【軍師官兵衛インタビュー】田中圭 「三成が秀吉をコントロールしているつもりで演じている」豊臣政権を支えた石田三成役

2014年8月22日 / 17:20

 NHKで放送中の大河ドラマ「軍師官兵衛」で、豊臣秀吉(竹中直人)の右腕として政権を支え、やがて黒田官兵衛(岡田准一)やその長男長政(松坂桃李)とも対立する石田三成を演じている田中圭。

  後方支援や領国の管理などの行政実務に抜群の才能を発揮した三成は、豊臣政権内での地位を強固なものにしたが、秀吉の死後、徳川家康(寺尾聰)の台頭に有効な手が打てず、関ヶ原の戦いへと追い込まれていく。近年舞台での活躍も目立ち、演技力への評価が高まっている田中が、悲運の武将の奮闘を語る。

 

石田三成役の田中圭

-石田三成にはどんなイメージを持っていましたか。

  五奉行で秀吉の側近といった知識でした。三成公のお墓参りをする機会があったときに「あなたの役をやることになりました」と報告し、「三成の世の中のイメージを、僕が変えます」と約束したんです。自分なりの三成を表現するために、始めは好青年に演じようと思っていたのですが、後半になるにつれてかなり悪いんです。だから三成を“いいやつ”として演じることは、いつか三成が大河ドラマの主役になったときの演じる方にお任せします。官兵衛とどう敵対して、どう嫌われるのか。そういう三成を演じた方がきっと面白い。撮影を終えてもう一度お墓参りに行くときは、あらためて今回の三成について報告したいと思います。

-“悪い感じ”を出す演技は難しいですか。

  必死です。自分で言うのも何ですけど、あまり顔が悪く(見え)ないので。でも、あまり悪くしようとし過ぎると自分が思っている感覚と懸け離れていってしまうので、なるべく自然に、でも軽くなり過ぎないようにしたいと思います。

-官兵衛と三成、対立する二人の関係をどう演じていきますか。

  三成は武将というよりも軍師寄り(の立ち位置)で、官兵衛と三成にも互いに尊敬する気持ちや絆もあると思います。だから敵対するというよりも、一方的に官兵衛に嫌われようと思っています。織田信長に謀反を起こした荒木村重役の田中哲司さんが官兵衛を幽閉したときに「世間の目が痛かった」とおっしゃってました。なので、僕もそうなるのかなあ…とすごく楽しみです(笑)。

-二人の間には秀吉がいて、男の嫉妬心というのが背景にあると思うんですが。

 三成にはありますね。官兵衛が隠居するって言い出したときも、三成は「いいじゃないですか。本人が隠居すると言っているんですから」というようなことを秀吉に言います。すると秀吉から「わしと官兵衛のことにはもう口出しをするな」と言われて、どうしても官兵衛を超えられないと感じてしまう。そういう嫉妬心があるんでしょうね。

-三成の正義は「豊臣政権を守る」というところにあるのでしょうか。

 どうでしょうか。僕はむしろ三成が秀吉をコントロールしているつもりで演じています。千利休の切腹も官兵衛の隠居も全部秀吉にそうさせるように三成が仕向けている、という捉え方でやっています。利休に「石田さまはなんのために戦っていらっしゃるのですか」と聞かれて「むろんそれは豊臣家のため」と言うシーンがありますが、果たして本心なのかなと思いました。三成は智恵が回るというよりもなにか妄想を抱いている感じがします。もちろん秀吉への忠義の気持ちはありますが、今回の大河ドラマ「軍師官兵衛」はその秀吉をもコントロールできてしまうという描き方の方が面白いと思っています。

-岡田准一さんの俳優としてのすごさはどういうところにあると思いますか。

  全く気後れしていないところです。ご本人は上からものを言う人ではないのですが、いったん官兵衛になると、官兵衛であることに全くぶれない。なんか、男としてほれちゃいます。

-寺尾聰さんの家康もいよいよ表舞台に出てきました。

 「こうなったら(西軍が)関ヶ原で勝っちゃいましょう」という気概はあります。結構本心で。回を重ねるごとに家康と対立できるような存在に三成を変えていきたい。「もしかしたら勝ってしまうのでは」という思いを自分では持っていたいです。でもたぶん勝たせてはくれないですね(笑)。


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】ライブ・ビューイングが作り出す新たなマーケット「観客が『どう見るか』を決め、選ぶ」時代に ライブ・ビューイング・ジャパン・小谷浩樹代表取締役インタビュー

舞台・ミュージカル2019年1月22日

 ジャパン・カルチャーの一つとして、年間223万人の観客動員を記録する「2.5次元ミュージカル」(以下、2.5D)。その上演作品数や動員数の伸びに比例するかのように、ライブ・ビューイングでの上映数も右肩上がりに増えている。そもそも、ライブ・ … 続きを読む

【インタビュー】『未来のミライ』齋藤優一郎プロデューサー「これほど巨大なテーマにたどり着いた作品は今までなかった」

映画2019年1月22日

 大ヒット映画『おおかみこどもの雨と雪』(12)、『バケモノの子』(15)の細田守監督の最新作『未来のミライ』のDVD/Blu-rayが1月23日にリリースされる。都会の片隅の小さな家を舞台に、4歳の男の子・くんちゃん(声:上白石萌歌)が巡 … 続きを読む

「真っすぐな夫婦を、勘九郎さんと一緒に面白く、温かく演じられたら」綾瀬はるか(春野スヤ)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年1月20日

 東京高等師範学校に入学し、ついにマラソンとの出会いを果たした金栗四三(中村勘九郎)。やがて日本初のオリンピック選手となる四三だが、そのマラソン人生を支えるのが、故郷・熊本の幼なじみで、後に妻となる春野スヤだ。演じているのは、主演作「八重の … 続きを読む

「宮藤官九郎さんの脚本が面白いので、新しい大河ドラマのファンが増えるのでは」役所広司(嘉納治五郎)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年1月18日

 いよいよ本格的に始動した大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。主人公・金栗四三(中村勘九郎)をやがて日本人初のオリンピック出場へと導く人物が、講道館柔道の創始者として知られ、アジア初のIOC委員も務めた「日本スポーツの父 … 続きを読む

【2.5次元】『映画刀剣乱舞』、鈴木拡樹&荒牧慶彦が語る「刀剣男士」への思い 「ゼロから一緒に成長してきた親子のような感覚」

映画2019年1月18日

 名立たる刀剣が戦士へと姿を変えた“刀剣男士”を率い、歴史を守るために戦う刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞−ONLINE−」が、ついに実写映画化された。刀剣男士のキャストには、鈴木拡樹や荒牧慶彦、北村諒、和田雅成ら、舞台「刀剣乱舞」 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top