【記者リポート】矢島晶子「クレヨンしんちゃん」降板を発表 その魅力は“ユーモア”と“優しさ”にあり!

2018年6月1日 / 18:48

 テレビ朝日系列で放送中のアニメ「クレヨンしんちゃん」に、野原しんのすけ役で出演中の声優・矢島晶子が6月29日の放送を最後に降板することを、1日、テレビ朝日が発表した。矢島本人から降板の申し出があったという。矢島の出演は、1992年4月13日の番組放送開始から26年3カ月となる。矢島は同局を通じ、「しんのすけの声を保ち続けることが難しくなったため」と降板理由を説明した。

しんのすけ(左)と矢島晶子

 4月には、劇場版アニメシリーズ26作目となる『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』が公開されたばかり。同月14日に都内で行われた公開記念舞台あいさつは、「しんちゃん」として愛され続けてきた矢島の人柄が、記者にとっても強く印象に残るものとなった。

 この日、矢島は、野原みさえ役のならはしみき、野原ひろし役の森川智之、ゲスト声優を務めたももいろクローバーZらと登場。一緒に登壇した着ぐるみの「しんちゃん」におなじみの声を当て、「みさえ」や「ひろし」と息ぴったりの寸劇を披露して、場内を盛り上げた。

 ところが、この日の来場者は主に親子連れ。「しんちゃん」と「矢島」の姿が頭の中で結びつかずキョトンとした表情の子どもを前にして、矢島は「誰、誰…!?となっているよね。顔と声が違うと気持ち悪いよね」と苦笑しながら謝罪。

 続けて「こんにちは、物まねおばさんだよ。これで食っているよ」とユーモアたっぷりにあいさつして、笑いを誘った。その後“地声”に戻した矢島は「おかげさまで映画が26作目。テレビアニメも27年目。こんなに長く愛していただけたのも、応援してくださる皆さまのおかげです」と感謝を述べた。

 「しんちゃん」と一体となった矢島は、ももクロメンバーとの絶妙な絡みも披露。終始、会場を沸かせた矢島だったが、最後のあいさつでは、「ちょっと私事なのですが、みさえの故郷の熊本ですが…熊本地震から今日で2年たちました」と切り出した。

 熊本に知り合いがいるという矢島。「この会場から(銀座にある)熊本のアンテナショップさんが近いらしいので、もしお時間がありましたら寄ってみてください。あと、お土産で頂く(郷土料理の)からしれんこんもおいしいですけど、あれは当地で食べたほうが“めっちゃ、うまいのね!”。なのでぜひ、熊本に行ってみてください!」と、しんのすけの声を織り交ぜながらアピールした。

 最後は「『明るいごあいさつを…』とスタッフの方に言われていたのですが、真面目なごあいさつですみません」と頭を下げながら、「最近ちょっと地震とかが多いので、皆さんもお気をつけくださいね」と観客を気遣った。

 1日に発表された矢島のコメントには、ファンへの感謝と共に、今後も声の仕事に邁進していく旨が記されており「また別の機会に他のキャラクターでの私の演技を受け取って頂けましたら幸いです」と結ばれている。これからも矢島はその声と人柄で、人々を魅了し続けてくれることだろう。(山中京子)

 


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「第38回の台本を読んだときは、つらくて泣いてしまいました」柏木由紀(西郷園)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年10月14日

 新政府軍と旧幕府勢力が激突した戊辰戦争。その戦いは、西郷吉之助(鈴木亮平)の故郷・薩摩で暮らす女性たちとも無縁ではない。その1人が、西郷家の次男・吉二郎(渡部豪太)の妻・園だ。戊辰戦争で命を落とした吉二郎の遺志を継ぎ、西郷家を支えていくこ … 続きを読む

「自分のやるべきことを全うしたという気持ちです」渡部豪太(西郷吉二郎)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年10月14日

 若い頃から藩のため、国のために各地を奔走してきた西郷吉之助(鈴木亮平)に代わり、薩摩の西郷家を守り続けてきたのが、次男の吉二郎だ。吉之助にとっては大切な弟であったが、「一生に一度、侍らしく戦場を駆け回りたい」という願いと共に従軍した戊辰戦 … 続きを読む

【2.5次元リポート】加州清光が魅せる情熱的な“出陣”「ミュージカル『刀剣乱舞』加州清光 単騎出陣2018」

アイドル2018年10月14日

 名だたる刀剣が戦士の姿となった“刀剣男士”を収集・育成する大人気PCブラウザ・スマホアプリゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」を原案としたミュージカル『刀剣乱舞』。同作に登場する刀剣男士のうちの一振りである加州清光による2度目のソロライブ、 … 続きを読む

【映画コラム】ファンタジーの力を借りて、子どもたちの心の成長を描いた『バーバラと心の巨人』と『ルイスと不思議の時計』

映画2018年10月12日

 ファンタジーの力を借りて、子どもたちの心の成長を描いた2作が相次いで公開された。まずは、一人の風変わりな少女が主人公の『バーバラと心の巨人』から。  世界を滅ぼすという伝説の巨人の来襲を信じる少女バーバラ(マディソン・ウルフ)は、奇異な言 … 続きを読む

【インタビュー】『止められるか、俺たちを』門脇麦「これこそ“キラキラ映画”」白石和彌監督「当時の若松さんたちの情熱を焼きつけたかった」

映画2018年10月12日

 1960年代後半から70年代にかけてエッジの利いた作品を次々と送り出し、若者たちの絶大な支持を集めた若松プロダクション。鬼才・若松孝二を中心に、そこに集った若い映画人たちの型破りで熱い生きざまを描いた鮮烈な青春群像劇『止められるか、俺たち … 続きを読む

page top