその黒澤監督が、本作の監督であるジョージ・ルーカスや、スティーブン・スピルバーグに「君たちの映画は音楽を使い過ぎだよ」と注意した、というエピソードを思い出したが、もちろん、この後、無音楽になるところもあり、ちゃんとシーンに合わせて、緩急を付けて音楽を配置していることが確認できた。

 そもそも映画のサウンドトラックは、映画用に整音された音楽。従って、このコンサートも、最初はオーケストラの大音量が浮いている気がしたのだが、慣れてくると、一転して快感に変わる。そして、世が世なら、ジョン・ウィリアムズはクラシック音楽の大作曲家になっていただろうと確信させられるのだ。

 また、少々、マニアックな視点で言えば、砂漠に住むサンド・ピープルの登場シーンのバックミュージックは、砂漠を舞台にした『アラビアのロレンス』(62)のモーリス・ジャール作曲の音楽をほうふつとさせる。そして、それが流れた直後に、同作にも出演していたオビ・ワン役のアレック・ギネスが現れる面白さもある。そんなことを今回発見した。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「東京オリンピックの聖火リレー最終ランナーという重要な役。プレッシャーを感じています」井之脇海(坂井義則)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年12月8日

 いよいよ大詰めを迎えた「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。次回、最終回でついに田畑政治(阿部サダヲ)らの悲願であった1964年東京オリンピックが開幕する。その開会式の見せ場となる聖火リレー最終走者に抜てきされたのは、広島に原爆が … 続きを読む

【インタビュー】「本気のしるし」土村芳「オーディションに受かったときは驚きました」深田晃司監督「男をドキッとさせるようなせりふを、土村さんはナチュラルに言ってくれた」唯一無二のヒロイン誕生の舞台裏!

ドラマ2019年12月6日

 虚無的な日々を送る会社員の辻一路(森崎ウィン)はある日、葉山浮世という女性と出会う。だが浮世には、無意識のうちにうそやごまかしを繰り返し、男性を翻弄(ほんろう)する一面があった。そんな浮世にいら立ちながらも、なぜか放っておけない辻は、次第 … 続きを読む

【2.5次元】松岡充「華やかで優しくて男らしいステージをお届けしたい」 舞台「私のホストちゃん THE LAST LIVE」~最後まで愛をナメんなよ!~ インタビュー

舞台・ミュージカル2019年12月6日

 人気モバイルゲームからドラマ化、そして2013年には舞台化された「私のホストちゃん」。ホストのきらびやかで厳しい世界を、歌やダンス、実際に観客を口説くシーンなど、臨場感あふれる演出で描き、大きな話題を呼んだ作品だ。以降、シリーズ化され、こ … 続きを読む

【映画コラム】1980年代の車とヒット曲が彩る『ジョン・デロリアン』と『ラスト・クリスマス』

映画2019年12月3日

 1980年代の車とヒット曲が彩る2作が、今週末に相次いで公開される。まずは7日公開の『ジョン・デロリアン』から。  『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85)でタイムマシンに改造されて登場し、世界的に有名になったデロリアン。この伝説的な車 … 続きを読む

【インタビュー】映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ジェイコブ・バタロン「ネッドを演じる上で大切にしていることは、ピーターとの関係を一番に思っているというところ」 

映画2019年12月3日

 『アベンジャーズ』シリーズのサノスとの最終決戦から8カ月後の世界を描いた『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』。本作でトム・ホランド演じるピーター・パーカーの同級生で、親友のネッドを演じているジェイコブ・バタロンに、世界中で人気のある … 続きを読む

page top