【2.5次元リポート】LM「SHOW BY ROCK!!」、熱量の高い稽古場に潜入! 新バンド「フカシギミック」のライブシーンも初お披露目

2018年8月28日 / 17:00

 バンドをテーマにした、サンリオのキャラクタープロジェクト「SHOW BY ROCK!!」の舞台版最新作、Live Musical「SHOW BY ROCK!!」-狂騒のBloodyLabyrinth-。8月30日からの公演を直前に控えた8月某日、キャストたちが集結し、熱い稽古を繰り広げる稽古場を取材した。

稽古場取材の様子

 本作は、音楽都市「MIDI CITY」でトップスターを目指す若者たちがバンドを結成し、成長していく姿を描いたミュージカル。

 弱小音楽事務所BRRに所属する中二病全開V系ロックバンド「シンガンクリムゾンズ」のフロントマン・クロウは、音楽の夢を追いかけ続けることに焦りを感じていた。そんな中、「シンガンクリムゾンズ」は、ランキングナンバーワンの夢銀河☆アイドルバンド「トライクロニカ」や、超お金持ちの新人NAMAIKIバンド「アルカレアファクト」が所属する超大手レーベル主催のライブに出演することが決定し、バンドとして大きな一歩を踏み出す機会に恵まれる。しかし、BRR社長・有栖川メイプルの隠しごとから、バンドはおかしな方向に向かっていき…。

 この日の稽古では、「シンガンクリムゾンズ」のメンバーが「フカシギミック」のマロと対面したことから、大きな局面を迎えるシーンと、「フカシギミック」の3人の熱い思いが明かされるシーンが公開された。

 「シンガンクリムゾンズ」のシーンでは、クロウ(米原幸佑)とヤイバ(鳥越裕貴)、アイオーン(輝馬)、そしてロム(郷本直也)によるBRR事務所での一幕が演じられた。4人は、コミカルな動きでせりふをテンポよく重ねていく。この4人のキャストでの「シンガンクリムゾンズ」はフェスも合わせると今回で3回目。稽古の合間に互いに言葉を交わしながら、その場で細かな動きを調整していく姿からもチームワークの良さが感じられた。

 その後、マロ(健人)が会話に加わり、場の空気が一変。「シンガンクリムゾンズ」のメンバーたちの思いが交錯していく。ステージ中央でロムとマロが意気投合する場面では、2人の後ろに控えるクロウ、ヤイバ、アイオーンの姿が印象的だった。ロムとマロの会話を聞きながらも、お茶をしている3人は、それぞれのキャラを踏襲しつつも、アドリブで自由に動いている様子が見受けられる。面白いのは、毎度、その動きもやりとりも違うこと。さすが、である。

 本サイトで米原と郷本へのインタビューを行った際、郷本は、シンガンクリムゾンズの4人の関係性について、「なにも打ち合わせをしていないのに、ふざけることに全力で楽しむ子どもたち」だと話していた。米原も「アドリブは毎回、やることが変わる。誰か一人が変えたら、それにみんなが乗っかっていく」と語っていたが、まさにその言葉通りの光景だった。こういった細かなアドリブは、本番の公演でも毎度、変わっていくことだろう。そんな変化を楽しめるのも本作の醍醐味(だいごみ)だ。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「東京オリンピックの聖火リレー最終ランナーという重要な役。プレッシャーを感じています」井之脇海(坂井義則)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年12月8日

 いよいよ大詰めを迎えた「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。次回、最終回でついに田畑政治(阿部サダヲ)らの悲願であった1964年東京オリンピックが開幕する。その開会式の見せ場となる聖火リレー最終走者に抜てきされたのは、広島に原爆が … 続きを読む

【インタビュー】「本気のしるし」土村芳「オーディションに受かったときは驚きました」深田晃司監督「男をドキッとさせるようなせりふを、土村さんはナチュラルに言ってくれた」唯一無二のヒロイン誕生の舞台裏!

ドラマ2019年12月6日

 虚無的な日々を送る会社員の辻一路(森崎ウィン)はある日、葉山浮世という女性と出会う。だが浮世には、無意識のうちにうそやごまかしを繰り返し、男性を翻弄(ほんろう)する一面があった。そんな浮世にいら立ちながらも、なぜか放っておけない辻は、次第 … 続きを読む

【2.5次元】松岡充「華やかで優しくて男らしいステージをお届けしたい」 舞台「私のホストちゃん THE LAST LIVE」~最後まで愛をナメんなよ!~ インタビュー

舞台・ミュージカル2019年12月6日

 人気モバイルゲームからドラマ化、そして2013年には舞台化された「私のホストちゃん」。ホストのきらびやかで厳しい世界を、歌やダンス、実際に観客を口説くシーンなど、臨場感あふれる演出で描き、大きな話題を呼んだ作品だ。以降、シリーズ化され、こ … 続きを読む

【映画コラム】1980年代の車とヒット曲が彩る『ジョン・デロリアン』と『ラスト・クリスマス』

映画2019年12月3日

 1980年代の車とヒット曲が彩る2作が、今週末に相次いで公開される。まずは7日公開の『ジョン・デロリアン』から。  『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85)でタイムマシンに改造されて登場し、世界的に有名になったデロリアン。この伝説的な車 … 続きを読む

【インタビュー】映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ジェイコブ・バタロン「ネッドを演じる上で大切にしていることは、ピーターとの関係を一番に思っているというところ」 

映画2019年12月3日

 『アベンジャーズ』シリーズのサノスとの最終決戦から8カ月後の世界を描いた『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』。本作でトム・ホランド演じるピーター・パーカーの同級生で、親友のネッドを演じているジェイコブ・バタロンに、世界中で人気のある … 続きを読む

page top