【記者リポート】矢島晶子「クレヨンしんちゃん」降板を発表 その魅力は“ユーモア”と“優しさ”にあり!

2018年6月1日 / 18:48

 テレビ朝日系列で放送中のアニメ「クレヨンしんちゃん」に、野原しんのすけ役で出演中の声優・矢島晶子が6月29日の放送を最後に降板することを、1日、テレビ朝日が発表した。矢島本人から降板の申し出があったという。矢島の出演は、1992年4月13日の番組放送開始から26年3カ月となる。矢島は同局を通じ、「しんのすけの声を保ち続けることが難しくなったため」と降板理由を説明した。

しんのすけ(左)と矢島晶子

 4月には、劇場版アニメシリーズ26作目となる『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』が公開されたばかり。同月14日に都内で行われた公開記念舞台あいさつは、「しんちゃん」として愛され続けてきた矢島の人柄が、記者にとっても強く印象に残るものとなった。

 この日、矢島は、野原みさえ役のならはしみき、野原ひろし役の森川智之、ゲスト声優を務めたももいろクローバーZらと登場。一緒に登壇した着ぐるみの「しんちゃん」におなじみの声を当て、「みさえ」や「ひろし」と息ぴったりの寸劇を披露して、場内を盛り上げた。

 ところが、この日の来場者は主に親子連れ。「しんちゃん」と「矢島」の姿が頭の中で結びつかずキョトンとした表情の子どもを前にして、矢島は「誰、誰…!?となっているよね。顔と声が違うと気持ち悪いよね」と苦笑しながら謝罪。

 続けて「こんにちは、物まねおばさんだよ。これで食っているよ」とユーモアたっぷりにあいさつして、笑いを誘った。その後“地声”に戻した矢島は「おかげさまで映画が26作目。テレビアニメも27年目。こんなに長く愛していただけたのも、応援してくださる皆さまのおかげです」と感謝を述べた。

 「しんちゃん」と一体となった矢島は、ももクロメンバーとの絶妙な絡みも披露。終始、会場を沸かせた矢島だったが、最後のあいさつでは、「ちょっと私事なのですが、みさえの故郷の熊本ですが…熊本地震から今日で2年たちました」と切り出した。

 熊本に知り合いがいるという矢島。「この会場から(銀座にある)熊本のアンテナショップさんが近いらしいので、もしお時間がありましたら寄ってみてください。あと、お土産で頂く(郷土料理の)からしれんこんもおいしいですけど、あれは当地で食べたほうが“めっちゃ、うまいのね!”。なのでぜひ、熊本に行ってみてください!」と、しんのすけの声を織り交ぜながらアピールした。

 最後は「『明るいごあいさつを…』とスタッフの方に言われていたのですが、真面目なごあいさつですみません」と頭を下げながら、「最近ちょっと地震とかが多いので、皆さんもお気をつけくださいね」と観客を気遣った。

 1日に発表された矢島のコメントには、ファンへの感謝と共に、今後も声の仕事に邁進していく旨が記されており「また別の機会に他のキャラクターでの私の演技を受け取って頂けましたら幸いです」と結ばれている。これからも矢島はその声と人柄で、人々を魅了し続けてくれることだろう。(山中京子)

 


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アンダードッグ』森山未來、勝地涼「この映画が、皆さんの背中を押せるようなものになればいいと思います」

映画2020年11月20日

 多数の映画賞を受賞した『百円の恋』(14)から6年。監督・武正晴、脚本・足立紳らのスタッフが、再びボクシングを題材に、不屈のルーザー=負け犬たちに捧げた映画『アンダードッグ』が、11月27日から公開される。本作で、主人公の崖っぷちボクサー … 続きを読む

【インタビュー】舞台「ROAD59-新時代任侠特区-」砂川脩弥「普通の極道と新時代の任侠の違いを見せられたら」 井上正大「メディアミックスの展開を見すえた役作りをしていきたい」

舞台・ミュージカル2020年11月20日

 12月24日から舞台「ROAD59-新時代任侠特区-」が上演される。本作は、「BanG Dream!(バンドリ!)」、「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」、「D4DJ」 に続く、ブシロードの新たなメディアミックス・プロジェクトの第1弾。新 … 続きを読む

【インタビュー】『泣く子はいねぇが』仲野太賀「等身大の自分を余すことなく表現できると思った」吉岡里帆「プレッシャーで、頭がはち切れそうでした(笑)」同い年の2人が真正面から向き合った撮影の舞台裏

映画2020年11月19日

 仲野太賀と吉岡里帆。人気と実力を兼ね備えた同い年の2人が、真正面から芝居で向き合った映画が公開される。大人になり切れない青年の成長を温かなまなざしで見詰めた『泣く子はいねぇが』(11月20日(金)公開)だ。舞台は秋田県の男鹿半島。娘が生ま … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top